クリティカルシンキングとは【ビジネス活用のやり方や注意点をご紹介します】

記事更新日:2021年09月16日 初回公開日:2021年03月11日

用語集 外国人採用・雇用 人事・労務お役立ち情報 グローバル用語解説
経済の波を乗り越え、安定成長を続ける企業といえども、油断はできません。どのような企業でも、常に経験したことのない環境変化に即応していかなければなりません。そこで注目された手法がクリティカルシンキングです。クリティカルシンキングは問題点を偏見なく徹底的に客観的に分析し、それまでにない新しい解決策を見出すという画期的な方法なのです。教育界で誕生し、ビジネスの世界で用いられるようになりました。ビジネスマンの問題解決に有効な方法であるクリティカルシンキングについてここで取り上げてみました。

就労ビザ取得のためのチェックリストをダウンロードする

クリティカルシンキングとは

感情や主観に流されず物事を判断するプロセス

クリティカルシンキングは、直訳すると批判的思考となります。それは感情や主観に流されずに物事を判断しようする思考プロセスのことです。自分の考えや意見に客観性を持たせるための手法であり、アメリカの教育界で広がりました。クリティカルシンキングでは、物事について考える際「なぜなのか」、「本当に正しいか」といった第三者的な問いを行います。この手法は教育の世界だけではなく、ビジネスの世界でも注目されているのです。

客観的な判断や決断ができるようになる

知識の詰め込み教育の反省、つまり与えられたものを鵜呑みにする方法の見直しとして、クリティカルシンキングが誕生。そしてビジネス界でもその効果が評価され導入されました。クリティカルシンキングにおける「批判」は、必ずしも否定を意味するでのはありません。重要なのは、「なぜ」「どうして」「本当なのか」といった疑問を常に忘れないことです。クリティカルシンキングにより、客観的な判断や決断ができるようになるのです。

クリティカルシンキングとロジカルシンキングの違い

ロジカルシンキングは物事を筋道立てて考えること

クリティカルシンキングと並んで有名な思考法が、ロジカルシンキングです。一見よく似ているように見受けられますが、両者には明確な違いがあります。ロジカルシンキングとは、ある問いを立て、根拠を用いて論理的に結論を導き出すものです。問いについて得られた結論の根拠見出す一方向の論理となります。それに対して、何度も何度も結論や根拠、問いについても疑問視し、より精度の高いものに仕上げていくのがクリティカルシンキングです。

クリティカルシンキングは批判的思考で本質を見極めること

クリティカルシンキングでは、物事について考える際、「なぜなのか」「本当に正しいか」といった批判的な問いを行います。自分の意見に対して、「間違っているかもしれない」という批判的な視点を持ち続けることで、より実践的な意見へと近づけていくことができます。クリティカルシンキングにおける「批判」は、対象を否定することではありません。重要なのは、「なぜ」「どうして」「本当なのか」といった疑問を忘れないことです。

クリティカルシンキングが注目される理由

価値観が多様化し正解が一つではなくなっているから

ビジネスの世界でクリティカルシンキングが注目されるようになった背景に、価値観の多様化があります。人々が異なる考え方や価値観を持つようになり、これまで正しいと考えられてきたものが、通用しなくなることが頻繁に起こるようになりました。1つの基準に合わせているだけでは、ビジネスを成功させることはできなくなっています。こうした時代の変化のなかで、本質を見極める思考法であるクリティカルシンキングが重要性を増しているのです。

常に変化する時代になっているから

ビジネス環境が目まぐるしく変化する中で、経営努力を怠り、あぐらをかいているとどうなるでしょうか。新たな技術開発に乗り遅れたり、異業種や海外企業などの参入により不測の事態に陥ったりすることも考えられます。昨日まで軌道に乗っていた事業やビジネスが、明日も順調だという保証はどこにもないのです。変化についていくためには、クリティカルシンキングによって問題点を洗い出し、対策を練り実行することで企業体質強化を図る事です。

