グローバル採用ナビ

短期滞在の手続きの流れ

記事更新日:2018年10月22日 初回公開日:2018年03月12日

ビザ(在留資格)
短期滞在(知人訪問・親族訪問・短期商用)の手続きの方法と必要書類、それに伴った注意点をご説明します。

就労ビザ取得のためのチェックリストをダウンロードする

短期滞在の手続きの流れ

短期滞在ビザの申請は、外国人が住んでいる国の日本国大使館に申請をします。就労ビザなどの在留資格の申請は、海外にいる外国人を呼び寄せる場合でも、日本にある入国管理局で行うので間違えないようにしましょう。短期滞在ビザについては、基本的に日本で資料を揃えて、海外にいる外国人に資料を送り、本人が直接日本国大使館で申請する流れになります。その際の必要書類については、国によって変わってきますので、HP等でしっかりと確認をしておきましょう。ネットで“在○○日本国大使館 短期滞在”等で検索をすれば出てくると思います。○○には、外国人の国の名前が入ります。

必要書類について

国によって若干必要書類が異なってきますが、おおよその必要書類について記載します。

【知人訪問または親族訪問】

外国人本人が用意するもの

  • ①パスポート
  • ②ビザ(査証)申請書 ※HPにフォーマットもありますし、日本大使館にも置いてあります。
  • ③申請用写真1枚 4.5cm×4.5cm
  • ④出生証明書
  • ⑤預金残高証明書および所得証明書
  • ※外国人が日本での滞在費を一部でも負担する場合に必要です。

呼ぶ日本人側が用意するもの

  • ①滞在予定表 ※あくまで予定なので、必ずこの通り行動しなければならないわけではありません。
  • ②知人関係を証明する書類 ※LINE等のやりとりを提出するのが一般的です。
  • ③招へい理由書 ※なぜ日本に呼びたいのかを書きます。
  • ④住民票 ※呼ぶ方と身元保証人が違う場合は、それぞれ必要です。
  • ⑤身元保証書 ※道義的身元保証です。詳細は、「短期滞在の種類と身元保証人について」を参照ください。
  • ⑥所得証明書または総所得額の記載がある納税証明書・確定申告書の控え・預金残高証明書のいずれか1点
  • ※身元保証人が外国人の滞在費を一部または全額負担する場合に必要です。
  • ⑦戸籍謄本(親族訪問の場合に必要です)
  • ⑧婚姻証明書(既婚者のみ必要です)

※国によっては「往復の航空券」を事前に用意しなければなりません。

  • 航空券必要な国(抜粋)→ネパール・バングラデシュ・ミャンマー等
  • 航空券が不要な国(抜粋)→中国・フィリピン・タイ等

【短期商用】

外国人本人が用意するもの

  • ①パスポート
  • ②ビザ(査証)申請書 ※HPにフォーマットもありますし、日本大使館にも置いてあります。
  • ③申請用写真1枚 4.5cm×4.5cm
  • ④出張命令書などの書類
  • ⑤在職証明書

呼ぶ企業側が用意するもの

  • ①招へい理由書または活動内容がわかる書類
  • ②申請人名簿(2名以上の申請の場合のみ必要です)
  • ③滞在予定表
  • ④身元保証書 ※基本企業の担当者または社長になっていただきます。
  • ⑤登記簿謄本

注意点について

 短期滞在の申請は、日本で必要書類を揃えて国際郵便で外国の本人のもとに書類を送ることになりますが、海外の郵便事情は日本と違い紛失等が起こりやすい環境です。また予想よりも配送の時間がかかったりもするので、余裕を持って申請準備をすすめるようにしてください。

 また、外国の日本大使館でビザの許可がおりても、100%日本に入国できるわけではありません。その理由はビザ審査の段階では発覚しなかった情報が、日本の空港の入国審査の段階で見つかったなどの場合は、入国を拒否される可能性があるということは予め認識を持っておいたほうがよいです。

 また最後に1点、フィリピン人についてはCFOセミナーという1dayセミナーがあり、これをフィリピン出国前までに受けておく必要がありますので、忘れないようにしてください。

外国人・グローバル人材の採用をお考えの企業様へ

事例

「日本語+英語+さらに語学が堪能な社員の採用」「海外への事業展開を伴走できる人材」「海外向けサービスのローカライズ出来る人材」「海外向けWebサイト構築・集客」など、日本語も堪能で優秀な人材へのお問い合わせが当社に相次いでいます。

他社の外国人採用成功事例はこちらからご覧ください。

【無料】就労ビザ取得のためのチェックリストがダウンロードできます!

就労ビザ取得のためのチェックリストダウンロードバナー

グローバル採用ナビ編集部では外国人の採用や今後雇い入れをご検討されている皆様にとって便利な「就労ビザ取得のためのチェックリスト」をご用意いたしました。また、在留資格認定申請書のファイル(EXCEL形式)もこちらよりダウンロード可能です。

こちらのチェックリストはこのような方におススメです!


  • 外国人採用を考えているがビザの申請が心配。
  • 高卒の外国人は就労ビザの申請できるの?
  • どのような外国人を採用すれば就労ビザが下りるの?
  • ビザ申請のために何を気を付ければいいの?
  • 過去に外国人のビザ申請をしたが不受理になってしまった…
  • 外国人材を活用して企業の業績アップを図りたい方。
  • 一目で分かるこんな就労ビザ取得のチェックリストが欲しかった!

  • 他社での事例やビザ申請の際に不受理にならないようにまずは押さえておきたい就労ビザ取得のためのポイントを5つにまとめた解説付きの資料です。

    就労ビザ取得のためのチェックリスト(無料)のダウンロードはこちらから!

    この記事を書いた人

    塩野 豪(しおの ごう)

    行政書士塩野豪事務所の代表。
    外国人ビザ(在留資格)の専門家として活動し、フィリピンやカナダなど外国との繋がりも強い。
    人材紹介会社の外部顧問としても活動している。

    HP:行政書士 塩野豪事務所

    国際結婚特化サイト「ビザプロ」

    ビザ申請相談サイト「ビザプロ就労ビザ」

    お問い合わせ: