効率的に中途採用を獲得できる時期を調べてみました

記事更新日:2018年10月18日 初回公開日:2018年04月23日

人事・労務お役立ち情報
中途採用は年間を通して行なっている、という企業は多いと思います。しかし、一年の中で中途採用を効率的になりそうな時期があることをご存知でしょうか。今回は、中途採用で人材を獲得しやすい時期や採用活動における目的や基準の重要性をお伝えします。

就労ビザ取得のためのチェックリストをダウンロードする

中途採用の求人者(求職者)はいつが多い?

貴社では、どんなときに中途採用が必要になりますか?
また、貴社で中途採用の必要性が発生するのは何月ごろが多いですか?
ぜひ、分析されることをおすすめします。求職者側も採用されやすい時期、転職しやすい時期をリサーチしながら活動しています。

年に一回か二回のボーナスが支給されたあとに退職する人が多いです。ですから、一般的なボーナス月の翌月となる、1月や7月は退職者が増える傾向があります。ブランクを避けるために、遅くても2月、8月を転職先の入社時期にしたいと考える人は多いです。したがって、転職活動(求人検索)は、夏は5月、冬は11月頃からの開始でしょうか。

また、4月入社で働き始めたばかりの新卒社員については、ゴールデンウイークという連休がいろいろな心理の引き金となり5月頃から転職活動を始めるケースも少なくないようです。

適正検査を採用前に行う

中途採用に向けた採用活動の際に、たくさんの応募があることは喜ばしいことですよね。しかし、応募が多ければ多いほど、選考の工数は増えることが懸念されるため、充実した選考のための備えが必要です。

選考過程に適性検査を取り入れることで、書類選考では測りにくい人材の適性や特徴が把握できます。採用する人材と、自社の採用基準とのマッチ度を高めることができるでしょう。

一人ひとりの候補者に時間をかけることになる面接は、この適性検査まで行ったあとがいいでしょう。面接前の適性検査の結果により、面接での質問内容を深く充実させ、選考判断に有効な情報収集につなげることも可能です。

適性検査を含めて自社の採用基準と照らし合わせ、満たした人材のみを面接に進めるのです。これにより、適切で精度の高い絞り込みが可能となり、最終選考も効率的に進められるはずです。

採用目的を明確にする

中途採用をするにあたって、最初に必ず、その中途採用を行なう目的を明確にしておきましょう。
なぜ、そのポジションが必要なのか。
なぜ、中途採用がいいのか。

目的が明確になっていないと、人材を選考するための採用基準もあいまいになります。まったく現場のニーズに合わない人材の採用につながるような採用基準を設定する可能性も出てきます。言い方を変えると、明確な目的がなければ、正しい選考基準を見出すことができないのです。

採用基準の項目としては、必要なスキル、ポテンシャル、職務経験などがあります。具体的、かつ詳細に基準を設定し、選考の際に誰もが客観的に判断できるような内容にすることが大切です。

入社後の仕事内容とポジションも明確にしておきます。

これらのことは、新入社員を必要としている現場の上司や社員の意見をくみ取ることが重要です。そして、求人広告を出す際に提示し、選考の面接などでも説明できるように準備しておきます。

この点で、企業側と求職者の認識にズレがあると問題が起きます。企業は、求めることをできない人材を入社させてしまうことになりますし、求職者側は、自分の意図しない仕事に従事することになります。

そもそも入社前の認識と違っていれば、その新人は、不信感を抱いて離職する可能性もあります。このことを求職者の認識不足だと責任を押し付けては、採用リスクは回避できません。

採用では、選考の中で多くの候補者を「採用しない」と決めながら進めています。絞り込みは、切り捨てていく業務です。その切り捨てを最後の1人まで行ったあと、入社後に「こんなはずではなかった」となることほど痛い結果はありません。

まずは、目的を明確にして、その目的に沿う明確な採用基準を設定しましょう。

【無料】就労ビザ取得のためのチェックリストがダウンロードできます!

事例

「日本語+英語+さらに語学が堪能な社員の採用」「海外の展示会でプレゼンが出来る人材」「海外向けサービスのローカライズ出来る人材」「海外向けWebサイト構築・集客」など、日本語も堪能で優秀な人材へのお問い合わせが当社に相次いでいます。

他社の外国人採用成功事例はこちらからご覧ください。

【無料】就労ビザ取得のためのチェックリストがダウンロードできます!

就労ビザ取得のためのチェックリストダウンロードバナー

グローバル採用ナビ編集部では外国人の採用や今後雇い入れをご検討されている皆様にとって便利な「就労ビザ取得のためのチェックリスト」をご用意いたしました。また、在留資格認定申請書のファイル(EXCEL形式)もこちらよりダウンロード可能です。

こちらのチェックリストはこのような方におススメです!


  • 外国人採用を考えているがビザの申請が心配。
  • 高卒の外国人は就労ビザの申請できるの?
  • どのような外国人を採用すれば就労ビザが下りるの?
  • ビザ申請のために何を気を付ければいいの?
  • 過去に外国人のビザ申請をしたが不受理になってしまった…
  • 外国人材を活用して企業の業績アップを図りたい方。
  • 一目で分かるこんな就労ビザ取得のチェックリストが欲しかった!

  • 他社での事例やビザ申請の際に不受理にならないようにまずは押さえておきたい就労ビザ取得のためのポイントを5つにまとめた解説付きの資料です。

    就労ビザ取得のためのチェックリスト(無料)のダウンロードはこちらから!

    新型コロナウィルスの影響による外国人採用に関するアンケート

    アンケートにご回答いただいた方の中から100名様にamazonギフト500円分プレゼント中

    アンケートご回答の対象は日本国内の法人にお勤めの方(外資系の方も可)で採用に携わる業務を行っている方にお伺いいたします。このアンケートの結果は集計の後、グローバル採用ナビのコンテンツ、プレスリリースに利用させていただきます。会社名、お名前は公開いたしません。

    ページトップへ戻る
    ダウンロードはこちら
    ダウンロードはこちら