スカウト代行とは【利用料金やメリットなどを紹介】

記事更新日:2021年06月11日 初回公開日:2021年02月05日

用語集 人事・労務お役立ち情報 採用・求人のトレンド
貴社ではスカウト代行を利用していますか。スカウト代行とは企業側から求職者をスカウトし採用するスカウト採用の業務を他社へ委託すること。近年ビズリーチやマイナビ、エン転職など多くの採用媒体でスカウトサービスが展開されています。しかしスカウト採用を自社で行うとなると業務負担や時間のコストがかかることが多く、十分にスカウトサービスを利用できていない企業も多いのではないでしょうか。今回はスカウト代行を導入する際に委託できる業務や委託する際のメリット、スカウト代行サービスのおすすめなど幅広く紹介していきます。この記事を読んでスカウト代行サービスの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

就労ビザ取得のためのチェックリストをダウンロードする

スカウト代行とは

採用活動の一部であるスカウト業務を代行すること

スカウト代行とは採用活動の一部であるスカウト業務を代行することで、ダイレクトリクルーティング代行とも呼ばれています。スカウト手法は近年急速に広まった採用手法であることから、自社で行っているスカウト業務に正解を見いだせていない企業もあるかもしれません。採用業務の全てを委託できる企業もありますが、採用活動のスカウト業務だけを委託できる企業も存在します。スカウト業務にかかる負担だけを減らしたいと考えている企業にとってスカウト代行の導入はおすすめでしょう。

スカウト代行が注目されるようになった背景

売り手市場の加速

スカウト代行が注目されるようになった背景に売り手市場の加速があげられるでしょう。現在日本は少子高齢化が深刻化し、労働人口の減少が問題となっています。このことから定年の引き上げや外国人労働者の雇用なども進められていますが、それでも労働者は不足している状況です。令和2年11月時点では有効求人倍率が1.06倍となっており、新型コロナウイルス拡大後の現在も売り手市場が続いていると言えるでしょう。また2021年卒の大卒求人倍率に関しては1.53倍となっており、新卒採用市場は特に売り手市場となっています。

スカウト代行で委託できる業務

ターゲットの抽出

スカウト代行で委託できる業務にターゲットの抽出があげられます。スカウト業務を行う際、ターゲットとなる求職者を探し出すのに時間や手間がかかっていないでしょうか。スカウト代行サービスを行う企業に自社が求める人物像を提示することによって、スカウト代行サービスが自社に合った求職者をピックアップしてくれます。求職者1人1人のプロフィールを見てスカウトしたい求職者を選定する業務を省くことができるので、採用業務にかかる時間を短縮することができるかもしれません。

スカウトメールの作成

スカウト代行に委託できる業務として、スカウトメールの作成もあげられます。スカウトしたい求職者をピックアップしスカウトメールを送ったのにいい返事が来ないと悩んでいませんか。スカウト代行サービスを利用すると、これまでスカウト代行サービス会社が培ってきたスカウト業務の知識を使ってスカウトメールの文面を作成することができます。どんな文章が求職者に効果的なのか、自社を紹介する際に魅力的に感じる文章はどんなものなのかなど専門知識を利用してスカウトメールを作成してくれるでしょう。

面接日時等の日程調整

スカウト代行に委託できる業務として、面接日時等の日程調整もあげられます。スカウトメールを送った後、求職者からの返信に迅速に対応できているでしょうか。求職者からの返信に遅れてしまった場合、本当にスカウトする気があるのかと求職者側が疑問を感じてしまうかもしれません。スカウト代行を導入するとスカウトメールの送信や求職者からのレスポンスは代行会社が対応してくれます。面接日時やその他の採用イベントの日時調整なども行ってくれる点から、ターゲットとなる求職者の興味を逃さずに対応できるようになるでしょう。

求職者への内定連絡

スカウト代行に委託できる業務として、求職者への内定連絡もあげられるでしょう。内定者が決まった後の手続きにかかる手間を省きたいと考えていませんか。スカウト代行サービスによってはスカウト採用後も求職者へのフォローを行ってくれる場合があります。内定者が決まった後は求職者へ内定が決まったことを連絡したり、その後も入社の意思があるかを確認する必要があるでしょう。できるだけ採用活動にかかる労力を減らしたい企業は、採用活動後のフォロー業務も委託できる代行会社を利用するのがおすすめです。

スカウト代行のメリット

採用活動にかかる業務負担を軽減できる

スカウト代行を利用するメリットとして、採用活動かかる業務負担を軽減できる点があげられるでしょう。スカウト採用は近年広まった採用手法。そのためスカウト採用を導入してみたがうまく運用できておらず、スカウト採用で成果が出せていないと感じている企業もあるかもしれません。特にスカウト採用は作業工程が多いため、採用活動にかかる負担が大きくなってしまいます。スカウト代行を利用するとスカウト採用にかかる細かな業務を一括して委託できるため、これまでの採用活動に支障をきたすことなくスカウト採用も行うことができるでしょう。

採用活動にかかる時間が減る

スカウト代行を利用するメリットとして、採用活動にかかる時間が削減もあげられます。スカウト採用はターゲットとなる求職者をピックアップし、その求職者に対してスカウトメールを送ります。またその後求職者から連絡があった場合は1人1人に個別対応を行わなければならないため、非常に手間がかかる採用手段と言えるでしょう。スカウト代行サービスを導入するとスカウト採用に割かれる時間がなくなるため、スカウト採用業務以外の時間を確実に確保することができるかもしれません。

求職者の中から自社に合った人材を選ぶことができる

スカウト代行を利用するメリットとして、求職者の中から自社に合った人材を選べる点があげられます。スカウト採用を行っても自社に合う人材を獲得できないと悩んでいませんか。スカウト業務自体がうまく機能していなかったり、ターゲット選定が間違っている場合、採用のミスマッチが起こる可能性があります。スカウト代行会社はこれまで何社ものスカウト業務を請け負っているため、スカウト業務の専門知識を多数保有しています。そのためスカウト代行サービスを導入することでターゲット選定やスカウト採用の成功率を上げることができるでしょう。

転職潜在層の人にもアプローチできる

スカウト代行サービスを利用するメリットとして、転職潜在層の人にもアプローチできる点があげられます。転職潜在層とは今すぐ転職したいわけではないが、いい求人や自分に合った企業があれば転職するかもしれない人たちのこと。転職潜在層の人たちは情報収集を目的に転職サイトに登録していることも多いです。自社だけでスカウト業務を行う場合、コスト削減のために転職の可能性が高い転職顕在層の求職者にしかアプローチができないこともあるでしょう。しかしスカウト代行を導入すればスカウト採用にかかる労力を丸投げできるため、転職潜在層の人たちにも積極的に自社をアピールできるかもしれません。

スカウト代行サービスを選ぶ際のポイント

実績があるか

スカウト代行サービスを選ぶ際のポイントに実績があるかという点があげられるでしょう。スカウト代行サービスを導入してもいい結果が出せるのか不安を感じている企業もあるかもしれません。スカウト代行会社のホームページにはスカウト代行業務を何年行っているか、年間どれほどの企業にスカウト代行をしているかなどが記載されていることが多いです。またどんな企業で導入されているのか、どんな採用媒体でスカウト採用の実績があるかが書かれていることもあるでしょう。これまでの導入実績を見て、どのスカウト代行サービスを利用するか考えてみるのもいいかもしれません。

やりとりがしやすいか

スカウト代行サービスを選ぶ際のポイントに、やりとりがしやすいかという点もあげられます。スカウト代行サービスによっても求職者への対応時間は様々。夜間や土日も求職者への対応ができるスカウト代行サービスの場合、求職者からの返信に迅速に対応できるため、求職者の興味を逸らすことなく採用活動を行えるでしょう。またスカウト代行会社によってはスカウト採用の進捗をこまめに振り返ってくれる場合があります。進捗状況をできるだけ把握しておきたいと考えている企業は振り返りを積極的に行ってくれるスカウト代行会社を選ぶのもおすすめです。

ターゲット層に合っているか

スカウト代行サービスを選ぶ際のポイントに、ターゲット層に合っているかという点もあげられるでしょう。スカウト代行サービスを行っている企業にも特色があります。新卒社員のスカウト業務に特化した代行会社から、転職希望の求職者に特化した代行会社、専門職求人に特化した代行会社など代行サービスによっても得意な分野は異なります。自社がほしい人物像を明確にした後で、そのほしい人材の獲得に適したスカウト代行サービスを選ぶことでスカウト採用の成功率を上げられるかもしれません。

