幹部採用のコツと注意点【ハイクラス採用・特化型サービス紹介】

記事更新日:2019年10月26日 初回公開日:2019年10月15日

外国人採用・雇用
いつの時代も、経営者にとって頭を悩ませる問題と言えば、幹部社員の採用とその戦力化が挙げられるでしょう。とりわけ、中小企業やベンチャー企業の場合、経営幹部の報酬は自社の売り上げに対しての比率が極めて高くなります。そのため、ふさわしくない人材を採用してしまうと致命的なダメージになりかねません。幹部採用を成功させるには、自社と応募者のみならず、ステークホルダーに対しても透明性の高い情報共有ができていることが大切になってきます。ここでは、幹部採用を成功させるための戦略だったり、幹部採用で起こりやすい失敗例だったりと、幹部採用にまつわる課題について見ていきましょう。

就労ビザ取得のためのチェックリストをダウンロードする

幹部採用とは

自社の命運を託せる人材との出会い

中小企業やベンチャー企業を問わず、幹部採用は自社の命運を左右する極めて重要度の高い採用活動です。採用に当たっては、候補者が自社の業務に適応できるかを厳しく審査する必要があります。例えば、今ある自社の仕組みを忠実に執行することができるかであったり、より良い仕組みを構築できる能力があるかだったりと、求めるポイントも変わってくるでしょう。中長期的な視野に立って、自社が目指す航路を切り開くことのできる人材であるかを見分けることが、幹部採用において特に重要です。

組織の幹部ポストが対象

幹部採用では、組織の幹部ポストに就いて大きな成果を出すことのできる人材を採用します。有望な若手社員に経験を積ませて優秀な幹部へ育成することに比べ、幹部採用では即戦力で力を発揮できる人材を採用できるのがポイントでしょう。「幹部」は、組織の中心となる人物を指し、明確な役職が決められているわけではありません。トップマネジメントに限らず、部長や次長であったり、その候補者であったりと、組織の規模や方針によってその定義は変わります。

幹部採用が注目される理由

即戦力の人材が求められている

幹部採用の広告を見ると、多くの企業が「大企業勤務経験者」であったり「50名以上のマネジメント経験者」だったりと、ある程度経験を積んだ人材を対象にしています。将来、幹部にしたいと考えている若手社員がいたとしても、実際に幹部ポストに就くまでには早くても10年以上は必要になり、教育・研修に多額のコストがかかるものです。幹部採用では、他社でマネジメント経験を積み、即戦力で自社に立ちはだかる課題を克服できる人材を採用することが注目される点だと言えるでしょう。

社外の優秀な人材への需要

自社の有望な若手社員を幹部候補として育成する場合、短くても10年から15年以上の時間が必要になります。また、経営幹部としての研修費やコストも多額になるでしょう。幹部採用では、外部でマネジメント経験を積んだ優秀な人材を獲得し、目の前にある経営課題を乗り越えることが可能になります。社内の有望株が成長するまでの間、外部から優秀な人材に来てもらって自社を発展させられる点が、幹部採用が注目されるポイントだと言えるでしょう。

幹部採用のメリット

マネジメント能力のある人材を確保できる

若手社員の頃から将来の幹部候補として優秀な業績を修めてきた社員が、突然他社へ転職するケースは多いものです。こうしたケースの要因には、企業の本質である方向性であったり、将来のビジョンだったりと、密なコミュニケーションが取れていなかったことが挙げられます。多額の研修費用やコストをかけた幹部候補の突然の退職は、企業にとっては大きな痛手と言えるでしょう。そのため、自社に限らず他社でマネジメント経験を積んだ上で、自社のビジョンに共鳴してくれる優秀な人材を獲得するために、幹部採用が重要視されているのです。

専門性に秀でた優秀な人材を確保できる

幹部採用に特化した人材紹介サービスでは、それぞれの専門分野でキャリアを積み重ねてきた優秀な人材が多く登録されています。自社で幹部候補の社員を育成する場合、10年単位の時間や多額の研修費がかかってくるものです。幹部採用を活用すれば、専門性に秀でて現場のスタッフの身になって考えることのできる人材を確保することができるでしょう。

幹部採用のデメリット

合わなかったときの損失コストが大きい

幹部採用で優秀な人材を採用できたとしても、場合によっては社風に馴染めずに期待通りのパフォーマンスを発揮できない可能性があります。幹部人材にかかるコストは一般社員のものと比べるとはるかに多く、会社への負担も大きくなるでしょう。採用時に、自社の方向性であったり、幹部として期待する役割を明確に伝えたりと、候補者との意思疎通が密になっていないと大きな損失に繋がるリスクがあります。

