幼稚園でも英語教育は必要か?【プリスクールとインターナショナルスクールの違いは?】

記事更新日:2020年09月16日 初回公開日:2020年09月15日

日本の英語教育 人事・労務お役立ち情報 グローバル経済 用語集
ここ数年、外国人観光客や外資系企業の増加により、グローバル化が促進しています。小学生の英語教育は以前から注目されてきましたが、さらに「幼稚園児の英語学習」について考えている保護者の方は多いのではないでしょうか?実際に英語教育を実施している幼稚園が増加しています。「日本語がままならない状態での英語学習は平気なのか?」「どんな教育をしていくのか?」などの疑問を解消し、幼稚園の英語教育について理解を深めていきましょう。

【無料】就労ビザ取得のためのチェックリストがダウンロードできます!

就労ビザ取得のためのチェックリストダウンロードバナー

グローバル採用ナビ編集部では外国人の採用や今後雇い入れをご検討されている皆様にとって便利な「就労ビザ取得のためのチェックリスト」をご用意いたしました。また、在留資格認定申請書のファイル(EXCEL形式)もこちらよりダウンロード可能です。

こちらのチェックリストはこのような方におススメです!


  1. 外国人採用を考えているがビザの申請が心配。
  2. 高卒の外国人は就労ビザの申請できるの?
  3. どのような外国人を採用すれば就労ビザが下りるの?
  4. ビザ申請のために何を気を付ければいいの?
  5. 過去に外国人のビザ申請をしたが不受理になってしまった…
  6. 外国人材を活用して企業の業績アップを図りたい方。
  7. 一目で分かるこんな就労ビザ取得のチェックリストが欲しかった!


他社での事例やビザ申請の際に不受理にならないようにまずは押さえておきたい就労ビザ取得のためのポイントを5つにまとめた解説付きの資料です。

就労ビザ取得のためのチェックリスト(無料)のダウンロードはこちらから!

就労ビザ取得のためのチェックリストをダウンロードする

幼稚園の英語教育について

グローバル化が進み幼稚園の英語教育が注目されている

幼稚園の英語教育が注目されていることをご存知でしょうか?注目される理由はグローバル化が促進し、日本人でも英語でのコミュニケーションを取ることが求められているからです。また、2020年からは小学校での教育改革・英語教育の強化も実施。企業もTOEICの点数を重視するなど英語の需要が高まっています。大人よりも発達しやすい子供の時期に、英語に触れる事で将来のための学習になると言えるでしょう。

週に2回程度英語を学ぶ幼稚園が増えてきている

幼稚園の英語教育は「どのくらいのペースで学習していくの?」と疑問を抱く方も居るのではないでしょうか。幼稚園ごとに授業ペースは異なりますが、週2回ほどの幼稚園が多いようです。1回の授業で1時間未満の学習なので、英語の学習を通して英語がペラペラ話せるようになるというわけではありません。幼稚園の段階で週に数回英語に触れる事で、英語に慣れます。それにより、小学校以上の英語学習をスムーズに行うことが目的です。

幼稚園の英語教育の内容

英語で歌を歌ったり踊ったりする

幼稚園の英語教育を考える上で「日本語もままならないのに、英語の授業は不安」と考える保護者の方も多いのではないでしょうか?幼稚園の英語教育は、単語や文法を学習すると言った難しい授業ではありません。実際の授業内容は、主に音楽を用いて行われます。英語の音楽に合わせてダンスをしたり、一緒に歌ったりする授業が一般的です。はじめて英語と触れ合う子供でも、十分楽しめる授業になっているようです。

教科書を用いるような学習はしない

幼稚園の英語教育では、小学生のように教科書を活用した授業は行いません。文字の読み書きは、小学生以上になってから学習します。幼稚園の段階で読み書きを学習したい場合は、市販で売っているドリルを活用して学習しましょう。ただし、日本語の読み書きがまだわからない状態で、英語の読み書きを行うことは子供にとって負担になります。「英語嫌い」の原因になりかねないので要注意。子供とよく相談して学習に臨みましょう。

