優秀なグローバル人材を確保する秘訣

記事更新日:2019年09月08日 初回公開日:2019年09月06日

グローバル経済 人事・労務お役立ち情報 外国人採用・雇用
企業の発展にとって、優秀な人材の確保は大変重要なテーマです。また、この責務を担った人事・労務部門として、如何にして優秀な人材を確保するかは更に重要な課題となります。しかしながら実際問題として、なかなか優秀なグロ-バル人材を確保出来ないのも実情でしょう。更に、昨今の時代においては、企業の今後のグローバル化に貢献できる優秀な人材を確保することは急務ですね。そこで、ここでは優秀なグローバル人材確保に必要となる秘訣及びその具体的な内容を解説してゆきます。本内容をお読みいただき、貴社にとって真に優秀なグローバル人材の確保にお役立て下さい。

就労ビザ取得のためのチェックリストをダウンロードする

優秀なグローバル人材確保の秘訣とは

真に優秀なグローバル人材とは?

昨今では、日本での労働力不足により、企業にとって優秀な人材の確保は年々厳しくなっています。このような実情のなかで、真に優秀なグローバル人材を確保するには、どのようにすればよいのでしょうか。また、企業にとって真に優秀なグローバル人材とはどのような人材なのでしょうか。企業によって、条件も異なり一概には言えませんが、ひとつだけ共通して言えることがあります。それは、貴社のグローバル化や今後の貴社の発展に対して、真に貢献できるような人材が優秀なグローバル人材であると言えるでしょう。

グローバル人材確保の秘密とは?

では、このような昨今の厳しい採用環境の中で、真に優秀なグローバル人材を確保するには、どのようにすればよいのでしょうか。ずばり、その秘訣とは、貴社で必要となる人材はどのような人材なのかを良く理解することです。そして更に、日本人や海外の人材を問わず、グローバルで活躍できる人材と貴社のマッチングを如何に上手くするか、と言うことになるでしょう。つまり、貴社の企業ニーズに合致した優秀なグローバル人材を、数多い応募者の中から如何に選別して採用すべきか、ということになります。そして、そのためには、やはりそれなりの秘訣があり、それをここでは「グローバル人材確保の秘訣」と呼びます。

優秀なグローバル人材確保の秘訣が注目される理由

グローバル人材確保の難しさの背景

既にふれましたように、昨今の人材確保は大変難しい状況にあります。よって、人材確保の秘訣無しに優秀な人材の確保は難しいと言えるでしょう。普通の人材の確保ですら難しい現状のなかで貴社のニーズに合致するような真に優秀なグローバル人材を確保することは、更に難しいと言っても過言ではないですよね。それゆえ、真のグローバル人材確保のコツ、秘訣と言った戦略をもっての人材確保が必要となってきます。では、次にその人材確保の秘訣の重要性について、解説しましょう。

真に優秀な人材確保のための秘訣の重要性

他の企業との差別化をはかり、貴社にとって真に優秀なグローバル人材を確保する為には、この人材確保のための戦略とも言える秘訣が重要となります。そして、この秘訣が大変重要な裏には、理由があります。すなわち、日本人、海外の人材問わず、真に貴社の企業ニーズにあった人材をこの秘訣を活かして確保することは当然必要です。しかし、ただ単にその人材が優秀で、これまで実績を上げてきたと言っても、その方の仕事のやり方が貴社の方針に合うかどうかも重要なポイントですよね。したがって、真の秘訣とは表面的なことではなく、奥深いものであり、それ故に重要なのです。例えば、グローバル人材という言葉ひとつとっても、英語や外国語が得意な人材と思われがちですが、外国語はあくまでもコミュニケーションの手段です。英語や中国語が得意な人材だからと言って、必ずしもその人材が優秀なグローバル人材とは限りませんよね。よって、このような観点に対しても留意したうえで、本当に貴社にとって優秀なグローバル人材を確保しないといけないでしょう。そして、このようなノウハウを体系的に纏めた秘訣が「真に優秀な人材確保の為の秘訣」であり、この秘訣の重要性でもあるのです。