生え抜き社員の幹部昇進の障害に

幹部採用では、外部でマネジメント経験を積んだ優秀な人材を獲得できるため、自社の業績回復が期待できます。ただし、外部から経営幹部を補充することで、長年自社でキャリアを積み幹部昇進の目前まで来た生え抜き社員のポストが無くなってしまう可能性もあります。誰よりも当事者意識を持って自社の未来を考えてきた社員が去ってしまうことは、大きな痛手になりかねません。

幹部採用を行う方法

キャリア人材に特化した人材紹介会社

幹部採用を行うおすすめの方法として、キャリアを積んだ人材のみを登録している人材紹介会社を活用することが挙げられるでしょう。紹介会社には、候補者の出身大学であったり、マネジメント経験の長さだったりと、多くの企業が幹部採用する際に注目するポイントが明記されています。また、グローバル化が進む二十一世紀の社会に対応するため、ビジネスレベルの英会話ができるかどうかも、大きなポイントとして加えられています。紹介会社では、条件に合った候補者へ直接アプローチできるため、ミスマッチが起こりにくい点も魅力ですね。

幹部候補で新卒採用する

経営幹部を担ってもらおうと考えている人材には、若いうちから幹部を目指すための研修を積ませておくことが重要になります。配属部署で抱える通常業務を持ちながらも、事業及び組織の課題解決を立案・実行していくことをミッションとする人材を育てなければなりません。自社を発展させたいという熱量のある人材であったり、社会の課題を解決したいという行動力だったりと、パワーのある人材を初めから幹部候補で採用することが重要です。

幹部採用でおすすめのサービス会社

MS-Japan

MS-Japanは、管理部門と有資格者に特化した転職紹介会社です。人事・法務・財務などの管理部門であったり、公認会計士や弁護士だったりとスペシャリストのキャリア形成に精通したカウンセラーが人材を紹介します。2017年現在、創業から25年間で延べ20000名以上の転職をサポート。利用する人材の約7割が30代から40代で、長期的なキャリアプランを立てたいと考えている層から支持されています。会計事務所での経験を活かして東証一部上場企業へ転職したり、中小アパレル企業から上場企業経理へ転職したりと、キャリアや年収をアップさせた事例が豊富にあります。また、非公開で紹介する案件が多いことも特徴で、MS-Japan独自の求人案件だったり、クライアントに適した求人案件だったりと、多くの人材からの応募が期待できるでしょう。30代から40代でこれからキャリアを形成していこうと考えている活力のある幹部人材を迎えたい場合は、管理部門に特化したMS-Japanがおすすめできます。

IX転職

IX転職は、人材派遣サービスやアルバイト求人サービスを手掛けるパーソルグループが、2016年7月に立ち上げた新しい人材紹介サービスです。大手企業でマネジメント経験を積んだ人材であったり、経営幹部へのキャリアアップを検討している人材だったりと、幹部採用に特化している点が特徴と言えるでしょう。堅実にキャリアを積み重ねてきた人材が多数登録しており、経営幹部を採用したいと考えているクライアントに優秀な人材を紹介しています。IX転職に求人を依頼すると、ヘッドハンターが候補者と面談を行い、クライアント企業の要望に沿った人材を紹介するという流れになっています。経営幹部の求人は事業戦略に直結するため、通常は非公開にせざるを得ません。IX転職では、こうした非公開のハイクラス求人を多数取り扱っているため、自社の求める経営幹部候補を紹介してもらえる確率も高くなるのが魅力だと言えるでしょう。

ビズリーチ

ビズリーチの特徴は、採用したい人材を直接検索できることでしょう。職種や経験年数だったり、出身大学や語学力であったりと、多くの企業が候補者に求める要件を入力し、該当する候補者がズラリとリストアップされるというシステムです。幹部採用では、マネジメント能力に限らず自社の求める専門性を備えた人材を確保することが理想と考えられています。経営幹部だけでなく現場の担当者にも一緒に検討してもらうことで、スタッフの気持ちを理解できる人材を確保して、採用ミスマッチを起こりにくくできる点も魅力と言えるでしょう。また、データを見ながら検索することで採用のスピードを早めることができる点も重要です。人材紹介会社だけだと適時、的確な採用ができない可能性も出てくるでしょう。自社で直接データベースを閲覧して候補者に直接アプローチできる点は、スピードと質の両面においてプラスになるのです。

