在留資格認定証明書の発行後にするべき手続きとは?【ビザ申請の流れ】

記事更新日:2020年06月03日 初回公開日:2019年08月21日

外国人採用・雇用 採用・求人のトレンド 人事・労務お役立ち情報 ビザ(在留資格)について グローバル用語解説 外国人留学生の採用
外国から日本に外国人を呼び寄せる申請を行い、許可されると“認定証明書”が発行されますが、この証明書が発行されてからもまだ手続きがあります。この手続きについて今回は説明していきたいと思います。

就労ビザ取得のためのチェックリストをダウンロードする

認定証明書とは

 外国に住んでいる外国人を日本に呼び寄せる場合には、「在留資格認定証明書交付申請」を行います。この“認定”というのが外国から呼び寄せる申請を指し、この申請は日本にある入国管理局に申請します。入国管理局の場所や会社規模にもよりますが、この審査には約1か月~3か月ほどかかります。近年は申請件数が増加していることから審査にかかる時間も伸びております。そして認定証明書は、A4サイズより小さいサイズの厚紙で原本が申請をした会社に送られてきます。日本での手続きはこの認定証明書の原本を受け取るところまでになりますが、その後も手続きはございます。

認定証明書を受け取ったあとの流れ

 認定証明書の原本は、日本の入国管理局に申請をした会社(雇用主)または行政書士などの申請代行をしたところに郵送されてきます。この認定証明書の原本はとても大切で、仮に紛失をしてしまうと再発行はできず、再申請となってしまいます。再申請とは、再度最初と同じステップで申請をして結果が出るまで待つということになります。ですので、この証明書の取扱いは特に注意してください。
 日本で認定証明書を受け取った後は、この原本を外国で待っている本人に国際郵便でお送りします。この際、国によっては郵送事情が悪く途中で紛失してしまう可能性がありますので、より確実な方法で郵送されることが必要です。一般的な郵送方法は、EMSという郵便局が行っているサービスですが、DHLやFedExと言ったサービスですと料金は高くなりますが、より正確に郵送することが可能です。その後、認定証明書の原本と、ビザ(査証)申請の申請書などを現地にある日本大使館(領事館)に申請をします。申請書は、各国日本大使館のHPにもフォーマットがありますし、現地大使館にも用意があります。その他必要書類は国によって変わってきますので、こちらも現地日本大使館のHPをご確認ください。中国・フィリピン・ベトナムなどの国は申請件数が多いことなどから本人が直接現地日本大使館に申請することはできず、日本大使館から認定を受けている指定代理店のみが申請可能となっている国もありますので、事前にご確認ください。この日本大使館での審査がおわり許可がおりると、パスポートにビザ(査証)と言われる許可のシールが貼られる、その後日本に来日が可能になります。日本大使館での審査は、一般的に1週間前後で結果がでます。

【一般的な流れ】
①日本の入国管理局に認定証明書の申請
②許可後、認定証明書を日本で受け取る
③認定証明書を現地の本人に送る
④申請書類をそろえて、現地日本大使館に査証(ビザ)申請を行う
⑤許可後、日本に来日

日本大使館(領事館)への申請での注意点

 日本での許可(認定証明書)が出ているので、問題なく日本に来れるだろうと思っている方もいますが、必ずしもそうではありません。ほとんどのケースでは問題はありませんが、数%の割合で現地大使館にて不許可になる可能性があります。それはどのようなケースかと言うと、稀に本人が現地での申請書などを適当に記入してしまい、日本での申請時と違う内容を記入してしまうケースや、現地で大きい犯罪歴があることが判明した場合などが該当します。合わせて、日本大使館で許可がおりた後も、来日後、空港の入国審査で今までの内容と異なる回答をした場合も同様に入国できないことがありますので、そうならないように、日本での許可後も気を抜かずに来日できるまでしっかりとフォローする必要があります。

外国人・グローバル人材の採用をお考えの企業様へ

事例

「日本語+英語+さらに語学が堪能な社員の採用」「海外の展示会でプレゼンが出来る人材」「海外向けサービスのローカライズ出来る人材」「海外向けWebサイト構築・集客」など、日本語も堪能で優秀な人材へのお問い合わせが当社に相次いでいます。

他社の外国人採用成功事例はこちらからご覧ください。

【無料】就労ビザ取得のためのチェックリストがダウンロードできます!

就労ビザ取得のためのチェックリストダウンロードバナー

グローバル採用ナビ編集部では外国人の採用や今後雇い入れをご検討されている皆様にとって便利な「就労ビザ取得のためのチェックリスト」をご用意いたしました。また、在留資格認定申請書のファイル(EXCEL形式)もこちらよりダウンロード可能です。

こちらのチェックリストはこのような方におススメです!


  1. 外国人採用を考えているがビザの申請が心配。
  2. 高卒の外国人は就労ビザの申請できるの?
  3. どのような外国人を採用すれば就労ビザが下りるの?
  4. ビザ申請のために何を気を付ければいいの?
  5. 過去に外国人のビザ申請をしたが不受理になってしまった…
  6. 外国人材を活用して企業の業績アップを図りたい方。
  7. 一目で分かるこんな就労ビザ取得のチェックリストが欲しかった!


他社での事例やビザ申請の際に不受理にならないようにまずは押さえておきたい就労ビザ取得のためのポイントを5つにまとめた解説付きの資料です。

就労ビザ取得のためのチェックリスト(無料)のダウンロードはこちらから!

この記事を書いた人

塩野 豪

(しおの ごう)

行政書士塩野豪事務所の代表。
外国人ビザ(在留資格)の専門家として活動し、フィリピンやカナダなど外国との繋がりも強い。
人材紹介会社の外部顧問としても活動している。

HP:行政書士 塩野豪事務所
国際結婚特化サイト「ビザプロ」
ビザ申請相談サイト「ビザプロ就労ビザ」

ページトップへ戻る
ダウンロードはこちら
ダウンロードはこちら