優秀なグローバル人材確保の秘訣がもたらすもの

メリットその1:人材確保費用・工数が削減できる

人材確保の秘訣がもたらすメリットとしては大きく二つあります。一つ目は、この秘訣及び活用によって、貴社にとって真に必要となる優秀なグローバル人材の確保が容易にできるようになると言うことです。これは当然コスト的にも時間的にも大きなメリットとなるでしょう。通常、新しい人材の採用に於いては、その過程で多大な準備や工数が必要となるケースが多いですよね。したがって、人材確保の秘訣を良く理解し、これを活用することによって、貴社の人事部門や人材採用部門が新しい人材を確保をする際の工数や費用の削減につながります。更に、数多くの優秀な人材を確保しないといけない大会社ほど、この人材確保の為の時間やコストの大幅削減にも当然つながるでしょう。

メリットその2:企業ニーズに合致した人材が確保できる

次に、人材確保の秘訣の二つ目のメリットです。仮に、雇った人材が如何に優秀なグローバル人材であっても、もしその雇用が誤った戦略によるものであればどうなるでしょうか。それは、結果的に貴社に不利益をもたらすような人材となり、お互いに不幸になります。したがって、このような事態を避けるためにも、正しい人材の見極めの仕方やコツ、すなわちその秘訣を知って更にこれを活用することが重要なのです。そして、これによって真に貴社の企業ニーズに合致した優秀なグローバル人材を確保できるでしょう。そうすれば、単に人材の補充と言うだけでなく、その優秀な人材の活用により、貴社の将来に多大なメリットをもたらすことも可能となるのです。これは相当大きなメリットですよね。

優秀なグローバル人材確保の秘訣の主な種類

秘訣の分類その1:雇う側の確認事項

秘訣の先ず一つ目の分類としては、「雇う側として確認すべき事項」です。つまり、既にふれていますように、貴社がどのような部門や部署でその優秀なグローバル人材を確保しようとしているのか、が重要です。そして、その人材のスキルをどのように活用しようとしているのかのニーズを明確にする必要もあるでしょう。つまり、単にその人材の活用部門だけでなく採用側の人事部門のメンバーも、これらを明確に理解したうえで採用人材の選定を推進することが重要です。決して相手主導ではありませんよ。相手のペースにはまらずに、こちら側主導で採用を進めるということも重要なのです。

秘訣の分類その2:人材への確認事項

そして、二つ目の分類としては、「相手の人材に対して確認すべき事項」です。相手が日本人であろうが、海外の人材であろうが、確認すべき内容は当然同じ尺度で確認すべきなのです。そして、そのポイントのひとつとしては、環境適応力でしょう。つまり、その人材が貴社に適応できる能力があるかどうかです。グローバル人材確保において、このポイントは、かなり重要となります。これらの基本的に重要な二つの確認事項をもとに、更に優秀なグローバル人材確保の為の秘訣を、このあと具体的に解説してゆきましょう。

優秀なグローバル人材確保の秘訣の具体的な5項目解説

秘訣その1:貴社の人材ニーズの明確化

まず最初に1番目の秘訣である、「貴社の人材ニーズの明確化」ですが、これは優秀なグローバル人材を確保する上で一番重要な秘訣です。というのも、その人材の採用部門はもちろんのこと、人事、労務部門も、そのニーズを明確にし、かつ良く理解することが重要だからです。それによって初めて上記の「秘訣の分類その1」を着実に実行できるでしょう。また、この秘訣を実行するためには、人事部門は、採用後にその人材を活用する部門とも密接に連携して、採用計画を進める必要がありますね。

秘訣その2:その人材の得意技を見極める

2番目の秘訣である「その人材の得意技を見極める」ですが、これも優秀なグローバル人材を確保する上で重要な秘訣のひとつです。「得意技」とあえて言っていますのは、これは本人が感じている長所や得意なスキルではありません。企業側から見て、その人材が「秘訣その1」の貴社の人材ニーズに合った「得意技」を持っているかどうかです。つまり企業側から見ての真のグローバル対応スキルやニーズをもっているかを見極める、ということがポイントとなるでしょう。採用面接においては、多分に自分が得意なスキルをPRするケースが多いです。しかし、応募される方のPRする「得意技」が、必ずしも採用企業の求める「得意技」になるとは限りません。この点も重要ですね。