幼稚園から英語教育を行うメリット

「英語脳」「英語耳」が身につく

「英語を日本語に変換するまでに時間がかかる」「一度頭で整理してからでないと英語を理解できない」という方も少なくないはず。理由は「英語脳」と「英語耳」が身に付いていないからです。英語を日本語に変換せずに理解できると、コミュニケーションも円滑に行うことが出来ます。子供の脳は大人の脳と比較すると環境によって変化しやすい事はご存知でしょう。大人になってから「英語脳」や「英語耳」を身に着けようとしても時間がかかります。一方で、子供のうちに英語に触れる事で「英語脳」や「英語耳」が身に付きやすいとされています。

異文化への抵抗がなくなる

島国である日本は他国と比べて、外国人や異文化と触れ合う機会が比較的少ないです。大人になってから、異文化の交流を試みると理解に戸惑う場合があるでしょう。今後さらにグローバル化が促進する事を考えると、異文化交流は必要不可欠。幼少期から異文化と関わる事で、抵抗を減らすことが出来ます。英語を学習していくと必然的に、外国人や異文化交流が盛んになります。英語学習をして異文化交流をする事は、将来の糧になるでしょう。

英語の発音が良くなる

日本人が英語を発音する時、日本人独特の発音になってしまします。口周りの筋肉が日本語の発音に慣れてしまう事が、主な原因です。このように日本語の発音に慣れてしまうと、どうしても「サムライEnglish」と呼ばれる発音になってしまうことも。幼少期から英語の発音に触れる事で、ネイティブのような発音を手にいれる事が出来きます。補足ですが「サムライEnglish」はコミュニケーションをとること自体には支障はありません。

幼稚園から英語教育を行うデメリット

アイデンティティクライシスの可能性が出てくる

アイデンティティークライシスとは、自己認識が混迷する事です。分かりやすく言うと「自分が何者かわからなくなること」です。アイデンティティークライシスは思春期に経験するケースと、環境が大幅に変化したときに経験するケースが大半と言えるでしょう。日本人なのに英語を学習し異文化と触れ合いすぎると、本当の自分を見失う可能性があるので注意が必要です。言語と人生を区別する事が解決策になります。

日本語の習得に支障がでる

まだ日本語が身についていない状態で英語を学習すると、母国語である日本語に支障が出る可能性があります。症状としては、日本語の発音がぎこちなかったり、読み書きが苦手になったりすることも。しかし、その可能性はごくわずかです。両親が英語を話し、友達も英語しか話さない環境だと日本語に影響しますが、英語を学習する程度では支障は出ません。日本語の支障が心配な場合は、家庭内では日本語しか話さないといったルールを定める事で軽減できます。

家庭で家語教育をするには

英語の歌を日常的に流す

幼少期からの英語学習を成功させるためには、日常的に楽しく学習することがコツです。自分自身では覚えようとしていなくても、同じ音楽を聴き続けると何となく覚えていると言った経験はないでしょうか?まずは、英語の発音に聞き慣れる事が大切です。特に初学者の子供にとっては、無理に意味を教えるなどは必要ありません。注意点としては、音楽を聴いているだけで英語が完璧に身に付くわけではないです。英語耳を鍛えるために音楽を活用してみてはいかがでしょうか?

英語のDVDで楽しみながら学習する

DVDを活用する事で、映像を見ながら英語学習をすることが出来ます。好きなタイミングで一時停止や巻き戻しが出来る点もDVDを活用するメリットと言えるでしょう。英語の教育を目的としたDVDでは、単語の意味と発音をレクチャーしてくれるので効果的です。学習用のDVD以外の洋画や海外アニメを見る事も、英語学習に繋がります。DVDを活用する事で楽しく英語に慣れる事が出来ますので、実践してみてはいかがでしょうか?

英語の絵本を読み聞かせ

絵本の読み聞かせも、英語を習得するための効果は絶大です。そもそも読み聞かせは「語彙力」や「読解力」が身に付きます。英語での読み聞かせを理解する事が出来れば、かなり英語が身に付いていると言えるでしょう。しかし、英語での読み聞かせは難易度が高いです。読み聞かせをする側の負担も、考慮しなければなりません。解決策として「読み聞かせ音声付絵本」を活用する事で、読み手の負担を軽減する事が可能になります。

YouTubeなどの動画配信サービスで学習する

YouTubeを日常的に利用している方は多いのではないでしょうか?エンタメとして、面白い動画を視聴するだけでなく、勉強教材としても活用できます。YouTubeは無料で活用できる事。日々動画がアップロードされている事。音声と映像で学習出来る事など様々なメリットが挙げられます。年齢に適している動画を探すことが少し難しいかもしれませんが、「YouTube Kids」を活用すれば、年齢に適した動画を探すことが簡単になりますよ。