転機

転機の最大の特徴は、社長との直接面談ができるということです。社長の右腕としてこれから自社で幹部になってもらいたい人材には、より密なコミュニケーションを取っておきたいもの。求人広告には、社長が自社の方向性やビジョンについて語っている動画を掲載することも可能で、どのような人物が社長なのかを候補者もあらかじめ知ることができます。転機では、他の求人サイトでは扱っていない案件が揃えられており、会員になった企業や候補者しか閲覧することができません。そのため、必然的に人材の質が高まり、自社の幹部ポストで活躍してくれる人材に絞り込むことができるのです。また、「社長の右腕立候補」というシステムが用意されており、社長の動画を見て「この社長のもとで働きたい」と思った候補者が応募してくる場合もあります。候補者が社長の動画に感銘を受けて立候補してくることで、採用後のミスマッチが起こりにくくなると言えるでしょう。

BNGエクゼクティブサーチ

BNGエクゼクティブサーチは、ベンチャー企業の幹部採用に特化した人材紹介会社です。独自のサーチ・ネットワークを駆使して、通常の人材バンクでは獲得できないようなベンチャーに強い幹部候補を登録しています。24000人を超えるハイクラスな人材のデータベースを保有しており、マッチングの精度を高めつつ採用にかかる時間を大幅に短縮できることが強みと言えるでしょう。また、クライアント企業の窓口はほとんどが経営者クラスなので、戦略や求める人材の傾向など、顧客理解や密なリレーションを構築しています。面接時の同席も徹底しており、選考通過率や内定後入社率は業界平均の45%を大きく上回る70%となっているのです。これまでに蓄積したノウハウから入社後のフォローまで行っており、面談を通してサポートを徹底。クライアント企業および候補者ともに高い満足度を実現しているのです。

経営課題の迅速な解決には幹部採用を活用

幹部採用では、外部でキャリアを積み重ねてマネジメント能力を磨いてきた人材を獲得することができます。自社の幹部候補を育成するには10年単位の時間や研修費といったコストがどうしても発生するものです。目の前にある経営課題を解決するには、幹部採用を活用して自社を成長軌道に乗せる力を持った人材を獲得するのが最も合理的と言えるでしょう。ただし、経営幹部一人にかかるコストは一般社員よりも高く、ミスマッチが起きた場合は会社に加わるダメージも大きくなります。幹部採用に特化した人材紹介会社を活用し、自社の方向性やビジョンに共鳴する人材を厳選することがなによりも重要です。

外国人・グローバル人材の採用をお考えの企業様へ

事例

「日本語+英語+さらに語学が堪能な社員の採用」「海外の展示会でプレゼンが出来る人材」「海外向けサービスのローカライズ出来る人材」「海外向けWebサイト構築・集客」など、日本語も堪能で優秀な人材へのお問い合わせが当社に相次いでいます。

他社の外国人採用成功事例はこちらからご覧ください。

【無料】就労ビザ取得のためのチェックリストがダウンロードできます!

就労ビザ取得のためのチェックリストダウンロードバナー

グローバル採用ナビ編集部では外国人の採用や今後雇い入れをご検討されている皆様にとって便利な「就労ビザ取得のためのチェックリスト」をご用意いたしました。また、在留資格認定申請書のファイル(EXCEL形式)もこちらよりダウンロード可能です。

こちらのチェックリストはこのような方におススメです!


  1. 外国人採用を考えているがビザの申請が心配。
  2. 高卒の外国人は就労ビザの申請できるの?
  3. どのような外国人を採用すれば就労ビザが下りるの?
  4. ビザ申請のために何を気を付ければいいの?
  5. 過去に外国人のビザ申請をしたが不受理になってしまった…
  6. 外国人材を活用して企業の業績アップを図りたい方。
  7. 一目で分かるこんな就労ビザ取得のチェックリストが欲しかった!


他社での事例やビザ申請の際に不受理にならないようにまずは押さえておきたい就労ビザ取得のためのポイントを5つにまとめた解説付きの資料です。

就労ビザ取得のためのチェックリスト(無料)のダウンロードはこちらから!

抽選で100名様にamazonギフト500円分が当たるアンケートキャンペーン実施中!

外国人採用に関するアンケートに答えて抽選で100名様にamazonギフト500円分プレゼント!

アンケートご回答の対象は日本国内の法人にお勤めの方(外資系の方も可)で採用に携わる業務を行っている方にお伺いいたします。このアンケートの結果は集計の後、グローバル採用ナビのコンテンツ、プレスリリースに利用させていただきます。会社名、お名前は公開いたしません。なお、抽選の結果は発送をもってかえさせていただきます。

ページトップへ戻る
ダウンロードはこちら
ダウンロードはこちら