求人キャッチコピーが面白いコツは?【詳しく解説します】

記事更新日:2021年09月16日 初回公開日:2021年03月02日

用語集 外国人採用・雇用 グローバル用語解説 人事・労務お役立ち情報
個性のある求人キャッチコピーは、求職者の応募意欲を高めることに繋がります。しかし企業によっては、求人キャッチコピーのメリットを活かしきれていないケースもあるのではないでしょうか。ありきたりなキャッチコピーでは、求職者の目に留まる可能性も低いでしょう。そこで今回は、企業において求人キャッチコピーを作る際のコツや、その注意点をお伝えしていきます。実際の企業で採用されている面白い求人キャッチコピーもピックアップしました。求人キャッチコピーの作り方に悩んでいる担当者の方や、より印象に残る求人キャッチコピーを作りたい企業の方は、ぜひ参考にしてみてください。

就労ビザ取得のためのチェックリストをダウンロードする

求人キャッチコピーを作る目的

企業に応募する求職者を増やすため

求人キャッチコピーを作る目的は、企業に応募する求職者を増やすためです。企業が求人募集の際にキャッチコピーを用いることで、求職者の目を引くことが出来ます。それにより企業の求人内容を見てもらう回数が増え、結果として応募に至る求職者の増加が期待出来るでしょう。例えば求人サイトを利用した場合、一番先に目に留まるのが「キャッチコピー」ではないでしょうか。勤務時間や労働条件などの詳細は、関心を持った企業のみ確認するケースが多く見受けられます。よって求職者の目を引くことをきっかけに、最終的には求人に応募してもらうことがキャッチコピーの目的となります。

面白い求人キャッチコピーを作るメリット

他社との差別化が出来る

面白いキャッチコピーを作るメリットの一つに、他者との差別化が出来ることが挙げられます。同じ職種においても、キャッチコピーが異なると企業の印象は大きく変わります。例えば医薬品製造企業の森下仁丹株式会社では、以前「オッサンも変わる。ニッポンも変わる。」というユニークなキャッチコピーを採用していました。「オッサン」というキャッチーなワードに、思わず目を留めた方も多いのではないでしょうか。中年が働きやすそうな会社という印象を受ける人もいるでしょう。このように、面白いキャッチコピーは企業のイメージを想像させ、他者との差別化を図ることに繋がります。

印象に残りやすい

企業の求人キャッチコピーが面白いと、求職者の印象に残りやすいというメリットがあります。求職者の印象に残ることは、企業への興味や応募に繋がる可能性が高いでしょう。例えば、ブランディング企業のトゥモローゲート株式会社は、「ようこそ、ブラックな企業へ。」という求人キャッチコピーを採用しています。このフレーズを見て、どのような企業なのか気になった方も多いのではないでしょうか。ユニークかつ興味深いフレーズが、企業への関心を高めることが分かります。一方で、同じブランディング企業においても「急募!」という求人キャッチコピーの場合はどうでしょう。独自性の無いフレーズでは、企業への印象が薄いことは否めません。よって面白い求人キャッチコピーは、求職者の印象に残りやすいと言えるでしょう。

企業のニーズに合った人材を獲得しやすい

面白いキャッチコピーの中に企業の価値観を盛り込むことで、ニーズに合った人材獲得へ繋げることが出来ます。例えば、法人カヤックでは、「いちゲー採用 ゲームの上手さで、内定出します。」という求人キャッチコピーを採用しています。この求人キャッチコピーから、ゲーム好きの人が応募することは確かでしょう。またマーケティング支援企業のサングローブ株式会社では、「成長命」を求人キャッチコピーに掲げています。このワードを目にして、自分を成長させたい求職者が応募すると予想出来るのではないでしょうか。求人キャッチコピーには、共感する求職者を集めて、企業と求職者のミスマッチを防ぐメリットもあります。

求人キャッチコピーを作る際のコツ

短い文言でインパクトを残す

求人キャッチコピーを作る際のコツは、短い文言でインパクトを残すことです。短い文言には、一瞬で相手の心を掴めるという利点があります。京都大学大学院の研究により、人間が目を動かさずに一度に知覚できる文字の範囲は、9〜13文字であることが明らかになりました。実はテレビのテロップやニュースの見出しも、13文字以内に要約されていることがほとんどです。長文は読む気が起きないケースが多い上、離脱に繋がる可能性もあるでしょう。求人キャッチコピーも同様であり、端的なおかつ感性に響く文言を選ぶことで、インパクトを残すことができます。

その企業で働く利点を示す

その企業で働く利点を示すことで、求職者の目を引くキャッチコピーを作ることができます。利点には働くことで受けられる恩恵や、悩みや不安を解決するワードを盛り込むと良いでしょう。自分が働いている姿を連想させてくれるような、応募意欲が高まる文言もおすすめです。例えば、法人カヤックの「夫婦採用」は、夫婦で働けることを示したキャッチコピーです。夫婦で同じ職に着くことを望む方にとっては、大きな利点になるのではないでしょうか。またウェブマーケティング業のジオコードでは、「ジオコード=自分の力を試せる場所 仕事も立場も環境もすべて自分次第。」というキャッチコピーを採用しています。このように、他にはない利点を示すことで、求職者の心を掴むことが出来るでしょう。

