グローバル採用ナビ

日本のサービス産業が海外進出で成功する3つのポイント

記事更新日:2018年10月11日 初回公開日:2017年08月31日

外国人採用・雇用
日本のサービス産業の水準は世界最高水準と言われています。日本に来る外国人もその統一されたサービス水準にいつも驚いています。しかし、世界最高水準だからと言ってそのまま海外進出の現場でも通用するとは限りません。今回はそんな日本のサービス産業海外進出で成功するためのポイントを3つ紹介します。海外進出を検討されている貴社は必見です。

就労ビザ取得のためのチェックリストをダウンロードする

ポイント1 入念な事前調査

 まず、進出をしようとする国の選定から入念に行うべきでしょう。漫然と「このマーケットは伸びそうだ。」という理由だけで進出してしまっては、投資が無駄になってしまうリスクが高まってしまいます。少なくとも押さえるべきポイントを紹介します。

生産年齢人口

 20代の人口比率は必ず押さえるべきです。将来の消費の担い手となってくれる人口層なので、この比率がターゲットとしている比率よりも低くなってしまっている国には消費需要が望めないと判断すべきでしょう。例えば、インドやベトナムは人口の半分が20代なので、消費が見込めると判断しても良いと考えられます。

実質GDP

 一人当たりのGDPも重要なパロメーターになります。人口は多くても一人当たりのGDPが低くては需要が見込めないからです。自社のターゲットが富裕層なのか、中間層なのか、BOP層なのか見極めるべきでしょう。自社サービスのレンジに合わない国にサービスを投入しても消耗戦になるだけです。

政治動向

 政治と経済は切り離して考えてもいいのではないかと考える人も多いでしょうが、政治と経済は密接に関連しています。政治情勢が不安定な国に行っても消費どころではなく、自社サービス展開もままならないことも多いです。しかも政治が不安定な国に人員を投入するにも、赴任を嫌がる社員も増え、危険手当などの追加費用も掛かってしまいます。それゆえに、政治情勢は冷静に見極めて今後どんな政治体制になっていくかを分析しましょう。

ポイント2 グローバル人材の登用

 続いて、グローバル人材の登用は不可欠になってくるでしょう。日本語しか話せない・日本の文化にしか適用できない人材を投入したところで、海外マーケットでは通用しません。むしろ現地から追い出されてしまいます。そのためにも、グローバル人材の採用は喫緊の課題と言えるでしょう。採用すべきグローバル人材の要件はこちらになります。日本語ないし英語でコミュニケーションの取れる留学生も該当します。

語学力

 語学力は言わずもがなです。いくら異文化理解ができようとも、現地の人とコミュニケーションが取れなければ意味がないです。最低でも英語だけはコミュニケーションに支障が無いレベルの人材を採用しましょう。

異文化理解

 日本人に多いのが、自国文化を当たり前だとして、他の文化を尊重しない姿勢です。これでは進出先から総スカンを食らってしまうので、異なる文化に対して貪欲に学び、現地化できる人材が必要でしょう。

タフネス

 異国で健康に生活できていけるだけのメンタルタフネスがないと、いくら語学堪能でも難しいでしょう。

 

外国人留学生の採用、サービス実績はこちら

ポイント3 サービスのローカライズ

 最後に、サービスのローカライズも必要になるでしょう。文化や宗教的な問題を無視して日本品質で良いと勘違いしていては現地に受け入れられません。事前に入念な調査をして、どんな品質でなら受け入れられ、価格帯も他社とバッティングしないか確認しましょう。そのためにも、現地採用スタッフに合った会社の制度運用も必要になるでしょう。日本のやり方を絶対と捉えるのではなく、上手く現地に合わせるのです。

ローカライズの例

イスラム教向けの飲食サービス

豚を絶対に使わないで、ハラール認証を取る。店内にも豚を使っていないことを証明している。

ベジタリアン向けのメニューを組んでいる

インド等で宗教的な理由からベジタリアンになっている人向けに動物を一切使用しない料理を提供。

まとめ

 ここまでサービス産業海外進出についてポイントをまとめましたが、重要なのは現地のことを深く知り、理解の上で必要な施策と人員を投入することです。闇雲に進出しても意味がないです。本コラムを効率的な海外進出のヒントとしてもらえれば幸いです。

外国人・グローバル人材の採用をお考えの企業様へ

事例

「日本語+英語+さらに語学が堪能な社員の採用」「海外の展示会でプレゼンが出来る人材」「海外向けサービスのローカライズ出来る人材」「海外向けWebサイト構築・集客」など、日本語も堪能で優秀な人材へのお問い合わせが当社に相次いでいます。

他社の外国人採用成功事例はこちらからご覧ください。

【無料】就労ビザ取得のためのチェックリストがダウンロードできます!

就労ビザ取得のためのチェックリストダウンロードバナー

グローバル採用ナビ編集部では外国人の採用や今後雇い入れをご検討されている皆様にとって便利な「就労ビザ取得のためのチェックリスト」をご用意いたしました。また、在留資格認定申請書のファイル(EXCEL形式)もこちらよりダウンロード可能です。

こちらのチェックリストはこのような方におススメです!


  • 外国人採用を考えているがビザの申請が心配。
  • 高卒の外国人は就労ビザの申請できるの?
  • どのような外国人を採用すれば就労ビザが下りるの?
  • ビザ申請のために何を気を付ければいいの?
  • 過去に外国人のビザ申請をしたが不受理になってしまった…
  • 外国人材を活用して企業の業績アップを図りたい方。
  • 一目で分かるこんな就労ビザ取得のチェックリストが欲しかった!

  • 他社での事例やビザ申請の際に不受理にならないようにまずは押さえておきたい就労ビザ取得のためのポイントを5つにまとめた解説付きの資料です。

    就労ビザ取得のためのチェックリスト(無料)のダウンロードはこちらから!

    お問い合わせ: