働き方改革の成功例!3つの事例

記事更新日:2018年10月15日 初回公開日:2018年04月26日

人事・労務お役立ち情報
政府の働き方改革の発足後、日本の企業もさまざまな取り組みを始めています。ここでは、自社の特徴に合わせたアイデアを基にしたユニークな施策の実施によって、社員の働く環境を改革することに成功している3社の事例をお伝えします。

就労ビザ取得のためのチェックリストをダウンロードする

カルビー株式会社の取り組み

自分のデスクが決まっていない

老舗菓子製造業のカルビー株式会社の本社では、自分のデスクが決まっていないフリーアドレス制となっています。オフィスの入り口で、毎日コンピューターによって指定されます。

席の種類は3種類用意され、ワークスタイルや業務内容によって選択できるのも特徴です。仕切りのある「ソロ席」、4人掛けでコミュニケーションの取りやすい「コミュニケーション席」、ほかの人との接触が制限される「集中席」です。

役員も同じくフリーアドレス制のため、部門や役職を越えて、普段話さない人たちとのコミュニケーションが活性化されています。

会議室は仕切りが取り払われ、オフィスから見えるようにし、長時間化を防いでいます。開催する会議も以前より3割程度になったそうです。また、会議書類を作成しないというメッセージのもと、7割の削減を達成しています。

入社3年目以上で上司が承認する社員は、モバイルワーク制度も無制限で利用できます。成果主義制の評価を取り入れているカルビーでは、モバイルワークする日数も勤務の場所も自由です。自宅だけでなくカフェやコワーキングスペースでも仕事ができるようになっています。

イケア・ジャパン株式会社の取り組み

全員が無期契約

家具小売りの大手イケアの本社はスウェーデンですが、日本法人のイケア・ジャパンは、本社スウェーデンのシステムをそのまま取り入れるのではなく日本にフィットするよう働き方を構築しています。

正社員パートなどの括りが外され、すべての従業員はコワーカーとして働いています。有期雇用も廃止し、全員が無期契約となります。ここには、従業員の安心感や安堵感を創出し、その先のキャリアを考え、生き方の選択肢を増やしてほしいとするイケアの目的が込められています。

これまでパートなど短時間、時給制で働いていた人たちも、給与が正社員水準で計算されます。103万円の壁も長期勤務によるメリットなどを説き、説得に至っているとのこと。なお、所定労働時間は、ライフステージなどに合わせて、①週39時間(フルタイム)、②週25時間~38時間、③週12~24時間から選択できるようになっています。

賃金は職務給を採用し、時給は地域に関係なく全国一律となっています。全国一律になったことで、地方への転勤希望者も増えたそうです。

個々の従業員が将来的なキャリアプランをマネージャーとともに考えるようになり、職務意識の向上が見られます。離職率も低下傾向にあります。

伊藤忠商事株式会社の取り組み

朝方勤務の導入

伊藤忠商事株式会社は、朝型勤務の先駆けとなり、大きな成果を上げていることで有名な大手総合商社です。

時間に制約のある社員は増加傾向にあり、フレックス制度が取り入れられていたのですが、商社という特色もあって、始業時間に社員がいない事態は事業の支障となっていました。夜の残業を削減することも課題となっていた同社は朝型勤務を導入します。

基本的に20時には終業、海外との会議や突発的な対応の際は、すべて申請承認制となっています。勤務時間の管理は上司が毎日翌日に把握できるようなシステムを導入しています。そして、22時から朝5時の勤務は完全禁止です。また、始業時間前の朝勤務(朝残業)には深夜勤務と同等の割増賃金が支払われます。

8時までに出社する社員は、パン、おにぎり、コーヒー、ジュースなど30種類ほど用意されている無料の軽食を利用することができます。

社員の健康増進の効果もあり、自身の仕事の生産性が上がったと感じる社員も多く、社員の9割はこの朝型勤務の制度を肯定的に捉えているようです。

生産性を上げ、売上も上がる?!

ご紹介した3社は、自社の特徴や特質に合わせてユニークな働きかた改革を行っています。そして、その施策が、生産性と売上を向上させている成功の事例です。

共通点として、短絡的なコスト削減を狙っていないということだと思います。「長期の視点」を持ち、「自社の」社員にとって、今の働く環境を変える(より良くする)ために本当に必要なものは何かを考えなければならないことを示してくれています。

外国人・グローバル人材の採用をお考えの企業様へ

事例

「日本語+英語+さらに語学が堪能な社員の採用」「海外への事業展開を伴走できる人材」「海外向けサービスのローカライズ出来る人材」「海外向けWebサイト構築・集客」など、日本語も堪能で優秀な人材へのお問い合わせが当社に相次いでいます。

他社の外国人採用成功事例はこちらからご覧ください。

【無料】就労ビザ取得のためのチェックリストがダウンロードできます!

就労ビザ取得のためのチェックリストダウンロードバナー

グローバル採用ナビ編集部では外国人の採用や今後雇い入れをご検討されている皆様にとって便利な「就労ビザ取得のためのチェックリスト」をご用意いたしました。また、在留資格認定申請書のファイル(EXCEL形式)もこちらよりダウンロード可能です。

こちらのチェックリストはこのような方におススメです!


  • 外国人採用を考えているがビザの申請が心配。
  • 高卒の外国人は就労ビザの申請できるの?
  • どのような外国人を採用すれば就労ビザが下りるの?
  • ビザ申請のために何を気を付ければいいの?
  • 過去に外国人のビザ申請をしたが不受理になってしまった…
  • 外国人材を活用して企業の業績アップを図りたい方。
  • 一目で分かるこんな就労ビザ取得のチェックリストが欲しかった!

  • 他社での事例やビザ申請の際に不受理にならないようにまずは押さえておきたい就労ビザ取得のためのポイントを5つにまとめた解説付きの資料です。

    就労ビザ取得のためのチェックリスト(無料)のダウンロードはこちらから!

    抽選で100名様にamazonギフト500円分が当たるアンケートキャンペーン実施中!

    外国人採用に関するアンケートに答えて抽選で100名様にamazonギフト500円分プレゼント!

    アンケートご回答の対象は日本国内の法人にお勤めの方(外資系の方も可)で採用に携わる業務を行っている方にお伺いいたします。このアンケートの結果は集計の後、グローバル採用ナビのコンテンツ、プレスリリースに利用させていただきます。会社名、お名前は公開いたしません。なお、抽選の結果は発送をもってかえさせていただきます。

    ページトップへ戻る
    ダウンロードはこちら
    ダウンロードはこちら