共感採用を成功させるポイントとは【メリットやデメリットを交えてお伝えします】

記事更新日:2022年09月22日 初回公開日:2022年09月22日

用語集 グローバル用語解説 採用・求人のトレンド 人事・労務お役立ち情報
働くことに対する価値観が多様化している近年においては、企業の採用活動のあり方にも変化が生じています。従来の採用活動とは少し異なる、共感採用という手法が注目されるようになりました。共感採用は企業理念に対して共感してくれる人材を採用する手法であり、採用後のミスマッチの低下などさまざまなメリットがあります。この記事では共感採用を実施する際に注意すべきポイントなどについて、企業の事例とあわせて解説します。企業の人事担当の方は、ぜひ最後までご一読ください。

就労ビザ取得のためのチェックリストをダウンロードする

共感採用とは

企業理念に共感を求める採用手法のこと

共感採用とは、企業理念に共感を求める採用手法のことです。従来の採用活動においては、おもに給与や福利厚生といった条件を提示することで求職者を募るのが一般的とされていました。それに対して共感採用は、企業の文化や掲げているビジョンに対して共感してくれる求職者を募集する手法です。新入社員が早期退職してしまうおもな原因として、社風やビジョンとマッチしなかったということが挙げられます。共感採用では、入社前には伝わりづらいそのような部分にフォーカスしながら採用活動を行います。

共感採用が注目されている背景

価値観が変化している

共感採用が注目されている背景には、働くことへの価値観が変化していることが考えられます。大手企業に就職すれば安心とされていたこれまでとは違い、求職者は企業がどのような価値を提供しているのかという点をより重視するようになりました。企業を選ぶ際の基準は給与などの待遇面だけではなく、自身のやりがいにつながるかという点もポイントとなってきているのです。共感採用の導入に限らず、企業の採用活動にも変化が求められているといえるでしょう。

求職者が求める働き方が変化している

求職者が求める働き方が変化しているということも、共感採用が注目されている理由として挙げられます。大企業に就職して生涯そこで働くという考え方をする人は、ほとんどいなくなりました。さらに新型感染症などの影響により、オフィスに出社せずに業務に取り組む体制も注目されています。働き方や仕事に対する考え方が求職者たちの中で大きく変化している中で、企業を選ぶ際のポイントが変化するのは当然と言えるでしょう。求職者たちが企業に対して求めていることを、いち早く察知して採用活動に活かす必要があります。

共感採用とリファラル採用の違い

アプローチするのが企業か友人かの違い

共感採用では企業から人材にアプローチするのに対して、リファラル採用では友人などを通じてアプローチを行います。リファラル採用は既存社員の知り合いや友人を採用するので、一般的な中途採用などと比べると人間関係でのトラブルが生じにくいと考えられます。信頼関係の元で成り立つ採用手法ではありますが、企業のビジョンへの強い共感が決め手となる場合は少ないでしょう。求めている人材に応じて、共感採用とリファラル採用をうまく使い分ける必要があります。

共感採用のメリット

採用のミスマッチを防げる

共感採用を実施することによるメリットとして、採用のミスマッチを防げるということが挙げられます。従来の採用活動に比べて、共感採用ではよりリアルな企業の情報が開示されます。企業の方針や職場の雰囲気などに共感を得てくれた人材が集まるので、必然的にミスマッチは生じにくくなるでしょう。一方で、企業に関する情報は従来よりもさらに具体的に言語化する必要があるため、共感を得られるようにわかりやすく説明することを意識しておきましょう。

モチベーションが高い人材を採用できる

モチベーションが高い人材を採用できるということも、共感採用によるメリットといえるでしょう。待遇面だけではなく企業の理念に共感してくれた人材が集まるため、一般的な採用活動よりも意欲の高い人材を採用することができます。社員のマネジメントにおいてモチベーション管理は非常に重要でありながら、難しい課題とされています。共感採用によってモチベーションの高い人材を獲得することができれば、より高い生産性を実現できるでしょう。

会社の魅力を伝えられる

共感採用を実施することによって、会社の魅力をさらに詳しく伝えることができます。一般的な採用活動において公開する情報は、待遇や職務内容など表面的なものになります。一方で共感採用においてはより内面的な部分まで求職者に伝えることになるので、企業の魅力をアピールしやすくなるでしょう。入社後にミスマッチが生じるのを防ぐためにも、企業の雰囲気や掲げているビジョンについてなるべくわかりやすく発信することを意識しましょう。

離職率を下げられる

共感採用を効果的に実施することによって、社員の離職率を下げられるという効果も期待できます。先述の通り、共感採用においては企業のビジョンや理念に共感してくれた人材が集まります。したがって、入社後にギャップを感じて早期退職してしまうというケースは少なくなるでしょう。さらに意欲の高い人材を採用できるということから、やりがいを感じることができなくなったことが原因で退職するという事態も防ぐことができるでしょう。

共感採用のデメリット

採用するまでに時間がかかる

採用するまでに時間がかかるということは、共感採用におけるデメリットといえるでしょう。一般的な採用活動においては、おもに給与や労働時間などの条件が応募者の基準を満たしていれば一定の母数を形成することが可能です。一方で共感採用においては企業の内部についてさらに詳しい情報を応募者に与えることになるため、そこで辞退されてしまう可能性も高くなります。その結果として応募者全体の数が減ることが予想されるので、共感採用によって短期間で人材を確保することは難しいでしょう。

採用できる人材が限られてくる

共感採用においては、採用できる人材が限られてしまう可能性があります。先述の通り一般的な採用活動と比べると求職者へ発信される情報は多く、具体的なものになります。情報量が多いほど、それらの全てに共感を得ることは難しくなるでしょう。その結果として、共感採用によって多くの人材を一度に採用することは難しくなります。採用できる人材の数が限られるからこそ、企業のビジョンにより強く共感してくれる人材を獲得していきましょう。

多様性が薄れる可能性がある

多様性が薄れてしまう可能性があるということも、共感採用を実施する際には注意すべきでしょう。企業理念への共感を基準として採用を行うことになりますので、自然と同じような思考を持った人材が集まることになります。ビジョンに賛同する人材が集められる一方で、多様な意見が出づらくなってしまう恐れがあるでしょう。共感採用と他の採用手法をうまく組み合わせることによって、企業としての多様性を損なわないように注意しましょう。

共感採用を成功させる方法

社員に自社の魅力を調査する

共感採用を成功させるためには、現場社員に対して自社の魅力を調査する必要があります。上層部の社員のみで企業の魅力について議論してしまうと、現場の雰囲気との間にギャップが生じてしまう可能性があります。現場社員に自社の魅力を直接ヒアリングすることによって、より細かい部分まで企業の魅力を把握することができるでしょう。社員に積極的に協力してもらうために、面談やアンケート調査などのの手法を試してみるといいでしょう。

自社の魅力を詳細に言語化する

自社の魅力に関する調査を行ったら、次はそれらを詳細に言語化してみましょう。共感採用においては自社の内部に関する情報をより詳しく理解してもらうために、従来よりもさらに分かりやすく言語化する必要があります。社内の人間には当たり前のことでも、外部に発信する際にはより具体的な表現を用いることを意識しましょう。企業の魅力を正しく理解して言語化することによって、社内の共通認識をより強められるという効果も見込めます。

スキルマッチの確認も同時に行う

共感採用においては企業文化と求職者の価値観とのマッチが重要視されがちですが、一般的な採用活動と同様にスキルマッチの確認も行いましょう。どれほど企業理念に対して共感してくれていても、求職者の持っているスキルについて正しく把握できていないと入社後にミスマッチが生じる可能性が高いです。スキルに関するミスマッチは生産性の低下にも繋がるので、企業文化へのマッチのみを重要視するあまりスキルマッチを疎かにしないように注意しましょう。

共感採用を行うツール

wantedly

wantedlyは、共感採用を行うためのツールとして活用されています。企業の魅力をより気軽に発信するためのwebページ作成や、返信率の高いスカウト機能などさまざまな機能があります。登録している応募者のプロフィールを確認することによって、自社のビジョンとマッチしている人材を効率よく検索することも可能です。さらに成果報酬がかからないため、運用にかかるコストを抑えられるという点も大きな魅力といえるでしょう。

共感採用に関するサービスを提供している企業

Branding Technology

BrandingTechnologyには、コンサルティングを行うことによって企業の共感採用を促進した事例があります。BrandingTechnologyは企業のサイト運用やSNS運用など、さまざまなコンサルティングサービスを実施しています。例えば採用サイトに社長や幹部のインタビュー記事を掲載したところ、それをきっかけに応募が増えたという事例があります。企業の上層部たちのビジョンをリアルに発信することが、共感採用の成功につながったといえるでしょう。