表記の仕方を工夫する

表記の仕方を工夫することも、求人キャッチコピーを作る際のポイントです。同じ意味合いのキャッチコピーを使う場合でも、英語や平仮名、カタカナや漢字では、受ける印象が全く異なります。例えば、求人キャッチコピーによく使われる「未来」という単語の場合、漢字だと誠実で真面目なイメージが伝わってくるでしょう。一方カタカナ表記の「ミライ」に変えると、一気に躍動感が出るのではないでしょうか。基本的に、漢字は堅い印象を与え、カタカナは躍動感を与えるとされています。また平仮名の場合には、親しみやすい印象を与えることができますね。さらには、「!」や「?」を使って印象を変えることもできるでしょう。表記の仕方を上手に使い分けることで、より企業の想いが伝わりやすい求人キャッチコピーになります。

数字や具体的な実績を入れる

求人キャッチコピーに数字や具体的な実績を入れることで、信憑性が高く説得力のあるメッセージになります。また数字により視認効果も高まるため、目に留まりやすいキャッチコピーを作ることが出来るでしょう。数字を使ったキャッチコピーは大手企業でも使われており、一例として「共にNo.1へ」「10年を3年で」「0を1にする人」などが挙げられます。中途採用におけるキャッチコピーについては、株式会社夢真ホールディングスの「志望動機は、何でも大丈夫!約90%が未経験者スタート!」が参考になるのではないでしょうか。この場合、具体的な実績を数字で分かりやすく表すことで、求職者の安心感に繋がっています。

ユーモア要素を入れてみる

求人キャッチコピーを作る際には、ユーモア要素を入れてみるのも一つのポイントです。多くの企業が真面目な求人キャッチコピーを採用する中で、ユニークなキャッチコピーは求職者の目に留まる可能性が高いでしょう。また違和感のあるキャッチコピーや、あえて自虐的な文言を入れたキャッチコピーも、求職者の目を引くものになります。コンサルタント企業ヴィクセスの「総理大臣の様に働き、殿様の様に遊べ」が良い例ではないでしょうか。ユーモア要素がありながらも、オンとオフの切り替えが出来る人材をテーマにしていることが分かります。違和感がある例では、住友大阪セメントの「会おう。」が印象的です。一般的な求人キャッチコピーとはかけ離れているため、違和感を覚えて詳細に目を通す可能性が高くなるでしょう。

キャッチコピーを作る際の注意点

求める人物像を事前に整理する

求める人物像を事前に整理することも、キャッチコピー作成の重要なポイントになります。誰に向けた内容であるかによって、伝えるべきメッセージや伝え方の切り口は異なります。ターゲットをより詳しく設定することで、求める人物に向けた訴求力のあるフレーズを盛り込むことが出来るでしょう。不特定多数に向けたメッセージより、自分のためだと思わせてくれるメッセージの方が、応募意欲に繋がることが予想できます。また企業のコンセプトを明確にした求人キャッチコピーを採用することで、求職者とのミスマッチングを防ぐことにも繋がります。

内容を詰め込みすぎない

多くの内容を詰め込みすぎて、情報過多になってしまった求人キャッチコピーは、求職者へ伝わりにくいものになります。キャッチコピーはあくまで見出しの役割だと考え、注目されたい情報をピックアップすると良いでしょう。基本的には1つのアピールポイント、多くて2つ程度が妥当ではないでしょうか。一例を挙げると、株式会社マイナビでは「ひとりの夢中が、明日を変える。」というキャッチコピーを採用しています。採用メッセージ欄には、ひとりの想いがお客様を動かし、ビジネスを変えること。個人が多彩なフィールドで挑戦できることが記載されています。もしこれらの情報を全てキャッチコピーに詰め込むと、非常に読みにくいものになるでしょう。例のように、印象に残るアピールポイントでキャッチコピーを作り、採用メッセージで詳細を説明する方が効果的です。

基本的には一行で完結させる

キャッチコピーは、基本的には一行で完結させると良いでしょう。求職者の興味を一瞬で惹きつけるためには、長文よりも短文のキャッチコピーが効果的です。加えてシンプルで分かりやすいキャッチコピーは、記憶に残りやすい効果もあります。しかし多くの情報を伝えたい場合、一行にまとめるのは容易ではありません。その場合には、物語を連想させる一文を作り、さらに読み進めたいと思わせる方法がおすすめです。既存のイメージを利用し、文書に含みを持たせるのも良い方法でしょう。またキャッチコピーの中には、あえて長文で作られているものもあります。長文のキャッチコピーは、企業の意図を正確に求職者に伝えることができます。しかし視認されにくいというデメリットを考慮すると、一行で完結させる方が効果的でしょう。