幼稚園以外で英語教育を受けるには

幼児英会話教室

英会話を学習するための教室

グローバル化が促進し英語の需要が高まる中で、幼児英会話教室の数も年々増加。実際に講師や友達と英会話でコミュニケーションを取ることで、英会話力が向上します。入会に特別な審査もなく基本的に誰でも参加することが可能。授業内容は「聞く事」「話す事」が中心となっているようです。コースやプランによっては、「読み書き」も学習できます。また、最近ではオンライン英会話教室も充実しているので、自宅で英会話を学習することもできます。

ネイティブ講師のもとで英語学習が出来る

英会話教室はネイティブ講師と英会話でコミュニケーションが取れる事がメリットです。発音やイントネーションだけでなく、ジェスチャーや表情も学習する事が可能。また、日本語を話せる講師もついているので、本当に困っているときは日本語で対応も充実。日本人の英語に慣れてしまうと、ネイティブの発音が分からなくなってしまいます。ネイティブ英語とのコミュニケーションを取りたい場合は、幼児英会話教室を検討してみてはいかがでしょうか?

プリスクール

英語で保育を行う施設

プリスクールとは、未就学児に対して英語の学習を中心とした保育施設の事です。海外と日本で教育制度が異なります。欧米では幼稚園に上がる前の保育園。日本では保育園や幼稚園と同様に扱われる場合もあります。基本的な生活を英会話でこなし、英語に特化したプログラムが組み込まれているのが特徴的。グローバル化の促進によりプリスクールの数は増えてきたものの、まだまだ施設の数は少ないです。プリスクールを探すことが難しいかもしれませんが、英語を習得するには最高な環境です。

豊かな表現力やグローバルな感覚が身につく

プリスクールでは日常的な会話を英会話で行うため、英会話での表現力が豊かになります。その場の感情を英語で表現しなければならないので、必然的に英会話力が身に付くでしょう。また、プリスクールでは外国人の生徒も存在します。幼少期から外国人と携わることで、グローバルな感覚が身に付きます。普通の保育園との併用が可能なプリスクールも多いので、日本の文化にもしっかりと対応できます。認知が低いプリスクールですが、これからのグローバル社会に対応するために入園を検討してみては?

インターナショナルスクールの幼稚部

日本に在住する外国籍の児童のための教育施設

そもそもインターナショナルスクールは英会話を学習するための学校と思っている方も少なくないでしょう。インターナショナルスクールは日本に滞在する外国人向けの学校です。学校の方針も海外の学校と同じプログラムを導入し、日常生活もすべて英語で行われます。基本的な英語能力を身に付けていて、さらに英語力を高めたい方にお勧めできます。英語学習をしたことが無い子供が入学すると、生活についていけない場合もあるので要注意。

抜群の英語力を習得出来る

インターナショナルスクールはすべての生活が英会話。そのため卒業するころには完璧な英会話でコミュニケーションをとることが期待できます。学費は通常の学校よりも高め。それでもレベルの高い英会話能力を身に着けたいと考えるなら、インターナショナルスクールが良いでしょう。日本人でも入学可能なインターナショナルスクールも数多く存在するので、検討してみてはいかがでしょうか?

グローバル化が進んでいます

子どもの意思を尊重しながら英語について考えてみては?

東京オリンピックや外国人労働者の増加など、グローバル化が促進していくスピードが速まっています。将来的に考えても英語を話せると給与が上がったり、職業の選択肢が増えたりとメリットばかりです。しかし注意も必要。子供は自分の意見を上手く伝える事が出来ません。大人の一方的な意見を貫くだけだと、子供が英語から離れていく原因になってしまいます。子供の様子を見ながら英語の教育を進めていきましょう。

外国人・グローバル人材の採用をお考えの企業様へ

事例

「日本語+英語+さらに語学が堪能な社員の採用」「海外の展示会でプレゼンが出来る人材」「海外向けサービスのローカライズ出来る人材」「海外向けWebサイト構築・集客」など、日本語も堪能で優秀な人材へのお問い合わせが当社に相次いでいます。

他社の外国人採用成功事例はこちらからご覧ください。

ページトップへ戻る
ダウンロードはこちら
ダウンロードはこちら