株式会社ブレーンセンター

株式会社ブレーンセンターも、共感採用という考え方に基づいた採用戦略を多くの企業に対して提案しています。採用計画の立案から母集団の形成、さらには内定者へのフォローにかけて、共感採用を成功させるためのプロセスを手厚くサポートしてくれます。先述の通り、共感採用において多くの母集団を形成することは簡単ではありませんが、こうしたサービスを活用することによって共感採用におけるデメリットを抑制することができるでしょう。

まとめ

共感採用で優秀な人材を採用しよう

共感採用のメリットや実施する際のポイントについて、お分かりいただけたでしょうか。採用後のミスマッチを減らせるということが、共感採用における最も大きなメリットです。しかし一方で、多くの人材を一度に獲得するのは難しいなどというデメリットもあります。共感採用を効果的に実施するために、まずは自社の魅力をしっかり把握した上で言語化を行いましょう。企業のビジョンに共感してくれる、優秀な人材を獲得していきましょう。

外国人・グローバル人材の採用をお考えの企業様へ

事例

「日本語+英語+さらに語学が堪能な社員の採用」「海外の展示会でプレゼンが出来る人材」「海外向けサービスのローカライズ出来る人材」「海外向けWebサイト構築・集客」など、日本語も堪能で優秀な人材へのお問い合わせが当社に相次いでいます。

他社の外国人採用成功事例はこちらからご覧ください。

【無料】就労ビザ取得のためのチェックリストがダウンロードできます!

就労ビザ取得のためのチェックリストダウンロードバナー

グローバル採用ナビ編集部では外国人の採用や今後雇い入れをご検討されている皆様にとって便利な「就労ビザ取得のためのチェックリスト」をご用意いたしました。また、在留資格認定申請書のファイル(EXCEL形式)もこちらよりダウンロード可能です。

こちらのチェックリストはこのような方におススメです!


  1. 外国人採用を考えているがビザの申請が心配。
  2. 高卒の外国人は就労ビザの申請できるの?
  3. どのような外国人を採用すれば就労ビザが下りるの?
  4. ビザ申請のために何を気を付ければいいの?
  5. 過去に外国人のビザ申請をしたが不受理になってしまった…
  6. 外国人材を活用して企業の業績アップを図りたい方。
  7. 一目で分かるこんな就労ビザ取得のチェックリストが欲しかった!


他社での事例やビザ申請の際に不受理にならないようにまずは押さえておきたい就労ビザ取得のためのポイントを5つにまとめた解説付きの資料です。

就労ビザ取得のためのチェックリスト(無料)のダウンロードはこちらから!

外国人・グローバル人材の採用をお考えの企業様へ

事例

「日本語+英語+さらに語学が堪能な社員の採用」「海外の展示会でプレゼンが出来る人材」「海外向けサービスのローカライズ出来る人材」「海外向けWebサイト構築・集客」など、日本語も堪能で優秀な人材へのお問い合わせが当社に相次いでいます。

他社の外国人採用成功事例はこちらからご覧ください。

【無料】就労ビザ取得のためのチェックリストがダウンロードできます!

就労ビザ取得のためのチェックリストダウンロードバナー

グローバル採用ナビ編集部では外国人の採用や今後雇い入れをご検討されている皆様にとって便利な「就労ビザ取得のためのチェックリスト」をご用意いたしました。また、在留資格認定申請書のファイル(EXCEL形式)もこちらよりダウンロード可能です。

こちらのチェックリストはこのような方におススメです!


  1. 外国人採用を考えているがビザの申請が心配。
  2. 高卒の外国人は就労ビザの申請できるの?
  3. どのような外国人を採用すれば就労ビザが下りるの?
  4. ビザ申請のために何を気を付ければいいの?
  5. 過去に外国人のビザ申請をしたが不受理になってしまった…
  6. 外国人材を活用して企業の業績アップを図りたい方。
  7. 一目で分かるこんな就労ビザ取得のチェックリストが欲しかった!


他社での事例やビザ申請の際に不受理にならないようにまずは押さえておきたい就労ビザ取得のためのポイントを5つにまとめた解説付きの資料です。

就労ビザ取得のためのチェックリスト(無料)のダウンロードはこちらから!

ページトップへ戻る
ダウンロードはこちら
ダウンロードはこちら