エバンジェリストとは?【役割や効率的に活用する方法を解説】

記事更新日:2021年02月05日 初回公開日:2020年12月15日

用語集 グローバル用語解説 人事・労務お役立ち情報
日夜技術の進歩から新たなトレンドまで、めまぐるしい変化の.中にあるIT業界。そんなIT業界をよく知る人物とは誰か、と考えても意外に思いつかないものですよね。今回は、難解で複雑なIT業界を知り尽くし、さらにその知識を元手に人々に教えていくエバンジェリストという職を紹介します。本記事では、エバンジェリストの役割や具体的な仕事内容、エバンジェリストが持っておくべきスキルなどについて取り上げます。エバンジェリストが何かわからないという場合から、導入を検討している場合まで、広く役立つ内容となっています。

就労ビザ取得のためのチェックリストをダウンロードする

エバンジェリストとは

英語訳の伝道師から派生したIT業界で用いられる言葉

エバンジェリストとは、IT業界において、複雑な技術や知識を伝える専門職を意味します。エバンジェリストは元々、福音を意味するエバンジェルから転じた言葉で、福音を教え示す人、伝道師の意味でした。福音というと、キリスト教における教典のようなもので、書いてあることが多少難しい部分もあるでしょう。そこで、わかりやすく伝え示す人が重要となりますよね。本記事でのエバンジェリストの意味するところも、IT業界というフィールドを変えただけで、同様の意味を持ちます。

エバンジェリストが果たす役割

IT関連の知識をわかりやすく正確に伝える

エバンジェリストはIT技術や情勢を、わかりやすく正確に伝えることが大きな役割です。IT業界における変化の速さは凄まじいため、どうしても難解になりがちです。ただでさえ難解であるのに、自社がどう動けば良いのかを判断するとなるとさらに至難の業でしょう。そんな中で、技術の動向やプロセスを把握した専門家のわかりやすい説明があると、判断のしやすさは段違いではないでしょうか。このような状況に対応し、複雑な業界を横断的に理解している人として、エバンジェリストという職が設けられるようになったといえます。

問題の把握と解決策の提案

エバンジェリストが果たすべき役割は、お客さんとして相手となる人の問題を把握すること、そして解決策を提案することも含まれます。エバンジェリストが活動を行う対象となる人はITに関心がある一般の人から自社の現場のエンジニアまで、幅広いとされます。彼らに対し、まだ知らない知識を紹介したり、理解しきれていない部分を説明したりすることで、次にどう動けばよいのかを示していくことにつながります。さらに、幅広い知識を活用して、業界の動向を踏まえた経営に直結する見解を示すこともありますから、重要な役割を果たすといえるのではないでしょうか。

エバンジェリストと営業の違い

中立的立場をとることが決定的に異なる

エバンジェリストが営業などのよく似た役職と異なる決定的な点が、あくまで中立的に、改善策を提示したり、商品を紹介したりする点です。イメージとしてはテレビのワイドショーで出演する専門家やコメンテーターと呼ばれる人のような中立性が合致するでしょう。逆に、ごく一般的な営業マンとは、売り込みを全面的にしない点、一線を画しているといえます。また、エバンジェリストは豊富な知識あってこそ任命されます。ですから、教育によって本当にお客さんが求めるものを手に入れてもらうことで、公益を高め、遠回りでも自社の利益を確固としていく部分が色濃いといえましょう。

エバンジェリストを社内で有するメリット

社員の学びとなり製品の水準が上がる

あえて社内でエバンジェリストを抱える場合、大きなメリットの一つが社員にとっての学びとなる点でしょう。これは、エバンジェリストの活動の一つに、専門知識を活かし社内に対して自社製品の教育を行うインナーマーケティングという活動も含まれることが大きな要因です。さらに、影響を受けた社員がより潮流を踏まえたり、触発されたりすることで、製品やサービスが向上することも見込まれます。何より、頼りがいのあるエバンジェリストが企業の中に存在することは、知識を高め合う中心となる人物がいることを意味するのではないでしょうか。

企業を認知する機会を生み出す

社内にエバンジェリストを設ける場合、企業を周知するというような対外的な効果にもつながりえるといえます。エバンジェリストは活動の舞台において、中立的な解説ももちろんしますが、自社で抱える場合売上につなげておきたい意識が共有されるもの。したがって、自社製品のブランドやイメージを踏まえ、自社製品を戦略的に紹介することもあります。また、エバンジェリストの活動とされている部分には、社外での活動も多く、企業の直越的な広告塔にもなりえます。そのため、対外的な目線でもメリットがあります。

