旅人採用とは?【イベントに参加してみよう】

記事更新日:2019年09月11日 初回公開日:2019年09月06日

人事・労務お役立ち情報 採用・求人のトレンド

近年、新しい採用方法が次々と登場しています。今回ご紹介する「旅人採用」もそのひとつで、2018年に誕生したばかりの方法です。採用方法の多角化が進む背景には、雇用のミスマッチや早期離職などに頭を悩ませる企業が増えていることが挙げられるでしょう。従来の採用方法では、企業が望む優秀な人材を確保しづらくなっているのです。そして今、旅人に特化した旅人採用が、このような課題を解決してくれる方法として注目を集めています。なぜ、旅人採用が話題となっているのか、そのメリットや成功のポイントなどをご紹介していきます。

就労ビザ取得のためのチェックリストをダウンロードする

旅人採用とは

旅人に特化した採用方法

旅人採用は、旅人に特化して採用や求人を行う新しい採用方法です。旅の経験を活かして仕事をしたい求職者と、旅人の経験に好感を持つ企業のマッチングを行います。旅人採用が注目されるきっかけは、2018年3月に旅人のための就活・転職支援サービス「旅人採用」がスタートしたことでしょう。旅をテーマに事業展開する「株式会社TABIPPO」とバイトアプリ事業を行う「株式会社ダイブ」が共同で立ち上げました。また最近では、旅人求人を集めたクラウドソーシング型サイトをスタートさせた新しい企業も登場し、旅人採用がますます盛り上がっています。

旅人のための就活支援

旅人採用の特徴は、履歴書に載らないような旅のチャレンジや経験に焦点を当て、求職者主導で採用を進めていくことです。従来の企業主導の採用方法とは異なる、旅人採用ならではのユニークな点でしょう。そこで重要な役割をするのが、カウンセラーです。就活・転職支援サービス「旅人採用」では、海外経験豊富な専任カウンセラーの丁寧な就活支援が求職者に評判です。旅に出たことで生じる就職や転職への不安や悩みを払拭し、旅の経験をビジネススキルに変える二人三脚のサポートが支持を得ています。

旅人採用が注目される理由

旅の経験がビジネス戦力になる

旅人採用が注目される最大の理由は、旅人のスキルがビジネスで大きな戦力となることです。旅人は、旅の中で自発的に問題解決やプラニング、多人種との会話などを通して自然と社会的スキルを身につけます。行動力や決断力、企画力、コミュニケーション能力などが挙げられるでしょう。このような旅人の人間力は、まさに企業が採用したい人材像と合致しているのです。旅人採用は、履歴書ベースの日本の就職活動で見落とされがちな優秀な人材を発掘する方法として、今後ますます注目されていくでしょう。

多様な価値観

旅人採用が注目される理由に、旅人の持つ多様な価値観も挙げられます。世界のグローバル化が進む現代で、国際的な感覚や様々な価値観を受け入れる力はますます重要となります。また、あらゆる事に柔軟に対応できる力も必要でしょう。このような能力を、旅人は旅の中で養います。それは、海外ではあらゆる価値観を受け入れざるを得ないからです。世界の価値観を知る旅人の強みは、どのような状況でもビジネス展開に大きな風穴を開けてくれるでしょう。

旅人採用がもたらすメリット

グローバルな価値観を持つ人材の確保

旅人採用を行うメリットは、グローバルな価値観を持つ人材を確保できることです。今やビジネスのフィールドは、全世界の国々です。世界で戦っていくには、世界を知り多様な価値観を持つ人材が必要となってくるでしょう。これは、日本にいるだけでは身につけられないスキルです。旅人が、世界を見聞きして得た多角的かつ柔軟に物事を捉えることができる力は、ビジネスチャンスにも繋がります。新しい展開を模索する企業、国際的に事業展開をする企業に大きなメリットがあるでしょう。

実力のある人材を採用できる

旅人採用には、実力のある人材を採用できるメリットもあります。少子高齢化や労働力人口の減少によって、優秀な人材を獲得するための競争は年々加速。企業はあらゆる手法で採用活動を行っても納得のいく人材確保が難しくなっています。旅人採用には、履歴書上の知識や経歴の優秀さだけでなく、決断力やプランニング力などビジネスの即戦力となる実力を持つ求職者が集まっています。そのため、会社を動かす原動力となる人材に最短で出会えると言えるでしょう。

