優秀な人が辞めてしまう理由とは【辞める時の兆候や対策について解説します】

記事更新日:2022年09月21日 初回公開日:2022年09月21日

採用・求人のトレンド 人事・労務お役立ち情報 外国人採用・雇用
優秀な人が会社を辞めると残った社員に大きな影響を与えます。頼りにしていた人が辞める。一緒に楽しく働いていた人が辞める。残った社員はとても残念な気持ちや色々な感情になるのと同時に大きな不安にかられます。そもそも優秀な人が辞めるには理由があります。会社の空気感や評価、仕事の裁量、会社の将来性など様々な要因が考えられます。会社に優秀な人がたくさんいるのであれば大きな問題にはならないかも知れませんが、次々と辞めるような状況は会社に問題があると考えられます。優秀な人が辞めないためにはどのようにしたらよいのかを解説していきます。.

就労ビザ取得のためのチェックリストをダウンロードする

優秀な人が会社を辞める理由

社員同士のコミュニケーションに不満がある

優秀な人が辞めていく理由のひとつが会社内における同僚や上司などとのコミュニケーションの希薄さや風通しの悪さです。優秀な人は周りとのコミュニケーションの重要さを知っており、業務を円滑に行うには日頃からの会話を大切にしています。また日頃からの会話が少ない会社では自由闊達な意見を出し合う環境にはほど遠く、新しいアイデアを良しとしない傾向もあります。上司との関係においても自分のアイデアや新しいことを提案した際に話を聞かなかったり、聞いても社内で協議しないなどが重なると上司との関係が悪くなり、居心地も悪くなることで不満が募ります。

適切な評価がされていない

優秀な人は成長意欲が高く、与えられた仕事だけでなく、自ら考えた仕事を行います。その仕事の成果を会社が適切に評価し、昇給や昇格など正当な評価をする会社で働きたいと考えます。また優秀な人は自分の能力の高さなどを理解しています。しかし会社の評価基準があいまいで仕事の成果に対する評価を見える形で評価しなければ会社に対する不満や不信感をもつことになります。また自分を評価する上司が個人的な好みで部下の評価を行い、適切な評価をしていない、不当に低い評価をしていると感じた場合も会社に対しての不満を持ちます。

やりがいを感じなくなった

優秀な人は仕事の成果への評価を大切にしているのはもちろんですが、自分自身が仕事へのやりがいを感じているかどうかも大切にしています。仕事のやりがいは人それぞれ異なります。自己成長を大切にしている人や、昇進・昇給が仕事のやりがいという人も多くいます。優秀な人が感じる仕事のやりがいで共通するのは「仕事の裁量権」です。日頃からの情報収集や勉強、人との交流などを行い、そこで得た情報や知識をもとに自分の仕事に活かそうとしても、そのアイデアを受け入れる環境がなければ、仕事のやりがいは失われてしまい、別の場所にやりがいを求めてしまいます。

待遇に不満がある

優秀な人は自分の能力を把握しています。それゆえに仕事の成果に対する評価には敏感であるとも言えます。前述の仕事の成果に対する評価基準があいまいな会社には不満を持ちます。また優秀な人は仕事の効率が良く、短時間でより多くの仕事をこなすため、上司からさらに仕事を任せまれる傾向にあります。そのため他の社員よりも仕事量を多く抱えがちです。それにも関わらず一般の社員と役職や給与などの待遇が同じであれば不満を感じます。また自分の本来の仕事をこなしているにも関わらず、新たな仕事を与えることで残業や休日出勤が必要になるなど勤怠にも影響がでることでの不満が生まれます。

成長の機会がない

優秀な人にとって仕事のやりがいの大きな要素は自己成長といえます。仕事を通じて自分自身のスキルを磨き、知識を増やし、経験値を蓄積し、人脈を広げていきたいと考えます。しかし自分に与えられた仕事が成長に繋がらないと感じると、自分が成長できる環境を求めます。自分が成長できる環境とは自由な言動や提案ができ、新しいことにチャレンジできることをいいます。また職場内で良い影響を与えてくれる上司や同僚がいないと感じた時も同様です。優秀な人は自分を取り巻く環境が自分に与える影響の大きさを知っていますので、優秀な人たちと働きたいと考えます。