エバンジェリストの具体的な活動内容

不特定多数に対するIT技術の解説

エバンジェリストの最も象徴的と言える活動が、イベントなどたくさんの人が集まる場でのプレゼンテーションです。プレゼンテーション活動では、圧倒的な知識で心を動かし、求めるものと合っている人には購入に至らしめることが究極的なゴールです。そのため、まずなにより啓発をすることを第一段階とします。次の段階として、啓発内容に沿った流れで、製品の良さをアピールし真に求める人の購入欲求をかきたてるプレゼンテーションを行います。それに加えて、資料の構成やデザインを工夫した、伝えるためのプレゼンテーションをしていくことも重要な活動内容でしょう。

導入を手助けするプリセールス

エバンジェリストの活動には、プリセールスと呼ばれる、対象を企業に限定した調整を取り持つ活動も含まれています。家電量販店において、実際に買って使う前にお試しができ、そのうえ不明点を尋ねることのできるプロがいる状況を想像するとわかりやすいでしょう。自社開発のドローンを導入検討している企業を相手にするなら、実際に飛ばしてみるなどデモンストレーションが行われるのが特徴です。また、もし要望に応えられない場合には、対話をしたのち知識を活かしたソリューションの提案もしていくことになります。

社員に対し啓蒙を行うインナーマーケティング

エバンジェリストは、インナーマーケティングと呼ばれる、自社について幅広く社員に啓蒙する活動も行います。インナーマーケティングで扱う内容としては、会社の持つ総体的なイメージや文化などのバックグラウンドから、用いられている個々の技術にまで至ります。自社製品への的確な知識を社員が持っていると、外に向けた応対や製品そのものにそのふわりとしたイメージが表れてくるため、企業の中で一貫した部分が形作られます。イメージが形作られることで、他にないその企業だけの強みが確固としてきますので、重要といえるでしょう。エバンジェリストという、知識を網羅した人物が話している、という事実が多くの人の納得につながりえるのではないでしょうか。

製品及びサービスの研究と資料作成

エバンジェリストが裏方として行う活動が、研究や資料作成といった活動です。エバンジェリストであるということは、何より多様な技術をよく知っているということを意味しています。研究や資料を作成できることとは、本人がエバンジェリストとして足る人物か否かを示すでしょう。最低限のレベルを満たしているか、という確認に止まるわけではもちろんありません。どれだけ情熱を注いでいるのか、実績や実際に活用できる知識があるのか、という点を外部の人が知るきっかけにもなります。エバンジェリストがエバンジェリストたる所以は、ある意味この飽くなき探求活動にあるともいえますね。

キャリア大成に必須となるスキル

幅広く豊富なIT関連知識

エバンジェリストとして大成するにあたっての基盤は、幅広く豊富なIT関連知識といえるでしょう。そもそもエバンジェリストになるということは、目立ったものから陽の当たらない技術まで、変化と進化の激しく絶えないIT業界を学び続けることを意味しています。エバンジェリストになる人物がエンジニア出身である場合が多いことも、IT関連に深い知識を持っているからだといえます。さらに、俯瞰的な視点でIT業界のトレンドを見渡し捉えることも常々行なっていなければ、表向きの業務は成り立ちません。

端的に伝えるプレゼンテーションの能力

エバンジェリストのキャリアにおいて、プレゼンテーションを披露する能力はとても重要な要素です。プレゼンテーション能力の第一の柱である、端的にわかりやすく伝える能力があってこそ、エバンジェリストが受け持つ諸活動が成り立ちます。また、プレゼンテーションを織り成すひとつの要素の伝え方でテクニックを駆使し、心を動かして人を惹きつけることも重要です。そして、得たテクニックを生かして、求めていたものと合致するお客さんを購入へと動かすところまで持っていけるかどうか、が勝負となるでしょう。

潜在的な悩みを聞きだす対話スキル

エバンジェリストにとって、対話スキルは役立つスキルです。特にプリセールスの場面においては、目の前にしたお客さんに対して、最適な解決策は何かを共に考えることになれば、どれだけの引き出しがあるか、という点に尽きます。また、インナーマーケティングの場面においても、企業が形作ろうとしているイメージ像を具体的に聞き出すヒアリングの能力は重要です。総じていえるのは、特にこういった場面においてどれだけ潜在的な思いを聞き出せるか、という対話力が、実際の問題解決に直結するということです。