一般採用で外れた学生に出会える

さらに旅人採用では、一般的な就職活動期間で拾えなかった優秀な学生と出会えるメリットも挙げられるでしょう。旅好きな学生の中には、大学を休学して旅行や留学をしている人も大勢います。彼らの多くは、帰国時に就職情報が不足しており満足な就職活動ができなかったり、そもそも一般的な就職活動期間に間に合わなかったりという場合がほとんどです。学生一人ひとりに合わせた採用を行う旅人採用であれば、一般的な就職活動で出会えなかった優秀な人材を発掘することができます。

旅人採用の主な種類・タイプ

マッチング型

旅人採用で最も人気の高いタイプは、マッチング型です。株式会社TABIPPOが運営する就職支援サービス「旅人採用」がこのタイプです。マッチング型の最大の特徴は、専属カウンセラーの存在でしょう。カウンセラーは全員旅人であるため、求職者と同じ目線に立って就職や転職をサポートしてくれます。また、カウンセラーは企業の課題や採用条件も丁寧にヒアリングし、企業にとってベストな人材を提案してくれます。そのため、このタイプは旅人採用に魅力を感じる企業であれば業種に関わらずおすすめです。

クラウドソーシング型

2つ目のタイプは、クラウドソーシング型です。クラウドソーシング型は、WEB上で求人を公開して業務を委託する方法です。例えば、旅人求人を集めたサイト「SAGOJO」が有名です。クラウドソーシング型の強みは、必要な時に適した人材に仕事を委託できることです。クラウドソーシング型の求人では、主に記事執筆や写真撮影などのコンテンツ制作が募集されています。そのことから、旅行業やIT系、出版などにおすすめのタイプと言えるでしょう。

契約・アルバイト型

契約・アルバイト型は、一定の期間限定で人材を採用する方法です。契約・アルバイト型の強みは、人手が欲しい期間にのみ人材を確保できることです。そのため、労働需要に波のあるリゾート地や温泉地、観光関連の企業におすすめでしょう。旅人は、インバウンド需要への対応力やコミュニケーションに長けているため即戦力となります。このタイプには、リゾートバイト専門サイト「みんなのリゾートアルバイト」が挙げられます。また、求職者からもスキルアップや人脈作りになると人気を集めています。

旅人採用の成功の秘訣と対策

成功の秘訣1:人材ニーズを明確にする

旅人採用で優秀な人材を確保するには、まずどのような人材を採用したいのかを明確にしておくことが大切です。そのためには、採用担当者だけではなく現場社員の意見に耳を傾けましょう。その上で、マッチング型のようにカウンセラーがいる場合には、しっかりと人材のニーズを細かな点まで伝えることが重要です。サービスに登録している旅人にも、一人ひとり得意不得意や個性が異なります。企業が欲しい人材を細部まで把握することで、ニーズにピッタリの人材を見つけることができます。

成功の秘訣2:イベントに参加する

旅人採用に関心はあるけれど、本当に望む人材と出会えるのだろうか?そんな悩みを抱える企業は、まずイベントに参加するところから始めてみるのがおすすめです。例えば、株式会社TABIPPOでは旅人採用に関する説明会やトークショーなどを不定期で開催しています。このようなイベントに参加して参加者と触れ合ってみてください。参加者の雰囲気が会社の社風に合っているかを確かめることもできるでしょう。また、旅人採用の多くは成果報酬制度をとっているため、初期費用もかからないので気軽に始めることができます。

成功の秘訣3:社内の旅人社員に相談する

もし社内に旅好きな若手社員がいるならば、まずは彼らに話を聞き相談してみるのもおすすめです。旅で得た経験とはどんなものか、それがどう仕事で生かされているかなどを聞いてみてください。旅人採用を導入したら、どのようなスキルを持った人材を獲得できるかを想像することができるでしょう。また、旅好きな社員の仕事ぶりや評価を同じ現場の社員に尋ねるのもひとつの手です。これまでの採用方法がうまくいかないと悩んでいる企業は、ぜひ旅人採用の導入を検討してはどうでしょうか。

成功の秘訣4:焦らない

旅人採用を行う場合、採用までにはある程度の期間が必要になります。特にマッチング型では、求職者の登録やカウンセラーのヒアリングなどに時間がかかります。そのため、すぐに採用したい、何人も一度に採用したいという場合には向いていません。このような場合は、一般的な就職期間での採用や転職サイトなどを利用するのがよいでしょう。旅人採用では、時間がかかっても優秀な人材を採用したいという強い気持ちが必要です。焦らずにじっくり進めていくことがポイントです。

