ピープルマネジメントとは【成功させるためのポイントやおすすめのツールを解説】

記事更新日:2022年06月14日 初回公開日:2022年06月14日

用語集 外国人採用・雇用 採用・求人のトレンド 人事・労務お役立ち情報
近年における働き方の多様化やテクノロジーの発展などを理由に、多くの企業が組織としての変化を求められています。特に社員のマネジメントは組織の生産性にも直結するため、非常に重要なポイントです。マネジメント層の人間が強力なリーダーシップで社員を牽引する従来のマネジメント手法とは異なる、ピープルマネジメントという手法が注目されています。この記事では、ピープルマネジメントによって得られる効果や実施におけるポイントについて解説します。企業のマネジメントや人事を担当している方は、ぜひ最後までご一読ください。

就労ビザ取得のためのチェックリストをダウンロードする

ピープルマネジメントとは

社員の成長にコミットするマネジメント手法

ピープルマネジメントとは、社員の成長にコミットするマネジメント手法です。これまでのマネジメント手法よりも社員と向き合う機会を増やし、それぞれの成長にコミットすることで高いモチベーションを保つことができます。具体的には、社員の業績だけではなく精神的な部分や潜在的な能力開発などに対してマネジメントを行います。必然的にこれまでのマネジメント手法よりも難しくなりますが、それだけ社員からの満足度も高くなるでしょう。

従来のマネジメント手法とは異なる

ピープルマネジメントは、従来のマネジメント手法とは少し異なります。先述の通り従来のマネジメント手法は、マネージャーポジションの人材がリーダーシップを発揮してメンバーを牽引するというものが一般的でした。一方でピープルマネジメントにおけるマネージャーの役割には、メンバーの一人一人にしっかりと寄り添いながら支えるということも含まれます。働く環境や組織のあり方が変化し続けている中で、このようなマネジメントのあり方においても変化が求められているということです。

ピープルマネジメントが注目されている背景

さまざまな働き方が普及している

ピープルマネジメントが注目されている背景には、さまざまな働き方が普及しているということがあります。これまではひとつの企業に勤め上げるということが一般的であったのに対して、近年では転職を繰り返してキャリアを築く人材が増えています。その結果として、優秀な人材を社内にとどめておくことは以前にも増して難しくなってきていると言えるでしょう。ピープルマネジメントを行うことで社員の満足度を上げて、より企業への定着を図ることができます。

テクノロジーが著しく発展している

テクノロジーが著しく発展しているということも、ピープルマネジメントが注目されている理由のひとつです。AIなどをはじめとしたIT技術が目まぐるしい発展を続けていることによって、これまでは手作業で行なっていた業務も機械が代わりに行うシーンが増えました。そうした中で成長思考の高い人材は、自身の成長をより求めるようになってきています。社員の成長にコミットするという考え方を大切にしているピープルマネジメントは、そうした人材を獲得するためにも大いに役立つでしょう。

社員の価値観が多様化している

社員の価値観が多様化しているということも、ピープルマネジメントが注目されるようになった背景として考えられます。働き方や休日の過ごし方まで、これまでとは大きく異なる価値観が受け入れられています。これから先の時代の労働力を担う世代の人材を育てるために、そうした変化に対応する必要があるでしょう。多様な価値観を持つ人材を尊重しつつ、それぞれの能力を最大限に引き出すためにもピープルマネジメントが重要となるでしょう。

ピープルマネジメントによる効果

社員のエンゲージメントが高まる

ピープルマネジメントによって、社員のエンゲージメントを高めることができます。組織における社員のエンゲージメントとは、企業に対する愛着や思い入れのようなものを表しています。社員のエンゲージメントが高くなると、それに伴って企業の経営状況も向上すると言われています。それと同時に離職率の低下なども見込めるでしょう。エンゲージメントは社員アンケートなどによって測定することができるため、定期的にその効果を測定するようにしましょう。