多様なIT技術に追いつき追い越す力

エバンジェリストは、多様なIT関連の情報や知識に対して、幅広くたくさん、そして業界通の常識以上に把握していることが重要です。自分の知らない技術や情報が現れた時、どうキャッチし理解し人に教えられる形まで持っていけるのか、という点が腕の見せ所といえるでしょう。知らない部分を知るための人脈をはじめとする情報源の開拓も場合によっては必要になります。どう頭にとどめておくのかという点もスキルとして身につけておくと心強いでしょう。

中立ゆえに経営者の視点が重要

中立的な立場でITを語るのがエバンジェリストであるため、より見識のある役職として、経営者レベルの視点を有しておくことが、キャリア大成においては重要といえます。特に、業界のトレンドなど、大きく抽象的な概念は、経営陣スケールの話し合いや大人数の前でのプレゼンテーションなどと隣り合わせです。したがって、重視すべきといえましょう。また、エバンジェリストは企業が人々の間に定着させようとしているブランドやイメージを捉えた上で製品のあり方を考える機会もあります。その点においても、一企業の経営者的な視点があるというだけで重宝されるのではないでしょうか。

エバンジェリストの育成方法

企業のブランドや方針を理解してもらう

企業自らがエバンジェリストの職位を設置するならば、企業そのものを理解してもらうプロセスを設けましょう。一企業が作り出し、製品にまで落とし込んでいきたいブランドや価値観を、売り上げのために打ち出している戦略も踏まえ教育することです。知識を伸ばし、教え伝えていく役目の人材だからこそ、自社独自の強みを教え込み、自社ブランドを形作る一旦として確固とさせることが必須です。人選については、向上心があるエンジニアにまず声をかけてみるのが一つの策でしょう。自社から生み出すことで組織の活発化も図ることができるでしょう。

スキルを身に着けるための研修を

もう一つ、重要といえるのが、スキルを身につけてもらうことです。エバンジェリストはプレゼンテーションをはじめとする技術があるからこそ成り立ちます。どの研修にウェイトを置くか、や各候補者のスタンスはどのようなものか、といった点はばらついてしまうものですが、これが必要と明確なテクニックなどは外さないようにしましょう。適宜外部の講師や先駆者を呼び、育成プログラムを組むことも策といえますね。元々からプレゼンテーション能力に長けている人材を候補に挙げても良いでしょう。

まとめ

エバンジェリストはシーンに応じて活躍できるIT業界のキーパーソン

今回は、現代のIT業界において重要な役割を果たすエバンジェリストについて、社内で役職を設ける際のメリットや求められるスキルなどを取り上げました。エバンジェリストになる場合、啓発を中心に据えたオープンな場でのプレゼンテーションだけでなく、対話力も重要であり、導入には困難もつきものかもしれません。しかしながら、エバンジェリストはIT業界の企業において様々な場面で活躍できる役職です。うまく活用すれば、会社の活性化を後押しするチャンスにも、また、複雑なIT業界の舵取り役を生み出すことにもなるでしょう。現状を変えるポテンシャルを秘めたエバンジェリストについて、一度検討してはいかがでしょうか。

【無料】就労ビザ取得のためのチェックリストがダウンロードできます!

就労ビザ取得のためのチェックリストダウンロードバナー

グローバル採用ナビ編集部では外国人の採用や今後雇い入れをご検討されている皆様にとって便利な「就労ビザ取得のためのチェックリスト」をご用意いたしました。また、在留資格認定申請書のファイル(EXCEL形式)もこちらよりダウンロード可能です。

こちらのチェックリストはこのような方におススメです!


  1. 外国人採用を考えているがビザの申請が心配。
  2. 高卒の外国人は就労ビザの申請できるの?
  3. どのような外国人を採用すれば就労ビザが下りるの?
  4. ビザ申請のために何を気を付ければいいの?
  5. 過去に外国人のビザ申請をしたが不受理になってしまった…
  6. 外国人材を活用して企業の業績アップを図りたい方。
  7. 一目で分かるこんな就労ビザ取得のチェックリストが欲しかった!


他社での事例やビザ申請の際に不受理にならないようにまずは押さえておきたい就労ビザ取得のためのポイントを5つにまとめた解説付きの資料です。

就労ビザ取得のためのチェックリスト(無料)のダウンロードはこちらから!

外国人・グローバル人材の採用をお考えの企業様へ

事例

「日本語+英語+さらに語学が堪能な社員の採用」「海外の展示会でプレゼンが出来る人材」「海外向けサービスのローカライズ出来る人材」「海外向けWebサイト構築・集客」など、日本語も堪能で優秀な人材へのお問い合わせが当社に相次いでいます。

他社の外国人採用成功事例はこちらからご覧ください。

ページトップへ戻る
ダウンロードはこちら
ダウンロードはこちら