企業の将来に不安を抱えている

優秀な人は自分自身のキャリアや将来のビジョンを明確に持っている人が多いと言えます。そのビジョンと会社の方向性を照らし合わせて、なぜ自分はこの会社で働いているのか、この会社を通じて何ができるのか、などを考えます。そのため会社の目指す方向性が不明瞭な場合や経営理念がなければ、自分のビジョンと重ねることができないため将来に不安を覚えます。また会社の業績においても成長していなかったり、悪化している場合は早期に見切りをつけてしまいます。優秀な人は外部とのパイプを持っているケースが多く、自社を客観的に比較することができるからです。

優秀な人が辞める会社の特徴

評価基準が曖昧である

優秀な人が会社を辞める理由の一つが会社の評価制度が確立されていないことです。仕事の成果を上げても正しく評価されていないと感じるとモチベーションや生産性はは下がります。優秀な人は自分の仕事に対して正しく評価してくれる会社を求めています。仕事の成果をあげても正しく評価されないのであればやりがいは感じませんし、昇給や昇格にも期待することができないからです。また評価制度が確立していない会社は人事評価を現場に任せっきりにしている傾向があります。ともすると現場の責任者の好みによって部下の評価が変わってしまうこともあります。

労働環境に問題がある

優秀な人は会社が求める業務以外にも自らが立案したアイデアによる新しいチャレンジを求めたり、業務の効率化によるワークライフバランスを求める傾向にあります。しかし優秀な人が辞める会社では既存の業務からの新しいチャレンジに肯定的ではない会社が多いと言われています。また優秀な人が業務の効率化により仕事を短縮しても、他の人の仕事を上乗せされるなどして業務過多になる傾向にあります。さらには仕事の成果を上げても評価はされずに不満だけが蓄積されていきます。これらにより残業や休日出勤が増えても昇格や昇給に繋がらないなどの労働環境に耐えかねて辞めてしまいます。

優秀な人が会社を辞める時の兆候

残業することが減る

優秀な人は自己成長意欲が高く、仕事を通じて成長したいと考えています。しかし働く会社でそれが難しいと感じると自分が成長できる会社を探します。仕事を早めに切り上げて他の会社の情報集めなどで人と会う機会を増やします。また自己成長のために勉強時間やセミナーへの参加のための時間を確保します。よってまずは仕事の量を減らします。今まで依頼したら受けてくれていた仕事を断るようになります。そして残業時間が必然的に減っていき、定時で帰る機会が増えていきます。

有給の取得が増える

優秀な人は仕事を自己成長の機会と捉えているので充実した仕事をしている際には有給利用は一般社員に比べると少ない傾向にあります。積極的に残業や休日出勤も苦にしない人もいます。しかし自己成長ができない、仕事の成果を正しく評価しない会社では自分の時間を費やすことに抵抗感や覚え、他の会社に新しい環境を求めます。そのため、まずは残業時間が減り,人と会う時間を作るようになります。そして平日に急な有給利用による半休や休みを入れるようになります。他の会社の面接をしていると考えられます。頻度が増えてくると面接の選考が進んでいる可能性が高くなります。

発言の機会が減る

優秀な人は会議の場で積極的に発言する傾向にあります。自己成長と会社を良くしたいと考えるからです。しかし自分の求める環境が働く会社にないと感じ、辞めることを意識し出すと会議の場での発言が減っていきます。理由の一つは会社を良くしたい、自分のスキルや活かしたいというモチベーションがなくなっているからです。さらには発言することで新たな仕事を任せられてしまう可能性もあるので、発言することは辞めることを意識している人にとってはデメリットにもなります。もう一つの理由は同僚や上司とのコミュニケーションによる人間関係を深める必要がなくなったと考えるからです。

優秀な人が辞めることによる影響

連鎖的に他の社員も辞める可能性がある

優秀な人が辞めてしまう際のデメリットは複数あります。まずは一緒に働いていた同僚や後輩も一緒に辞めてしまう可能性を考えておかなければなりません。優秀な人が辞める会社が抱える問題は一般の社員にとっても同様に問題となります。まだ辞めることをなんとなく考えていたレベルの人も優秀な人が辞めることをきっかけに退社を決意するという可能性も念頭においておきましょう。また優秀な人には同僚や後輩と一目置いており、一緒に働くことをモチベーションとしている人もいるでしょう。すると優秀な人と共に退社してしまうということも考えられます。

生産性が低下する

優秀な人が辞めたことによる影響で一番大きいのは残った社員の業務負担が増えることです。優秀な人は一般社員より多くの業務を行なっていることから、その仕事を残った社員が手分けして負担することになります。一般社員にとって現状の仕事量でも残業をしているとなると、更なる業務負荷により疲労することになります。それにより全体的な仕事の進捗が滞り、仕事が回らなくなります。特に元々ギリギリの人数で仕事をしている会社にとっては一人辞めた時点で、その穴埋めに多大な労力をかけることになります。

