就労ビザにおける期間と更新のポイント【無駄な費用や手間をかけない方法】

記事更新日:2020年02月21日 初回公開日:2019年12月09日

ビザ(在留資格)について ビザ(在留資格)
就労ビザには3月、1年、3年、5年の在留期間があり、在留期限を迎えるごとに更新申請をしなければなりません。この更新申請の頻度を減らすために、3年や5年の長いビザを取るためにはどのような点に気を付ければよいのでしょうか。

就労ビザ取得のためのチェックリストをダウンロードする

在留期間について

 現在、一般的な就労ビザである技術・人文知識・国際業務の在留期間は「3月」「1年」「3年」「5年」の4種類ございます。この在留期間は就労ビザの取得申請時に希望年数を記載することになりますが、必ずしも希望の年数が認められるわけではありません。原則として法務省が示している審査要領に従って審査され、地方出入国在留管理局によって在留期間が決定されることになります。

在留期間はこうやって決まる

 上記で在留期間は申請を出した地方出入国在留管理局にて決定されるとお話しましたが、具体的にどのような方針で決めているのかを見ていきましょう。

【おおまかな基準】
①会社の規模感
②外国人本人にある届出義務を守っているか

まず、何よりも大切になってくるのが上記の2つの考え方です。まず入管法では会社の規模に応じてカテゴリー1~カテゴリー4までを区分しており、カテゴリー1に該当する上場企業や給与所得の源泉徴収票等の法定調書合計表の額が1,500万円以上のカテゴリー2企業などの大企業の方が5年などの在留期間を取得できる可能性は大きくなります。カテゴリー3やカテゴリー4の企業でも5年の在留期間を取得できないことはないですが、いきなり5年の在留期間をもらうことは難しく、まず3年の在留期間を取得できた後、外国人本人の日本での滞在が5年以上あることなどの条件のもと5年の在留期間がもらえることになります。続いて上記②のすでに日本にて生活している外国人においては、外国人本人の今までの在留状況に加えて入管が定めている届出の義務についてしっかり守っているかなど外国人本人についての要件もございます。この届出義務は入管からアナウンスがあるわけではないので、外国人本人が入管法についてしっかりとアンテナをたてて行動することが必要になります。
続いて3年の在留期間については、就労予定期間が1年以上3年未満であることに加え、上記と同じく外国人の届出義務の履行についても審査されます。そして会社規模がカテゴリー3に当てはまる場合が3年の在留期間に該当しますが、カテゴリー2や1であったとしてもその他の条件が満たされていないと3年の在留期間に決定されることになります。
 1年の在留期間については、カテゴリー4に該当する企業または個人にて働く場合または就労期間が1年以下の場合に決定されます。またその他、外国人に実際に行ってもらう仕事内容が希望している在留資格(例:技術・人文知識・国際業務)に該当するかどうか1年に1回確認する必要があったり、入管の方で慎重な審査が必要であると判断された場合に1年の在留期間が交付されます。
 最後に3月ですが、これは長期で就労しようとした場合には交付されず、就労予定期間が3か月以下の場合にのみ適用され、3か月以上1年未満の場合には、1年の在留期間が交付されることになります。

まとめ

 就労ビザの審査は基本的に企業の体力や規模感・納税状況・職務内容など7・8割ほどは会社側の審査となります。外国人本人の就労ビザだとしても、企業の協力が得られないと長い在留期間の就労ビザを取得できなく、1年後にまた更新の手続きをしなくてはいけないなど、結果的に企業にとっても手間が増えてしまうことになってしまいます。外国人採用は今後増えてくると思いますので、採用後の管理も含めて会社としても就労ビザ含めて外国人労働者についての知識を深めていくことは大切になっていきます。

外国人・グローバル人材の採用をお考えの企業様へ

事例

「日本語+英語+さらに語学が堪能な社員の採用」「海外の展示会でプレゼンが出来る人材」「海外向けサービスのローカライズ出来る人材」「海外向けWebサイト構築・集客」など、日本語も堪能で優秀な人材へのお問い合わせが当社に相次いでいます。

他社の外国人採用成功事例はこちらからご覧ください。

【無料】就労ビザ取得のためのチェックリストがダウンロードできます!

就労ビザ取得のためのチェックリストダウンロードバナー

グローバル採用ナビ編集部では外国人の採用や今後雇い入れをご検討されている皆様にとって便利な「就労ビザ取得のためのチェックリスト」をご用意いたしました。また、在留資格認定申請書のファイル(EXCEL形式)もこちらよりダウンロード可能です。

こちらのチェックリストはこのような方におススメです!


  1. 外国人採用を考えているがビザの申請が心配。
  2. 高卒の外国人は就労ビザの申請できるの?
  3. どのような外国人を採用すれば就労ビザが下りるの?
  4. ビザ申請のために何を気を付ければいいの?
  5. 過去に外国人のビザ申請をしたが不受理になってしまった…
  6. 外国人材を活用して企業の業績アップを図りたい方。
  7. 一目で分かるこんな就労ビザ取得のチェックリストが欲しかった!


他社での事例やビザ申請の際に不受理にならないようにまずは押さえておきたい就労ビザ取得のためのポイントを5つにまとめた解説付きの資料です。

就労ビザ取得のためのチェックリスト(無料)のダウンロードはこちらから!

この記事を書いた人

塩野 豪

(しおの ごう)

行政書士塩野豪事務所の代表。
外国人ビザ(在留資格)の専門家として活動し、フィリピンやカナダなど外国との繋がりも強い。
人材紹介会社の外部顧問としても活動している。

HP:行政書士 塩野豪事務所
国際結婚特化サイト「ビザプロ」
ビザ申請相談サイト「ビザプロ就労ビザ」

新型コロナウィルスの影響による外国人採用に関するアンケート

アンケートにご回答いただいた方の中から100名様にamazonギフト500円分プレゼント中

アンケートご回答の対象は日本国内の法人にお勤めの方(外資系の方も可)で採用に携わる業務を行っている方にお伺いいたします。このアンケートの結果は集計の後、グローバル採用ナビのコンテンツ、プレスリリースに利用させていただきます。会社名、お名前は公開いたしません。

ページトップへ戻る
ダウンロードはこちら
ダウンロードはこちら