組織の生産性が向上する

ピープルマネジメントを効果的に実施することで、組織全体の生産性が向上するという効果も見込めるでしょう。先述の通り、ピープルマネジメントを行なって社員のエンゲージメントを向上させることによって、組織全体の生産性が向上すると言われています。このことからも組織の生産性とマネジメントに関係があるということは明らかですが、社員がさまざまな価値観を持つようになった近年においてはより一層その重要性が増しています。

ピープルマネジメントにおける課題

評価に公平性を持たせることが難しい

ピープルマネジメントにおける課題として、評価に公平性を持たせることが難しいということが挙げられます。マネジメントでは全ての社員に対して公平な評価を行うことが重要とされますが、一人一人と深く向き合うピープルマネジメントにおいてはそれがより一層難しくなるでしょう。親身になってマネージャー自身の感情が入りすぎて個人差が生じてしまわないように、注意する必要があります。社員に納得してもらう評価をするためにも、適切な評価制度やツールを導入しましょう。

高いレベルでのコミュニケーションが必要とされる

高いレベルでのコミュニケーションが必要とされるということも、ピープルマネジメントにおける課題として考えられます。ピープルマネジメントにおいて社員の目標ややりがいを把握するためにも、一人一人と綿密なコミュニケーションを取る必要があります。普段から頻繁に会話が交わされているような環境が理想的ですが、そうでない場合は社員が相談や発言をしやすい環境を作り上げることが大切です。必要最低限の会話ではなくさらに高いレベルでのコミュニケーションが必要とされるため、個人面談などを行うマネジメント層の人間にも研修が必要とされる場合もあります。

可視化することが難しい

可視化するのが難しいということも、ピープルマネジメントを実施する際には課題となりやすいポイントです。ピープルマネジメントでは、社員それぞれの目標などについてヒアリングして管理を行います。しかし各社員の目標を、全て目に見える形で把握しておくことは難しいでしょう。特に具体的な数値で表すことができない目標などについては、定期的に進捗を確認する必要があります。目標管理などに適したツールを活用するなど、なるべく詳しく管理できるように工夫をしましょう。

ピープルマネジメントを成功させるポイント

社員の意見を尊重する

ピープルマネジメントを成功させるためには、社員の意見をしっかりと尊重する必要があります。マネジメントを行う立場としては、自身の経験などをもとにしてたくさんアドバイスをしてあげたいという気持ちもあるでしょう。しかし社員の成長にコミットするピープルマネジメントにおいてはそれだけではなく、各社員の意見を上手く汲み取ることも重要となります。なるべく社員の口から多くの情報や意見を聞き出せるように、相手を尊重しながら話を聞くようにしましょう。

定期的なコミュニケーションを図る

効果的なピープルマネジメントを行うためには、定期的なコミュニケーションも必要とされるでしょう。先述の通り、高いレベルのコミュニケーションを取ることが効果的なピープルマネジメントにつながります。とはいえ、誰しもがすぐに上手なコミュニケーションを取れるようになるというわけではないでしょう。そこでまずは社員同士が関わる機会を増やすことで、コミュニケーションの量を増やしましょう。定期的なコミュニケーションを取ることで、それに伴って質の高いヒアリングを行うことができます。

マネジメント研修を実施する

ピープルマネジメントを成功させるにあたって、マネジメント研修を実施するのも効果的です。ピープルマネジメントは従来のマネジメント手法と異なるため、社内に十分なノウハウが蓄積されていないというケースもあるでしょう。ピープルマネジメントの経験者や社外の講師によって研修を行うことで、マネジメント層の成長が期待できます。マネジメント研修は社員の成長や生産性の向上に直結するため、費用対効果の高い研修と言えるでしょう。

マネジメントツールを活用する

適切なマネジメントツールを活用することで、ピープルマネジメントをより促進することができます。従来のマネジメントにおいても、社員のデータを扱うために分析ツールなどが用いられてきました。ピープルマネジメントにおいても同様に、ツールを活用することでその効果をさらに大きくすることができます。特にマネジメント経験の少ないマネージャーもツールを使用することによって、社員からの満足度が高い公平な評価を行うことができるでしょう。