面白い求人キャッチコピーの例

株式会社NTTドコモ

「ドコモで踏み切れ。」

面白い求人キャッチコピーとして挙げられているのが、NTTドコモの「ドコモで踏み切れ。」です。こちらはNTTドコモの採用情報ページに掲載されている求人キャッチコピーになります。「踏み切る」の本来の意味である思い切ることと、地面を踏むことを掛けているのが分かるのではないでしょうか。高く飛ぶためにはしっかりとした地面が必要で、その頑丈な地面こそが確固たる基盤を持つドコモであることを意味しています。地面を踏んで高みを目指すこと、思い切った選択をして欲しいことが伝わるユニークな求人キャッチコピーです。

ロッテ株式会社

「''ロッテノベーション''で、未来を創ろう。」

ロッテ株式会社では、「"ロッテノベーション"で、未来を創ろう。」を求人キャッチコピーに採用しています。ロッテノベーションとは、アイスやお菓子にイノベーションを起こし、日本をより良い食習慣へと導くことを指しています。企業独自のスローガンを盛り込んでいる求人キャッチコピーは、滅多にないケースでしょう。イノベーションという馴染みのある単語を変換しているので、求職者の記憶に残りやすいのもポイントです。ロッテ株式会社の求人キャッチコピーは、企業独自の言葉を作り、求職者の興味を惹きつける良い例ではないでしょうか。

株式会社テレビ朝日

「ようこそ『おもちゃ箱』へ」

「ようこそ『おもちゃ箱』へ」というワクワクする求人キャッチコピーを採用しているのは、株式会社テレビ朝日です。様々な才能を持った従業員が働いていることから、自社をおもちゃ箱に例えるユニークな発想が特徴です。誰もが分かりやすく、なおかつ楽しそうと思わせる単語を使うことで、企業に興味が湧く求職者も多いのではないでしょうか。募集要項にも「おもちゃ箱の中で自分なりの情熱を持つことが出来る人」と記載されており、ユーモアのある企業を印象づけていることが伺えます。アピールポイントとなる単語を様々な場面で使うことで、より企業の印象を残すことに繋げています。

株式会社ドリコム

「3歩先をつくろう」

株式会社ドリコムでは、新卒向けに「3歩先をつくろう」という求人キャッチコピーを採用しています。ソーシャルゲーム開始の先陣を切ったことや、インターネット上の個人間取引「CtoCサービス」を提供する株式会社ドリコム。常に新しいサービスの提供を行う企業のアピールポイントが、たった8文字で表現されているユニークな求人キャッチコピーです。3歩先という言葉からは、自然と企業背景が見えてくるのではないでしょうか。ストーリー性を感じさせる求人キャッチコピーが、求職者の心を惹きつけるものになっています。

まとめ

面白い求人キャッチコピーで自社の魅力を伝えましょう

求人キャッチコピーは、企業に募集する求職者を増やすための手段として有効です。その中でも面白い求人キャッチコピーは、他社との差別化を図り、求職者の印象に残るものになるでしょう。インパクトのあるフレーズが、求職者の応募意欲を高める可能性もあります。求人キャッチコピーを作る際には、求める人物像を整理し、訴求力のあるものを心がけましょう。企業で働く利点を盛り込んだり、具体的な数字で実績を表すのも良い方法ではないでしょうか。求人キャッチコピーは、一瞬にして自社の魅力を伝えられる方法です。面白い求人キャッチコピーを作り、採用活動に役立てましょう。

外国人・グローバル人材の採用をお考えの企業様へ

事例

「日本語+英語+さらに語学が堪能な社員の採用」「海外の展示会でプレゼンが出来る人材」「海外向けサービスのローカライズ出来る人材」「海外向けWebサイト構築・集客」など、日本語も堪能で優秀な人材へのお問い合わせが当社に相次いでいます。

他社の外国人採用成功事例はこちらからご覧ください。

【無料】就労ビザ取得のためのチェックリストがダウンロードできます!

就労ビザ取得のためのチェックリストダウンロードバナー

グローバル採用ナビ編集部では外国人の採用や今後雇い入れをご検討されている皆様にとって便利な「就労ビザ取得のためのチェックリスト」をご用意いたしました。また、在留資格認定申請書のファイル(EXCEL形式)もこちらよりダウンロード可能です。

こちらのチェックリストはこのような方におススメです!


  1. 外国人採用を考えているがビザの申請が心配。
  2. 高卒の外国人は就労ビザの申請できるの?
  3. どのような外国人を採用すれば就労ビザが下りるの?
  4. ビザ申請のために何を気を付ければいいの?
  5. 過去に外国人のビザ申請をしたが不受理になってしまった…
  6. 外国人材を活用して企業の業績アップを図りたい方。
  7. 一目で分かるこんな就労ビザ取得のチェックリストが欲しかった!


他社での事例やビザ申請の際に不受理にならないようにまずは押さえておきたい就労ビザ取得のためのポイントを5つにまとめた解説付きの資料です。

就労ビザ取得のためのチェックリスト(無料)のダウンロードはこちらから!

ページトップへ戻る
ダウンロードはこちら
ダウンロードはこちら