働きがいがある会社ランキングから見る新卒の傾向とは?【2018年度版】

記事更新日:2020年02月26日 初回公開日:2018年05月24日

採用・求人のトレンド 人事・労務お役立ち情報
50か国で展開する世界最大級の調査機関「Great Place to Work」は、2018年版の日本における「働きがいのある会社」のランキングを公表しています。働き方改革の取り組みの成功企業ともいえるでしょう。ランキング上位の企業の取り組みの傾向などから、近年の従業員ニーズを探ります。

就労ビザ取得のためのチェックリストをダウンロードする

2018年のTOP5

Great Place to Workが毎年、調査している日本における「働きがいのある会社」のランキングから、大中小規模のカテゴリごとの上位5社をピックアップしてご紹介します。

大規模部門 (従業員1000人以上)

1位シスコシステムズ
2位Plan・Do・See ホテルレジャー
3位ディスコ 精密加工装置
4位セールスフォース・ドットコム ITソリューション
5位アメリカン・エキスプレス 金融

中規模部門(従業員100-999人)

1位コンカー 経費管理クラウドシステム
2位バリューマネジメント 不動産
3位ケンブリッジ・テクノロジー・パートナーズ IT コンサルティング
4位サイボウズ コラボツール
5位CKサンエツ 金属

小規模部門 (従業員25-99人)

1位アクロクエストテクノロジー
2位マルケト
3位gCストーリー 施工 介護 健康
4位プログレスグループ  不動産
5位ソニックガーデン ソフト開発

Great Place to Work「働きがいのある会社」ランキング

URL:東洋経済ONLINE

2018年の傾向は?

2018年のランキングに上がった企業からその傾向を見ていきましょう。大中小規模、全部門において多くみられるのが、企業で活用されるシステム開発やITソリューションサービス系の会社です。各企業内の技術革新が年々浸透、発展していることの反映だと思われます。IT業界は、イノベーションという言葉ととても接点頻度の高い業界。各社が取り組む事業内容を見てもクラウドシステム、経営ソリューションサービスなど市場のニーズを捉えた製品やサービスが目立ちます。

情報のキャッチレベルも、その情報から新しいものを生み出す文化の浸透度が高いです。そのことは従業員の働き方に対する制度や柔軟性にも表れているようです。斬新で積極的な社員の働き方も含めた経営戦略があります。その他、外資系企業などグローバルに事業展開をしている企業が上位に挙がっているのが2018年の特徴です。これらの企業で働くことの、働きがいのもとになっているものを探ると、労働環境の整備や福利厚生の充実度が高いことが挙げられます。

2017年との比較

前年2017年のランキングでの上位企業の特徴と、2018年のランキング上位企業を比較し、社員の働きがいの変化を見てみました。依然として、IT業界の企業は多いのですが、一気に順位が上昇した企業もいくつかあります。大規模部門のシスコシステムズ、セールスフォース・ドットコム、中規模部門のコンカー、バリューマネジメント、小規模部門ではgCストーリー、ソニックガーデンなどが挙げられます。それら企業や上位に残った企業の労働環境は、従業員の働き方に考慮した制度を制定しているというだけではないようです。

雇用形態が幅広いというだけでなく、社員の働き方の選択肢も非常に豊富な企業が目立ちます。休暇だけでなく労働時間についても自由度が高いのです。企業が規制し管理するというよりも、社員が自分と自分の仕事をセルフマネジメントすることに信頼をおく方針を持つ企業がランキングに挙がっています。

時間ではなく、アウトプットを重視する企業が多くみられ、それらの企業では評価制度の抜本的な見直しも積極的に行われているようです。規制や管理度の低い働く環境の中で、能力を発揮しやすい個々のスタイルでのびのびと働き、任されて結果を出していく働き方に、労働者が働きがいを感じていることの表れではないでしょうか。在宅勤務やテレワークの導入も2017年中にかなり浸透したようで、ランキングに挙がっている企業での推進も多く見受けられました。

外国人・グローバル人材の採用をお考えの企業様へ

事例

「日本語+英語+さらに語学が堪能な社員の採用」「海外の展示会でプレゼンが出来る人材」「海外向けサービスのローカライズ出来る人材」「海外向けWebサイト構築・集客」など、日本語も堪能で優秀な人材へのお問い合わせが当社に相次いでいます。

他社の外国人採用成功事例はこちらからご覧ください。

【無料】就労ビザ取得のためのチェックリストがダウンロードできます!

就労ビザ取得のためのチェックリストダウンロードバナー

グローバル採用ナビ編集部では外国人の採用や今後雇い入れをご検討されている皆様にとって便利な「就労ビザ取得のためのチェックリスト」をご用意いたしました。また、在留資格認定申請書のファイル(EXCEL形式)もこちらよりダウンロード可能です。

こちらのチェックリストはこのような方におススメです!


  • 外国人採用を考えているがビザの申請が心配。
  • 高卒の外国人は就労ビザの申請できるの?
  • どのような外国人を採用すれば就労ビザが下りるの?
  • ビザ申請のために何を気を付ければいいの?
  • 過去に外国人のビザ申請をしたが不受理になってしまった…
  • 外国人材を活用して企業の業績アップを図りたい方。
  • 一目で分かるこんな就労ビザ取得のチェックリストが欲しかった!

  • 他社での事例やビザ申請の際に不受理にならないようにまずは押さえておきたい就労ビザ取得のためのポイントを5つにまとめた解説付きの資料です。

    就労ビザ取得のためのチェックリスト(無料)のダウンロードはこちらから!

    新型コロナウィルスの影響による外国人採用に関するアンケート

    アンケートにご回答いただいた方の中から100名様にamazonギフト500円分プレゼント中

    アンケートご回答の対象は日本国内の法人にお勤めの方(外資系の方も可)で採用に携わる業務を行っている方にお伺いいたします。このアンケートの結果は集計の後、グローバル採用ナビのコンテンツ、プレスリリースに利用させていただきます。会社名、お名前は公開いたしません。

    ページトップへ戻る
    ダウンロードはこちら
    ダウンロードはこちら