グローバル採用ナビ

専門学校を卒業しても就労ビザがとれない?

記事更新日:2018年10月01日 初回公開日:2017年10月18日

ビザ(在留資格)
一般的に、就労ビザを取得するには大学や専門学校を卒業している必要がありますが、専門学校卒の留学生で気を付けなければならないのが、卒業していても就労ビザがおりない専攻分野のものがあるということです。

就労ビザ取得のためのチェックリストをダウンロードする

就労ビザが取れない専攻分野がある

 就労ビザの取得要件の最重要ポイントとして、学歴要件があります。学歴要件とは、大学院・大学・短大・専門学校を卒業していなければならないというものです。この学歴要件には、外国人の母国や海外の大学等で取得した学位も含めることができますが、日本語学校のみの学歴だけでは学歴要件は満たしません。そして、専攻していた内容と日本の企業で従事しようとする職務内容に関連性があることが必要になってきますが、審査の面から話をすると、大学以上の学歴がある留学生は、この職務内容との関連性については緩やかに審査されます。一方、専門学校卒の留学生には専攻と職務内容とに関連性があることが強く求められます。そして、専門学校に関しては、すべての専門学校が就労ビザを取得できるものではなく、専門性があるとしても単純労働(ブルーカラー)の仕事と見なされてしまうものや、そもそも現在日本にあるビザ種類に該当しないものがあり、許可がでないものが存在します。その内容を詳しく見ていきましょう。

許可されない専門職はなに?

 例えば、「美容」「ヘアメイク」「調理」「保育士」と言った分野は、専門性はあるのですが、日本にはそれに該当するビザがないのが現状です。介護福祉士については、今年(2017年)の9月から施工された「介護」ビザによって取得が可能になりました。

 美容系の専門学校だと、「美容師・エステティシャン・ヘアメイク」、教育系の専門学校で言うと、「保育士・幼児教育(英語教師としては除く)」等、服飾や家政の専門学校は、「手芸・家政婦」等、製菓・調理の専門学校の場合「洋菓子メーカーの菓子製造部門・シェフの見習い」等、音楽や演劇系の専門学校は「声優」などが考えられますが、これらすべて該当するビザがないので就労ビザを取得することはできません。ちなみに服飾・家政の専門学校を卒業して、デザイナーとして働くのであれば、「技術・人文知識・国際業務」のうち国際業務に該当するので就労ビザの取得は可能です。

学歴として見られる範囲

 この学歴と職務内容の関連性についてですが、最終学籍でリンクしていなくても大丈夫です。例えば、日本に来る前に本国で大学を卒業していて、日本では上記の就労ビザがとれない専門学校を出ていたとしても、本国の大学等で専攻していた内容が職務内容と関係があれば、就労ビザの取得は可能です。外国人留学生は、日本での学歴のみで就労ビザの可否が判断されると勘違いしている方もいて、履歴書に書くのが面倒なので本国での学歴を省いている方もいるので、面接の際に学歴を再確認してみると良いと思います。

注意すべき点

 専門学校には2年制と4年制のものがありますが、考え方としてはどちらも同じです。2年制の専門学校を卒業した場合は“専門士”、4年制の場合は“高度専門士”の学位を取得できますが、4年制だからと言って途中で退学等してしまうと学位をもらえませんので、就労ビザへの変更もすることはできなくなりますので、ご注意ください。

 また学位の考え方ですが、以前取得しているものでも有効ですので、例えば留学生として数年前に日本に来ていたが、現在は本国に戻って仕事をしていたとしても、数年前に取った学位は有効に働きますので、職務内容との関連性が問題なければ就労ビザの取得は可能になります。

さいごに

 専門学校は、大学と比べて厳しく審査されるので、外国人留学生の雇用をする際は事前に専攻の科目を外国人からの口頭だけでなく、成績証明書等で確認しておくとよいでしょう。採用を決めてから、ビザが取れないなどのトラブルを避けるためにも、日本人を雇用する場合よりも丁寧な対応が必要とされます。

外国人・グローバル人材の採用をお考えの企業様へ

事例

「日本語+英語+さらに語学が堪能な社員の採用」「海外の展示会でプレゼンが出来る人材」「海外向けサービスのローカライズ出来る人材」「海外向けWebサイト構築・集客」など、日本語も堪能で優秀な人材へのお問い合わせが当社に相次いでいます。

他社の外国人採用成功事例はこちらからご覧ください。

【無料】就労ビザ取得のためのチェックリストがダウンロードできます!

就労ビザ取得のためのチェックリストダウンロードバナー

グローバル採用ナビ編集部では外国人の採用や今後雇い入れをご検討されている皆様にとって便利な「就労ビザ取得のためのチェックリスト」をご用意いたしました。また、在留資格認定申請書のファイル(EXCEL形式)もこちらよりダウンロード可能です。

こちらのチェックリストはこのような方におススメです!


  • 外国人採用を考えているがビザの申請が心配。
  • 高卒の外国人は就労ビザの申請できるの?
  • どのような外国人を採用すれば就労ビザが下りるの?
  • ビザ申請のために何を気を付ければいいの?
  • 過去に外国人のビザ申請をしたが不受理になってしまった…
  • 外国人材を活用して企業の業績アップを図りたい方。
  • 一目で分かるこんな就労ビザ取得のチェックリストが欲しかった!

  • 他社での事例やビザ申請の際に不受理にならないようにまずは押さえておきたい就労ビザ取得のためのポイントを5つにまとめた解説付きの資料です。

    就労ビザ取得のためのチェックリスト(無料)のダウンロードはこちらから!

    この記事を書いた人

    塩野 豪(しおの ごう)

    行政書士塩野豪事務所の代表。
    外国人ビザ(在留資格)の専門家として活動し、フィリピンやカナダなど外国との繋がりも強い。
    人材紹介会社の外部顧問としても活動している。

    HP:行政書士 塩野豪事務所

    国際結婚特化サイト「ビザプロ」

    ビザ申請相談サイト「ビザプロ就労ビザ」

    お問い合わせ: