デジタル人材とは【デジタル人材とIT人材の違いや育成方法もご紹介します】

記事更新日:2021年09月16日 初回公開日:2021年03月16日

用語集 外国人採用・雇用 グローバル用語解説 人事・労務お役立ち情報
近年、人材育成や求人募集の場において「デジタル人材」という言葉が使われるシーンが増えています。しかしデジタル人材と聞いても、具体的にどのような役割を持つのか、よく分からない方もいるのではないでしょうか。デジタル人材は、最先端のテクノロジーを駆使し、企業の価値を高める人材を意味します。今回は、デジタル人材の具体的な役割や、採用のメリット、育成方法や採用サイトについてお伝えしていきます。企業のアナログ化に悩む方や、デジタル人材を採用したいと考えている方は、参考にしてみてください。

就労ビザ取得のためのチェックリストをダウンロードする

デジタル人材とは

最先端のテクノロジーを駆使できる人材のこと

デジタル人材とは、最先端のテクノロジーを駆使できる人材を指します。主にITなどの分野において、優れた技術と最新の知識を持つ人を意味します。例えば、データアナリストやプログラマー、ITエンジニアなどがデジタル人材にあたるでしょう。具体的に求める人材は企業によって異なりますが、企業のデジタル化を図り、組織を成長に導くという役割は同じです。また最先端の技術を駆使し、顧客に向けて価値提供ができる人材も、デジタル人材と呼びます。

デジタル人材とIT人材の違い

デジタル人材は価値を提供できる人材

同じ意味で使われることが多い「IT人材」と「デジタル人材」ですが、それぞれの持つ意味合いは少々異なるでしょう。デジタル人材は、企業へ価値を提供できる人材を指します。日々進化しているデジタルテクノロジーに対応し、企業のニーズに沿った価値提供を行う人材を意味します。デジタルビジネスを行うユーザーへ向けて、デザインを担当する人材なども、デジタル人材に当たるでしょう。デジタル人材は高いITスキルを持つだけでなく、組織に向けて価値提供を図ることが求められます。

IT人材はITの活用や情報システムを導入などをする人材

IT人材は、組織を成長に導くためのITの活用や、情報システムの導入を行う人材を指します。また情報システムの企画や推進、運営を行う人物も、IT人材と呼ばれます。例えば、スマートフォンの製品開発を行ったり、クラウドサービスの開発を行っている方は、IT人材にあたるでしょう。またITを活用するにあたって、高度なスキルを持つ方に対しても使われる用語です。これにはプログラミング能力がトップレベルの人材や、会計ソフトを使いこなせる人材も含まれます。

デジタル人材が注目される背景

需要が高いのに専門知識が高い人が少ない

近年デジタル人材が注目されている背景には、デジタル人材は需要が高いのに専門知識が高い人が少ないことが挙げられます。IT活用に関する幅広いコンサルティングを行う「 NTTデータ研究所」によると、市場におけるデジタル人材の割合は、全体の約10%であることが分かりました。また経済産業省委託事業の調査によると、2030年までに最大79万人のIT人材不足が起きるとされています。この調査からも、今後も専門知識が高い人材が不足し、IT人材やデジタル人材の需要が高まる傾向があると予測できます。

デジタル人材具体的な役割

データアナリスト

デジタル人材の具体的な役割として、データアナリストが挙げられるでしょう。データアナリストとは、データ分析を行う専門家を意味します。基本的には、企業のビックデータを分析して、ユーザーの行動解析や、今後のニーズ予測を行う役割を持ちます。例えば、マーケティング会社においては、消費者のマーケティングの意思決定のためのデータ選別を行ったり、アナリティクスを活用してデータコンサルティングを行うなどの役割を持つでしょう。

プログラマー

プログラミング言語を用いて、さまざまなシステムを作るプログラマーも、デジタル人材における具体的な役割でしょう。デジタル人材において求められる役割や能力は、一般企業などで働くケースと、システム開発会社などで働くケースで異なります。一般企業の場合には、幅広いプログラミング能力とシステムアプリケーションへの対応力が求めらるでしょう。一方で、システム会社で働く場合には、より高度な専門性とスキルが求めらます。

