【新入社員】育成をするために知っておきたいこと

記事更新日:2019年05月15日 初回公開日:2018年04月16日

人事・労務お役立ち情報
ジェネレーションギャップの存在は世の常です。若手社員を受け入れる企業や人事は、その特徴や考え方、悩みを理解しながら、人材育成や組織づくりをしていく必要があります。ここで最近の新入社員育成ポイント、指導のコツなどをお伝えしていきます。

就労ビザ取得のためのチェックリストをダウンロードする

イマドキ新入社員の傾向

現在の労働者の若手層は、ゆとり世代、さとり世代と呼ばれる人たちです。それぞれの就職についての考え方をみてみましょう。

 ゆとり世代(さとり世代)は、だいたい、1987~1996年生まれで、ゆとり教育の環境の中で育ってきた人を指します。初期の1987年の新卒入社が2010年なので、すでに企業の中堅レベルという人もいます。2018年に卒業した大学生は、1995年生まれです。

 ゆとり世代は、それ以前の世代に比べ、企業の事業内容や在り方云々より、自分自身や会社の人に対する意識が強めです。企業には自分の成長やキャリアを求める傾向が高いです。ゆとり教育は、集団より個性をとことん尊重した教育だったことも一因かもしれません。

 良い面としては、「柔軟な発想力を持っている」「デジタルに強い」「慎重派」「堅実派」などが挙げられます。あまり良くない評価としては、「自主性がない」「打たれ弱い」「早い結果や進行を求める」などがあるようです。

新入社員のモチベーションを上げる

ゆとり世代、さとり世代を企業で教育する際に、どうすれば新入社員モチベーションを上げることができるのでしょうか。

 成長意欲は高い世代です。身に付けたいスキルや知りたいことを、聞き出し研修や教育体制の中にうまく盛り込むことができたら、モチベーションを上げられるかもしれないですね。企業に貢献するとか、企業を成長させたいという意欲は薄めですが、個人の成長、社会での市場価値を高める要素を求める世代です。効果的なスキルアップとともに、企業に対するエンゲージメントも向上する期待も持てるのではないでしょうか。

 積極的という言葉とは遠いかもしれませんが、言われたことはきちんとこなします。失敗を恐れる傾向があります。詳しい説明、マニュアルの準備、きちんとした情報を得られる機会を提供していくことが有効かもしれません。気を落とすことなく習得していってくれるのではないでしょうか。

新人育成、3つの手法

新人育成の3つの手法として、OJT、Off-JT、自己啓発について説明していきます。いずれの方法でも、育成計画を細かく立てた上で実施されることをおすすめします。

OJT

現場を体感しながら仕事を覚えていくOJTですが、新人教育が同行する上司や先輩に委ねられることになります。ゆとり世代の教育は一筋縄でいかないもののようです。とくにゆとり世代以外が担当すると指導に悪戦苦闘となるようです。全体やグループ研修と組み合わせながら進めていく方法も検討してみましょう。見聞きして真似ていくことが結果的に、彼らが魅力を感じるクリエイティビティの創出に有効なことを伝えておくのも有効です。

Off-JT

ゆとり世代(さとり世代)は、OJTよりもOff-JTを好む傾向があるようです。座学によって、勉強した、学んだという実感を得やすい世代なのだそうです。現場だと教えられたという感覚が得にくいようで、極端な場合「それは聞いていません」となることもあるということです。まず、体系的に学び頭の中で知識を整理したり、つなげたりして、現場に適用していくのが、彼らの習得しやすい流れ、もしくは学びのスタイルのようです。

自己啓発

自己啓発系の学びは、ゆとり世代(さとり世代)の得意分野。この方法を充実させることで、この世代にはモチベーション喚起としても有効でしょう。自分のペースで行なえる反面、人との接点を必要としないものも多いです。他のOJTやOff-JTとの並行をおすすめします。

外国人・グローバル人材の採用をお考えの企業様へ

事例

「日本語+英語+さらに語学が堪能な社員の採用」「海外の展示会でプレゼンが出来る人材」「海外向けサービスのローカライズ出来る人材」「海外向けWebサイト構築・集客」など、日本語も堪能で優秀な人材へのお問い合わせが当社に相次いでいます。

他社の外国人採用成功事例はこちらからご覧ください。

【無料】就労ビザ取得のためのチェックリストがダウンロードできます!

就労ビザ取得のためのチェックリストダウンロードバナー

グローバル採用ナビ編集部では外国人の採用や今後雇い入れをご検討されている皆様にとって便利な「就労ビザ取得のためのチェックリスト」をご用意いたしました。また、在留資格認定申請書のファイル(EXCEL形式)もこちらよりダウンロード可能です。

こちらのチェックリストはこのような方におススメです!


  • 外国人採用を考えているがビザの申請が心配。
  • 高卒の外国人は就労ビザの申請できるの?
  • どのような外国人を採用すれば就労ビザが下りるの?
  • ビザ申請のために何を気を付ければいいの?
  • 過去に外国人のビザ申請をしたが不受理になってしまった…
  • 外国人材を活用して企業の業績アップを図りたい方。
  • 一目で分かるこんな就労ビザ取得のチェックリストが欲しかった!

  • 他社での事例やビザ申請の際に不受理にならないようにまずは押さえておきたい就労ビザ取得のためのポイントを5つにまとめた解説付きの資料です。

    就労ビザ取得のためのチェックリスト(無料)のダウンロードはこちらから!

    抽選で100名様にamazonギフト500円分が当たるアンケートキャンペーン実施中!

    外国人採用に関するアンケートに答えて抽選で100名様にamazonギフト500円分プレゼント!

    アンケートご回答の対象は日本国内の法人にお勤めの方(外資系の方も可)で採用に携わる業務を行っている方にお伺いいたします。このアンケートの結果は集計の後、グローバル採用ナビのコンテンツ、プレスリリースに利用させていただきます。会社名、お名前は公開いたしません。なお、抽選の結果は発送をもってかえさせていただきます。

    ページトップへ戻る
    ダウンロードはこちら
    ダウンロードはこちら