クリティカルシンキングのビジネス活用

営業は顧客が何を求めているか見抜く

クリティカルシンキングのビジネス活用の例として、例えば営業の課題である顧客満足の向上というテーマを考えてみましょう。売上増は、必ずしも顧客訪問頻度や広告の露出度に比例するわけではありません。顧客は第一に不満や不安を取り除いてもらえることに代価を支払うのであって、営業は、顧客の抱える問題・課題を解決する「問題解決業」なのではないでしょうか。このような問題解決にこそ、クリティカルシンキングが役に立ちます。

人事は主体的な社員を育てる

クリティカルシンキングは、課題に対して周りの意見や前例にとらわれず、本質を見抜いて最適な解決策を導き出すための方法です。クリティカルシンキングを社員に訓練させることで、主体的な社員を育てることが可能になります。主体的な社員を育てることで、会社はこれまで気が付かなかった課題や選択肢の発見ができるようになるのです。新しい角度から課題を見つめ、正しい情報を取捨選択ができる社員は会社にとって財産といえるでしょう。

クリティカルシンキングのメリット

問題解決能力が身に付く

一般論ですが、問題の解決方法としてどれだけ素晴らしい方法に見えたとしても、何らかの欠陥や不足があるものです。しかし、そうした「足りない部分」を補い、優れた方法に変えていくことはできます。クリティカルシンキングによって、物事や意見の矛盾や漏れを見つけ出すことができ、無駄な議論や余計な情報を切り離すことで、議論が簡潔にもなります。クリティカルシンキングには、問題解決能力が身に付くというメリットがあります。

物事の本質を見極めることができる

クリティカルシンキングによって、「なぜこうなっているのか」「これは本当に正しいのか」といった疑問を持つことで、主観的ではなく、客観的な考えを持てるようになります。また、実際には必要のない論拠やデータを取り除き、本当に重要な情報だけを取り出すことにも役立ちます。不要な情報を減らすことができれば、議論や意見を本質的なものへと近づけることが可能に。クリティカルシンキングは、物事の本質を見極める思考プロセスなのです。

新たな発想を思いつくことができる

クリティカルシンキングでは、ある意見や考え方について疑問を投げかけます。例えば、社員の残業が増えた場合に、単純に人員増で対応するのではなく、作業の効率化に目を向けたり、作業そのものの要否判断するなど。現状のあり方に疑問を呈し、そのままでは1つの対応策しかないと思える問題に、新しい発想で解決法を見出せる可能性があるのです。新しい選択肢が必ずしも最良の答えとは限りませんが、それぞれを比較することでより望ましい結果を導くことができるでしょう。

間違っていた時にすぐに方向転換できる

クリティカルシンキングを実践する上で、重要な要素は「問い続ける」という点です。目の前の問題を解決するために思考し、そこから行動をしたなら、「本当にこの方法が最善だったか」「どこかに間違いはなかったか」を考えることも重要です。こうすることで間違っていた時にすぐに方向転換ができます。絶え間なく変化するビジネスの世界では、1つの課題を解決しても、すぐに別の課題が見えてくるケースも珍しくありません。「問い続ける」ことが、より良い結果を生むのです。

クリティカルシンキングの注意点

批判的思考は「否定」ではない

批判的思考というものは、決して何かの物事を否定しようとする営みではありません。課題に疑問を投げかけて、より本質的な事柄に歩み寄ろうとする思考法なのです。クリティカルシンキングの特徴には、「本来考えるべき課題を押さえる」、「論理の前提を疑う」、「思考の偏りに気づく」といった要素があります。たとえば、教育法の見直しといったテーマの場合、「そもそも人は教育されるべきものなのか?」といった根幹から考えて、本質に迫っていくことも重要なことなのです。

思考だけでなく「どう実践するか」意識する

クリティカルシンキングを進めていくには、まずゴール(目標地点)を明確にします。目の前の問題点に対して、何をいつまでに達成したいかというようなことですね。次は現状分析ですが、目標達成のために現状の細部を調査し、そこで解決したい課題を見つけ出します。そこで現状とゴールとの乖離点などを探ります。ここまでは主に思考のプロセスといえるでしょう。そのうえでアクションプランの作成なのですが、「どのように実践していくか」を意識しながらプランニングを行います。