エンジニア

デジタル人材における役割の中でも、技術的なスキルを必要とするのがエンジニアです。エンジニアは、3D技術の活用や、最新技術を駆使した設計や生産を行う役割を持ちます。モデルの開発やアプリケーションの実装などが、エンジニアの代表的な業務にあたるでしょう。デジタル人材におけるエンジニアは、「デジタルエンジニア」とも呼ばれます。デジタルエンジニアは、技術力だけではなく、トレンドを把握する力も必要とされるでしょう。その他にも、事業を円滑に進めるためのマネジメント能力など、幅広い役割を担っています。

システムアーキテクト

システム開発の工程に携わる「システムアーキテクト」も、デジタル人材において必要な役割です。システムアーキテクトは、事業開発の対象業務の分析や、設計などに携わることが多いでしょう。一般的な企業では、プログラマーからシステムエンジニアになり、その後システムアーキテクトとしてキャリアを積むことが多いと言われています。またシステムアーキテクトは、国家資格にも認定されています。資格を取得していることで、実務をスムーズにこなせるケースも多いのではないでしょうか。

デジタル人材を採用するメリット

生産性向上が見込める

デジタル人材を採用するメリットに、生産性の向上が見込めることが挙げられます。企業のデジタル化を進めることは、バックオフィスの効率化にも繋がります。例えば、書類をバックオフィスで承認する場合には、差し戻しの手間を省くことができるでしょう。書類の内容ごとに承認先が異なり、誰に書類を申請すれば良いのか分からないという無駄な時間を無くすことも可能です。書類紛失による書き直しや、承認者不在の場合の対応に時間を取られることも無くなるでしょう。また教育の場においては、スキルマップを作成し、人材教育の効率化を図ることもできるのではないでしょうか。デジタル人材を採用することは、結果として会社全体の生産性向上に繋がります。

会社のアナログ化を防止することが出来る

"

会社のアナログ化を防止することができるのも、デジタル人材を採用するメリットです。中小企業において、アナログな業務をデジタル化するために、さまざまな課題を抱える企業も多いのではないでしょうか。例えばアナログ化している企業では、決済遅延が起きたり、紙の書類による無駄なコストが発生するケースも多いでしょう。上記の問題を抱える企業の場合、デジタル人材を採用することで、書類申請がスムーズになり、スピード感を持って仕事に臨むことができるのではないでしょうか。ペーパーレス化することで、倉庫スペースや管理者の人件費を削減することも可能になります。このように企業のアナログ化を防止し、現代のニーズに合わせるためには、デジタル人材の活用が有効です。

"

デジタル人材の育成方法

研修プログラムを実施する

デジタル人材を育成するための方法として、研修プログラムの実施が挙げられます。研修プログラムにおいては、主に社内で行う場合と、社外で行う場合に分けられます。社内で研修プログラムを行うケースでは、会社の事情を考慮した内容のプログラムを組むことができるでしょう。一方で、外部において研修を行いたい場合には、既に多くの企業が「デジタル人材育成プログラム」を実施しているため、すぐに受講することができます。研修を受けただけですぐにスキルが身につくわけではありませんが、活用イメージを具体化できるなどのメリットがあります。

IT関係の資格取得を推薦する

デジタル人材の育成事例として、IT関係の資格取得を推薦する方法もあります。IT関係の資格には、主に3つの分野に分けて考えられるのではないでしょうか。1つ目は「エンジニア」の資格です。エンジニアの資格には、「データベーススペシャリスト」と言われる国家資格を含め、さまざまな資格が存在します。難易度が高い資格にはなりますが、ITエンジニアとして活躍するために必要な知識を身に付けることができるでしょう。2つ目に挙げられるのが、IT業界全般における資格です。IT業界において必要な知識を取得するための、「ITパスポート」などの国家資格も存在します。また「システム監査技術者」などの、IT業務をマネジメントしていくための資格が3つ目の分野にあたります。

デジタル人材の採用サイト紹介

リクルート

デジタル人材の採用サイトとして有名なのが、「リクルート」ではないでしょうか。リクルートには、「IT人材採用サイト」が存在します。このサイトでは、さまざまなカテゴリーでの人材採用を行っています。例えば、プロジェクト推進全般に関する業務を担う「ITコンサルタント」や、システムの設計や実装に業務に携わる「アプリケーションエンジニア」の採用などが一例でしょう。システムエンジニアや、事業開発における人材の採用も行っているので、企業に合わせた人材を募集できるのが特徴です。

