【2017年】高卒の就職率を徹底分析!

記事更新日:2019年05月15日 初回公開日:2018年04月12日

採用・求人のトレンド
高卒の就職率、および就職内定率も、売り手市場の波に乗り、年々上昇しています。ここでは、平成29年度の高卒の就職率、および就職内定をご紹介しています。都道府県別TO10ランキング、大卒就職内定率との比較も行っていますのでご参考ください。

就労ビザ取得のためのチェックリストをダウンロードする

就職率は97%!!売り手市場

就職戦線の売り手市場の状況は、ここ数年で高卒就職者にも及んでいるようです。都道府県別の高卒者の就職内定率を見ると、各県、軒並み90%を突破する状況が見られます。

文部科学省の平成29年12月末の高卒就職内定率調査結果では、トップから34位までは90%を超えました。47位(最下位)の沖縄は65.9%と低めですが、46位の東京は84.3%です。就職率においては、平成21年度卒の落ち込みから、毎年増加更新が続き、平成28年度の98%という結果にまで伸びています。平成29年度の3月末の結果も期待されるところです。

高卒の採用を行なう企業は、高卒求職者の獲得に向けて、早めの採用活動を行なっていく必要性が高まってきています。

高卒就職率ランキングTOP10

文部科学省が発表する高卒就職内定率の都道府県ランキングTOP10をご紹介します。
富山県は、3年連続でトップを走っており、前回調査の平成29年10月末の結果では、全国初の100%を記録しました、下記の表は平成29年12月末のランキングです。

高卒内定就職率TOP10

1富山98.2
2島根96.8
3秋田96.7
4佐賀96.6
5福島96.4
6新潟96.2
7岐阜96.1
8鳥取96.0
9三重95.9
10岩手95.7

参考:文部科学省 29年度高卒 2月公表分

高卒・大卒の就職率を比べてみました。

文部科学省が発表した結果を基に、高卒と大卒の就職内定率を比較してみました。高卒内定率は平成29年12月末時点、大卒内定率は平成30年2月1日時点の内容です。

高卒の就職内定率は、91.5%で前年比0.6%の増加です。大卒の就職内定率は、91.2%で前年比0.6%の増加です。

以下の表では、高卒就職内定率について、工業科や商業科など各学科の内定率と前年比を一覧にしています。

また、大卒就職内定率については、文系と理系それぞれの内定率と前年比、および国公立、私立、短期大学など種類別の内定率と前年比を抜粋しています。

高卒就職内定率
大卒就職内定率
-
前年比
-
前年比
全体91.5%0.6%増全体91.20%0.6%増
工業96.9%0.3%増文系91.0%0.7%増
商業96.9%0.8%理系92.4%0.3%増
水産94.3%2.7%増
-
農業94.0%0.7%増国公立91.8%0.9%増
福祉92.6%0.2%減私立91.1%0.6%増
情報92.0%2.4%減短大89.9%1.4%増
看護88.3%2.2%減高専99.6%前年比同
普通科85.3%0.6%増専修85.60%1.1%増
総合学科90.5%0.6%増
-

参考: 文部科学省
29年度高卒 平成29年12月末時点2月公表分
29年度大卒 平成30年2月1日時点3月公表分

高卒のトレンドは?

売り手市場が続いていく見込み

就職内定率就職率ともに、年々数値が伸びてきています。今後しばらくは、売り手市場が続いていくものと思われます。

少子化時代に当てはまる世代が、働き始めている現代。働き方の多様化、海外への流出、若者の選択肢もどんどん広がってきています。企業の人材争奪戦は、さらに激しくなっていくことが予測されます。そのような採用市場の中で、高卒者にも目を向ける企業が増えているのです。

また、東京オリンピックも控えていることから、日本経済のさらなる景気の上昇も期待されています。日本の上昇気流の後押しできる企業に成長するためにも、優秀な人材を確保することが課題要素となるでしょう。

高卒採用は、他の中途採用はもちろんのこと、大卒者に対する活動とも異なる流れがあります。とくに、法律やルールの存在感が大きくなることや、学校との連携が密になる点が特徴です。高卒者ならではの採用メリットやデメリットもあります。

人事や採用担当者の皆さんは、高卒採用の特徴や流れをしっかりと把握することが先決です。そして、可能な限り先手の対策を取っていかれることをおすすめします。

外国人・グローバル人材の採用をお考えの企業様へ

事例

「日本語+英語+さらに語学が堪能な社員の採用」「海外への事業展開を伴走できる人材」「海外向けサービスのローカライズ出来る人材」「海外向けWebサイト構築・集客」など、日本語も堪能で優秀な人材へのお問い合わせが当社に相次いでいます。

他社の外国人採用成功事例はこちらからご覧ください。

【無料】就労ビザ取得のためのチェックリストがダウンロードできます!

就労ビザ取得のためのチェックリストダウンロードバナー

グローバル採用ナビ編集部では外国人の採用や今後雇い入れをご検討されている皆様にとって便利な「就労ビザ取得のためのチェックリスト」をご用意いたしました。また、在留資格認定申請書のファイル(EXCEL形式)もこちらよりダウンロード可能です。

こちらのチェックリストはこのような方におススメです!


  • 外国人採用を考えているがビザの申請が心配。
  • 高卒の外国人は就労ビザの申請できるの?
  • どのような外国人を採用すれば就労ビザが下りるの?
  • ビザ申請のために何を気を付ければいいの?
  • 過去に外国人のビザ申請をしたが不受理になってしまった…
  • 外国人材を活用して企業の業績アップを図りたい方。
  • 一目で分かるこんな就労ビザ取得のチェックリストが欲しかった!

  • 他社での事例やビザ申請の際に不受理にならないようにまずは押さえておきたい就労ビザ取得のためのポイントを5つにまとめた解説付きの資料です。

    就労ビザ取得のためのチェックリスト(無料)のダウンロードはこちらから!

    抽選で100名様にamazonギフト500円分が当たるアンケートキャンペーン実施中!

    外国人採用に関するアンケートに答えて抽選で100名様にamazonギフト500円分プレゼント!

    アンケートご回答の対象は日本国内の法人にお勤めの方(外資系の方も可)で採用に携わる業務を行っている方にお伺いいたします。このアンケートの結果は集計の後、グローバル採用ナビのコンテンツ、プレスリリースに利用させていただきます。会社名、お名前は公開いたしません。なお、抽選の結果は発送をもってかえさせていただきます。

    ページトップへ戻る
    ダウンロードはこちら
    ダウンロードはこちら