対策1:デメリットも理解する

ここまで旅人採用のメリットを中心にご紹介してきましたが、もちろんデメリットもあるので理解しておきましょう。例えば、旅人採用では求職者の希望職種が偏る傾向があります。クリエイティブな仕事は人気ですが、製造業などではなかなかマッチングが厳しい傾向にあります。また、クラウドソーシング型や契約・アルバイト型では、応募がない、希望に沿った応募者になかなか出会えないといった場合もあります。これらのデメリットも踏まえて、旅人採用を導入すべきかどうか社内で検討しましょう。

対策2:実績をしっかり確認する

人材採用を行う場合、求職者の人となりを知るために職務経歴や実績を確認することはとても重要なポイントです。旅人採用においては、特にクラウドソーシング型で求人を行う場合には実績をしっかりと確認するべきでしょう。というのも、全国の旅人へ募集をかけられる反面、実際に会って採用を決める機会はほとんどないからです。そのため、必ず応募者の実績を比較検討し、貴社が求めるスキルがあるのかどうかを見極めなければなりません。対策としては、事前にコミュニケーションを重ねたりこれまでの成果物を提出してもらったりすることがおすすめです。

対策3:採用前に職場体験してもらう

マッチング型や契約・アルバイト型の旅人採用を導入する場合、求職者との接点は履歴書や面接がほとんどです。早く働いてもらいたいと思う気持ちもわかりますが、ぜひ内定を出す前に採用予定者に職場の雰囲気や仕事内容を実際に体験してもらうのがよいでしょう。採用担当だけでなく現場社員と触れ合うことで、採用予定者も現場社員も採用後の具体的なイメージを持つことができます。また、現場社員からの意見を聞くことで、現場に適した人材かどうかが判断できます。雇用のミスマッチを防ぐ効果も期待できるでしょう。

旅人採用で優秀でグローバルな人材を確保

今回は、旅人に特化した「旅人採用」についてご紹介しました。旅人が実体験を通して得た多様な価値観や行動力、コミュニケーション能力などは、教育だけでは身につけられないものです。ビジネスのグローバル化が進む現代において、旅で培った経験や能力をビジネス戦力と評価する旅人採用は、今後ますます注目を集めるでしょう。採用方法に悩んでいる企業や優秀な人材となかなか出会えないという企業は、きっと旅人採用なら活躍が期待できる優秀な人材に出会えるはずです。

外国人・グローバル人材の採用をお考えの企業様へ

事例

「日本語+英語+さらに語学が堪能な社員の採用」「海外の展示会でプレゼンが出来る人材」「海外向けサービスのローカライズ出来る人材」「海外向けWebサイト構築・集客」など、日本語も堪能で優秀な人材へのお問い合わせが当社に相次いでいます。

他社の外国人採用成功事例はこちらからご覧ください。

【無料】就労ビザ取得のためのチェックリストがダウンロードできます!

就労ビザ取得のためのチェックリストダウンロードバナー

グローバル採用ナビ編集部では外国人の採用や今後雇い入れをご検討されている皆様にとって便利な「就労ビザ取得のためのチェックリスト」をご用意いたしました。また、在留資格認定申請書のファイル(EXCEL形式)もこちらよりダウンロード可能です。

こちらのチェックリストはこのような方におススメです!


  1. 外国人採用を考えているがビザの申請が心配。
  2. 高卒の外国人は就労ビザの申請できるの?
  3. どのような外国人を採用すれば就労ビザが下りるの?
  4. ビザ申請のために何を気を付ければいいの?
  5. 過去に外国人のビザ申請をしたが不受理になってしまった…
  6. 外国人材を活用して企業の業績アップを図りたい方。
  7. 一目で分かるこんな就労ビザ取得のチェックリストが欲しかった!


他社での事例やビザ申請の際に不受理にならないようにまずは押さえておきたい就労ビザ取得のためのポイントを5つにまとめた解説付きの資料です。

就労ビザ取得のためのチェックリスト(無料)のダウンロードはこちらから!

抽選で100名様にamazonギフト500円分が当たるアンケートキャンペーン実施中!

外国人採用に関するアンケートに答えて抽選で100名様にamazonギフト500円分プレゼント!

アンケートご回答の対象は日本国内の法人にお勤めの方(外資系の方も可)で採用に携わる業務を行っている方にお伺いいたします。このアンケートの結果は集計の後、グローバル採用ナビのコンテンツ、プレスリリースに利用させていただきます。会社名、お名前は公開いたしません。なお、抽選の結果は発送をもってかえさせていただきます。

ページトップへ戻る
ダウンロードはこちら
ダウンロードはこちら