優秀な人が辞めるのを防ぐ方法

コミュニケーションの機会を増やす

優秀な人は自分自身の成長意欲が高いことはもちろんですが、チームとしての成長を望んでいる人も多くいます。そのため日頃からのコミュニケーションは大切にしています。コミュニケーションが取れている会社であれば仕事や人間関係への不満は少なく辞めることを抑止することができます。また上司との関係においては日頃からのコミュニケーションはもちろん、一対一のミーティングを行うことで仕事以外の会話により問題の早期発見にも繋がります。コミュニケーションは個人に任せるのではなく、会社として組織的に行うことが効果的です。

評価基準を見直す

優秀な人は自分の仕事に対する評価を自身で理解しているので正当な人事評価が行われ、自分の仕事を認めてくれる会社で働きたいと考えています。仕事を通じて自己成長することに高いモチベーションを保ち、更なる生産性向上に繋げています。またキャリアパスが明確な会社であれば優秀な人は自ら考え、自身のスキルアップや自己成長に繋げられ、自身の将来を具体的にイメージすることができます。よって社員の働きぶりや貢献度を正しく評価する必要があります。目に見える数字だけでなく、社内の調整役としての役割やチームへの貢献度なども評価できるようにすることで会社への不満を無くすことができます。

業務の内容と量を見直す

優秀な人には仕事が集中しやすく、長時間労働や休日出勤が常態化している会社は早急な改善が必要です。また優秀な人は与えられた仕事以外にも新しいチャレンジや自己成長のための時間の投資をしたいと考えています。まずは業務の精査を行い、仕事の分配やサポート体制を整えるなど業務量を適正にする必要があります。方法としては勤怠管理システムを導入し、残業時間や休日出勤などの業務時間を見える化します。必要に応じて集中していた業務負荷を軽減しましょう。また優秀な人が行っている業務の中には他の社員に任せられるものが含まれている可能性もあるので業務内容の精査を行い業務を分配することも必要です。,

まとめ

優秀な人が辞める前に職場環境を見直しましょう

優秀な人はお金を稼ぐことだけを目的としているわけではなく、仕事を通じて自己成長することや、仲間との良好なコミュニケーション、チームとしての達成感によるやりがいなど会社に対して多岐にわたる目的を持っています。また自身のスキルアップのために新しいチャレンジができる環境をつくることも重要です。また優秀な人には仕事が集中しやすいので勤怠管理システムの導入やサポート体制を整え、効率的に業務が行える組織体制が必要です。その上で仕事に対する正しい人事評価や昇給、昇格やキャリアパスを明確にすることで優秀な人が働きやすい環境にすることで優秀な人はもちろん、一般社員の離職も防ぐことができます。

外国人・グローバル人材の採用をお考えの企業様へ

事例

「日本語+英語+さらに語学が堪能な社員の採用」「海外の展示会でプレゼンが出来る人材」「海外向けサービスのローカライズ出来る人材」「海外向けWebサイト構築・集客」など、日本語も堪能で優秀な人材へのお問い合わせが当社に相次いでいます。

他社の外国人採用成功事例はこちらからご覧ください。

【無料】就労ビザ取得のためのチェックリストがダウンロードできます!

就労ビザ取得のためのチェックリストダウンロードバナー

グローバル採用ナビ編集部では外国人の採用や今後雇い入れをご検討されている皆様にとって便利な「就労ビザ取得のためのチェックリスト」をご用意いたしました。また、在留資格認定申請書のファイル(EXCEL形式)もこちらよりダウンロード可能です。

こちらのチェックリストはこのような方におススメです!


  1. 外国人採用を考えているがビザの申請が心配。
  2. 高卒の外国人は就労ビザの申請できるの?
  3. どのような外国人を採用すれば就労ビザが下りるの?
  4. ビザ申請のために何を気を付ければいいの?
  5. 過去に外国人のビザ申請をしたが不受理になってしまった…
  6. 外国人材を活用して企業の業績アップを図りたい方。
  7. 一目で分かるこんな就労ビザ取得のチェックリストが欲しかった!


他社での事例やビザ申請の際に不受理にならないようにまずは押さえておきたい就労ビザ取得のためのポイントを5つにまとめた解説付きの資料です。

就労ビザ取得のためのチェックリスト(無料)のダウンロードはこちらから!

ページトップへ戻る
ダウンロードはこちら
ダウンロードはこちら