ピープルマネジメントに活用できるツール

TeamUp

「TeamUp」は大手企業を中心に150社以上もの導入実績があり、1on1支援ツールの先駆けとも言われているピープルマネジメントツールです。先述の通りピープルマネジメントにおいては、マネージャーと社員との間でのコミュニケーションが重要となります。TeamUpではそのような1on1ミーティングを効果的に行うために、ペアの登録や会話項目のテンプレートなどのさまざまな機能が用意されています。これらの機能を活用することによって、1on1ミーティングにおけるコミュニケーションの質を向上させることができるでしょう。

Co:TEAM

「Co:TEAM」は評価と目標、フィードバックなどを一元管理することをコンセプトとしているツールです。個人の目標管理を適切に行うことができるため、それに対するフィードバックなども得やすくなります。目標を設定したはいいものの、日々の業務の中で意識する機会が少ないとあまり意味を成さないでしょう。Co:TEAMを活用することで、上司や同僚からのフィードバックを頻繁に受けながら高いモチベーションで目標達成に取り組むことができます。

エアリーフィードバッククラウド

「エアリーフィードバッククラウド」も、ピープルマネジメントに活用できるツールのひとつです。音声からの感情解析や、お互いの発言割合などを分析することができます。こちらも1on1に特化しているツールであるため、1on1ミーティングにおける課題を抱えている場合には特に役立つでしょう。それと同時に目標設定や目標の管理にも課題があるという場合には、他のツールと併用して使用することでより効果を高めることができます。

まとめ

ピープルマネジメントで社員のエンゲージメントを高めましょう

ピープルマネジメントによる効果や、実施におけるポイントについてお分かりいただけたでしょうか。技術が発展しているだけではなく、働き方に関する社員の価値観の変化などを理由に、企業はこれまでとは異なるマネジメントを行うことが求められています。効果的なピープルマネジメントを行うことによって社員のエンゲージメントを高めることができ、組織全体の生産性も向上します。マネジメントツールなども活用しながら、企業とその社員にマッチしたマネジメントを行いましょう。

外国人・グローバル人材の採用をお考えの企業様へ

事例

「日本語+英語+さらに語学が堪能な社員の採用」「海外の展示会でプレゼンが出来る人材」「海外向けサービスのローカライズ出来る人材」「海外向けWebサイト構築・集客」など、日本語も堪能で優秀な人材へのお問い合わせが当社に相次いでいます。

他社の外国人採用成功事例はこちらからご覧ください。

【無料】就労ビザ取得のためのチェックリストがダウンロードできます!

就労ビザ取得のためのチェックリストダウンロードバナー

グローバル採用ナビ編集部では外国人の採用や今後雇い入れをご検討されている皆様にとって便利な「就労ビザ取得のためのチェックリスト」をご用意いたしました。また、在留資格認定申請書のファイル(EXCEL形式)もこちらよりダウンロード可能です。

こちらのチェックリストはこのような方におススメです!


  1. 外国人採用を考えているがビザの申請が心配。
  2. 高卒の外国人は就労ビザの申請できるの?
  3. どのような外国人を採用すれば就労ビザが下りるの?
  4. ビザ申請のために何を気を付ければいいの?
  5. 過去に外国人のビザ申請をしたが不受理になってしまった…
  6. 外国人材を活用して企業の業績アップを図りたい方。
  7. 一目で分かるこんな就労ビザ取得のチェックリストが欲しかった!


他社での事例やビザ申請の際に不受理にならないようにまずは押さえておきたい就労ビザ取得のためのポイントを5つにまとめた解説付きの資料です。

就労ビザ取得のためのチェックリスト(無料)のダウンロードはこちらから!

ページトップへ戻る
ダウンロードはこちら
ダウンロードはこちら