スカウト代行サービスのおすすめ3選

株式会社ダイレクトソーシング

スカウト代行サービスの中でも、株式会社ダイレクトソーシングはおすすめでしょう。株式会社ダイレクトソーシングは2015年に設立され、ダイレクトリクルーティングを中心に事業を展開している企業です。比較的新しい企業ですが、ヤフー株式会社やオムロン株式会社など様々な有名企業が株式会社ダイレクトソーシングのスカウト代行サービスを利用しています。ビズリーチやLinkedinをはじめ20種類以上の採用媒体でスカウト採用の実績がある点からもおすすめのスカウト代行サービスと言えるでしょう。

株式会社アスラビ

株式会社アスラビのスカウト代行サービスもおすすめでしょう。株式会社アスラビは2019年に設立され、スカウト代行や採用コンサルティング等の事業を展開しています。株式会社アスラビも設立されて間もない企業ですが、スカウト採用による実績が高いのが特徴と言えるでしょう。また会社説明会や面接代行、研修計画の作成などスカウト代行業務以外の仕事を委託することも可能です。採用活動にかかるサポート体制が整っているため、スカウト業務や採用活動全般に不安を感じている企業にとっておすすめのスカウト代行サービスでしょう。

株式会社キャリアマート

株式会社キャリアマートのスカウト代行サービスもおすすめでしょう。株式会社キャリアマートは2002年に設立された採用アウトソーシングや採用コンサルティングを行う企業。株式会社キャリアマートは過去17年間で19000社以上の採用活動を支援してきた実績があります。またスカウト採用業務だけでなく、その他の採用活動業務を委託できる点も特徴です。新卒採用中途採用ともに実績があり、1か月のみの短期間代行やオンライン採用の対応もしてくれるため、柔軟性が高い採用代行サービスと言えるでしょう。

まとめ

スカウト代行を利用して攻めの採用活動を目指そう

少子高齢化による労働人口の減少や売り手市場の加速、また新型コロナウイルスによる経済損失の拡大など現在の日本は様々な問題に直面しています。そのため自社の生き残りをかけ、多くの企業が採用活動や経営の対策を行っていると言えるでしょう。攻めの採用活動を行うために、スカウト採用を取り入れる企業も増えてきました。スカウト採用による成功率を上げるためにも、スカウト採用にかかる業務負担やコストを削減するためにもスカウト代行の導入はおすすめです。貴社もスカウト代行サービスを利用して、他社に後れを取ることなく攻めの採用活動を行ってみませんか。

外国人・グローバル人材の採用をお考えの企業様へ

事例

「日本語+英語+さらに語学が堪能な社員の採用」「海外の展示会でプレゼンが出来る人材」「海外向けサービスのローカライズ出来る人材」「海外向けWebサイト構築・集客」など、日本語も堪能で優秀な人材へのお問い合わせが当社に相次いでいます。

他社の外国人採用成功事例はこちらからご覧ください。

【無料】就労ビザ取得のためのチェックリストがダウンロードできます!

就労ビザ取得のためのチェックリストダウンロードバナー

グローバル採用ナビ編集部では外国人の採用や今後雇い入れをご検討されている皆様にとって便利な「就労ビザ取得のためのチェックリスト」をご用意いたしました。また、在留資格認定申請書のファイル(EXCEL形式)もこちらよりダウンロード可能です。

こちらのチェックリストはこのような方におススメです!


  1. 外国人採用を考えているがビザの申請が心配。
  2. 高卒の外国人は就労ビザの申請できるの?
  3. どのような外国人を採用すれば就労ビザが下りるの?
  4. ビザ申請のために何を気を付ければいいの?
  5. 過去に外国人のビザ申請をしたが不受理になってしまった…
  6. 外国人材を活用して企業の業績アップを図りたい方。
  7. 一目で分かるこんな就労ビザ取得のチェックリストが欲しかった!


他社での事例やビザ申請の際に不受理にならないようにまずは押さえておきたい就労ビザ取得のためのポイントを5つにまとめた解説付きの資料です。

就労ビザ取得のためのチェックリスト(無料)のダウンロードはこちらから!

ページトップへ戻る
ダウンロードはこちら
ダウンロードはこちら