Green

IT業界の求人に強いサイトとして知られているのが、求人転職サイトの「Green」です。Greenでは、IT業界を中心に約15,000件以上の求人を掲載しているのが特徴です。IT業界最大級の採用サイトとして注目されるGreenですが、魅力はそれだけではありません。Greenでは、人材紹介を介さずに企業と求職者が連絡を取り合うことができます。また人事担当者が直接スカウトを行うことも可能なので、企業にあった人材を探しやすいサイトになっています。

デジタル人材を採用できるサービス

ビズリーチ

デジタル人材を採用できるサービスとして人気を集めているのが、転職サイトの「ビズリーチ」です。ビズリーチはハイクラス転職サイトとして運営されているサイトで、専門性が高い「スペシャリスト」や、キャリア採用の「ジェネラリスト」が多く登録しています。そのため求職者が国家資格を持っている場合や、高い専門性を身につけているケースも多いでしょう。IT業界における職種ごとに掲載ページが分かれているため、企業のニーズにあった人材を採用することができます。

TECH CAMP

「TECH CAMP」は、「人生を変えるエンジニアスクール」というフレーズが印象的な企業です。エンジニアスクールとしてサービスを運営しており、未経験からプログラミングを身につけることを掲げています。サービス開発やAI、Webデザインなどの知識を学ぶ場も提供しているため、デジタル人材になるにはどうすれば良いのかについて理解できるのが特徴でしょう。人材紹介サービスも充実しており、最短1週間で厳選エンジニアの採用を行うこともできます。自社サイトからの応募がない場合や、優秀なエンジニアを採用したい場合にも、活用できるサービスです。

まとめ

デジタル人材を採用して他社との差別化を図りましょう

デジタル人材は、最先端のテクノロジーを駆使し、企業価値を提供できる人材を指します。デジタル人材を採用することで、企業の生産性の向上を図ることができるでしょう。また、企業のアナログ化を防ぐことにも繋がります。デジタル人材を育成したいと考えている場合には、プログラミング研修や、資格取得の推薦を行うと良いでしょう。近年は、デジタル人材の採用を行う優秀なサイトも増えているので、活用してみるのもおすすめです。デジタル人材を採用し、他社との差別化を図りましょう。

外国人・グローバル人材の採用をお考えの企業様へ

事例

「日本語+英語+さらに語学が堪能な社員の採用」「海外の展示会でプレゼンが出来る人材」「海外向けサービスのローカライズ出来る人材」「海外向けWebサイト構築・集客」など、日本語も堪能で優秀な人材へのお問い合わせが当社に相次いでいます。

他社の外国人採用成功事例はこちらからご覧ください。

【無料】就労ビザ取得のためのチェックリストがダウンロードできます!

就労ビザ取得のためのチェックリストダウンロードバナー

グローバル採用ナビ編集部では外国人の採用や今後雇い入れをご検討されている皆様にとって便利な「就労ビザ取得のためのチェックリスト」をご用意いたしました。また、在留資格認定申請書のファイル(EXCEL形式)もこちらよりダウンロード可能です。

こちらのチェックリストはこのような方におススメです!


  1. 外国人採用を考えているがビザの申請が心配。
  2. 高卒の外国人は就労ビザの申請できるの?
  3. どのような外国人を採用すれば就労ビザが下りるの?
  4. ビザ申請のために何を気を付ければいいの?
  5. 過去に外国人のビザ申請をしたが不受理になってしまった…
  6. 外国人材を活用して企業の業績アップを図りたい方。
  7. 一目で分かるこんな就労ビザ取得のチェックリストが欲しかった!


他社での事例やビザ申請の際に不受理にならないようにまずは押さえておきたい就労ビザ取得のためのポイントを5つにまとめた解説付きの資料です。

就労ビザ取得のためのチェックリスト(無料)のダウンロードはこちらから!

ページトップへ戻る
ダウンロードはこちら
ダウンロードはこちら