クリティカルシンキングに関する本

グロービスMBAクリティカル・シンキング

論理思考の解説本をいくつか紹介します。まずグロービスMBAクリティカル・シンキングですが、著者は仕事の生産性を上げるために何が必要かという観点で現場観察を続けました。その結果、ビジネスマンが仕事を進めていくうえでクリティカルシンキングを役立てる方法を説いています。具体的には、テクニックを含む論理思考の方法論と正しく思考するための心構えについて解説。これらを組み合わせて、ビジネスにおいて、物事を正しい方法で正しいレベルまで考える方法を解説しています。

実践型クリティカルシンキング

次に「実践型クリティカルシンキング」という本ですが、この思考法を、3ステップに分けて授業形式で演習を交えながら紹介しています。①目指すものを定義する②何が問題なのかクリアにする③打ち手を考える、となります。とことん考え、何度もやり直し、なんとかして自分の納得する答えにたどり着く、「自ら考える力」を鍛え抜くことが必要と説いています。そして、考える力こそが絶対的な正解のない激動の21世紀を生き抜いていくために必要なスキルなのであると解説しています。

図解ポケット クリティカル・シンキングがよくわかる本

クリティカル・シンキングはスタート時点で課題がはっきりしない問題に使われることが多いといえます。それで問題解決への全体設計に重きを置いているのです。「クリティカル・シンキングがよくわかる本」は、クリティカル・シンキングの思考法からツールの使い方から始まります。そしてビジネスに活用する手法までを図表を使いながらわかりやすく解説した入門書です。表面にあらわれていない問題や課題を分析する解説を、初心者にもわかり易いようにビジュアル化されています。

まとめ

クリティカルシンキングで本質を見抜く力をつけよう

ビジネスに有用といわれるクリティカルシンキング。ここまで見てきたように、なかなか奥深く、身につけるには長い時間のかかるものではないでしょうか。しかし、クリティカルシンキングを実践できるようになれば、思考力は一段とアップするはずです。ロジカルシンキングと合わせて、ビジネス上の問題点を解決していくには、本質に近づいた議論を展開しなければなりません。ぜひ、クリティカルシンキングを実践して、ビジネス上の問題解決法の本質を見抜く力をつけましょう。

外国人・グローバル人材の採用をお考えの企業様へ

事例

「日本語+英語+さらに語学が堪能な社員の採用」「海外の展示会でプレゼンが出来る人材」「海外向けサービスのローカライズ出来る人材」「海外向けWebサイト構築・集客」など、日本語も堪能で優秀な人材へのお問い合わせが当社に相次いでいます。

他社の外国人採用成功事例はこちらからご覧ください。

【無料】就労ビザ取得のためのチェックリストがダウンロードできます!

就労ビザ取得のためのチェックリストダウンロードバナー

グローバル採用ナビ編集部では外国人の採用や今後雇い入れをご検討されている皆様にとって便利な「就労ビザ取得のためのチェックリスト」をご用意いたしました。また、在留資格認定申請書のファイル(EXCEL形式)もこちらよりダウンロード可能です。

こちらのチェックリストはこのような方におススメです!


  1. 外国人採用を考えているがビザの申請が心配。
  2. 高卒の外国人は就労ビザの申請できるの?
  3. どのような外国人を採用すれば就労ビザが下りるの?
  4. ビザ申請のために何を気を付ければいいの?
  5. 過去に外国人のビザ申請をしたが不受理になってしまった…
  6. 外国人材を活用して企業の業績アップを図りたい方。
  7. 一目で分かるこんな就労ビザ取得のチェックリストが欲しかった!


他社での事例やビザ申請の際に不受理にならないようにまずは押さえておきたい就労ビザ取得のためのポイントを5つにまとめた解説付きの資料です。

就労ビザ取得のためのチェックリスト(無料)のダウンロードはこちらから!

ページトップへ戻る
ダウンロードはこちら
ダウンロードはこちら