秘訣その3:外国人人材確保のポイント

次に3番目の「外国人人材確保のポイント」ですが、昨今、グローバルな人材というと日本人よりも海外の人材の方を確保しがちです。しかし、これには落とし穴があり、注意が必要なのです。例えば、英語が得意な帰国子女が必ずしもグローバルな人材として優秀かと言えば、必ずしもそうでないのと同じですね。従って、外国人の人材をグローバル人材として確保しようとしている場合には、単に、語学力だけでなく、上記の「秘訣その1」及び「秘訣その2」でもふれましたような内容を意識することが重要です。そして、更に、日本人、外国の人材問わず、公平にグローバルな人材を確保することも重要となるでしょう。これらが真に優秀なグローバル人材の確保にもつながるのです。英語や外国語はあくまでもコミュニケーションのツールですよね。日本人で仮にそんなに英語が得意でなくても、様々な海外での生活や業務ノウハウの経験をもった優秀なグローバル人材がいるのです。そのような人材こそ、貴社にとって真に優秀なグローバル人材となり得ることを忘れてはいけませんね。

秘訣その4:将来を見据えた人材の確保

4番目の「将来を見据えた人材の確保」ですが、これは貴社にとっての将来と、その人材にとっての将来のポテンシャル、と言った両面があります。つまり、ひとつは、「秘訣の分類その1」でもふれましたように、貴社の現状や将来のニーズを踏まえてのグローバル人材を確保することも確かに重要です。しかし、もう一つ忘れてはならないことがありますよね。それは今確保しようとしている人材が、たとえ今はさほど優秀でなくても、近い将来貴社にとって真に優秀なグローバル人材となりえるポテンシャルがあるかどうかを見極めることです。これは、ある意味大変重要な内容でしょう。そういった意味でも、真に優秀なグローバル人材を確保する為には、採用側の企業にとっても、かなりのスキルや秘訣が必要となるのです。

秘訣その5:グローバル人材の活用・育て方

最後に5番目の秘訣である「グローバル人材の活用、育て方」ですが、これは上記の「秘訣その4」の後半にも関連します。例え優秀なグローバル人材を確保できたとしても、貴社がその人材を活用出来なければ、宝の持ち腐れになってしまいますよね。つまり、企業側も、優秀なグローバル人材を確保しようとすれば、単に採用段階だけでなく、その後の活用、育成計画も明確にした上で、採用にあたらないといけないということです。そして、そのためには、やはり採用企業としての将来も見据えたグローバルな中期計画や戦略が、当然人材の採用面においても必要となるでしょう。

優秀なグローバル人材確保の秘訣活用の重要性まとめ

以上、「優秀なグローバル人材確保の秘訣」ということで解説させていただきました。優秀なグローバル人材の確保の秘訣とは何だったでしょうか。採用する人事部門として見落としがちな秘訣はいくつかありましたよね。例えば、採用段階のみでなく、採用以前の企業戦略や、その後の採用人材の活用の仕方がありました。これらも当然優秀な人材確保に大きく影響するということです。したがって、今回解説させていただきました人材確保の「秘訣その1」から「秘訣その5」を今一度良くご理解、ご活用ください。これにより、貴社の将来の更なる発展、グローバル化の担い手となるような真に優秀なグローバル人材が確保できるでしょう。

外国人・グローバル人材の採用をお考えの企業様へ

事例

「日本語+英語+さらに語学が堪能な社員の採用」「海外の展示会でプレゼンが出来る人材」「海外向けサービスのローカライズ出来る人材」「海外向けWebサイト構築・集客」など、日本語も堪能で優秀な人材へのお問い合わせが当社に相次いでいます。

他社の外国人採用成功事例はこちらからご覧ください。

【無料】就労ビザ取得のためのチェックリストがダウンロードできます!

就労ビザ取得のためのチェックリストダウンロードバナー

グローバル採用ナビ編集部では外国人の採用や今後雇い入れをご検討されている皆様にとって便利な「就労ビザ取得のためのチェックリスト」をご用意いたしました。また、在留資格認定申請書のファイル(EXCEL形式)もこちらよりダウンロード可能です。

こちらのチェックリストはこのような方におススメです!


  1. 外国人採用を考えているがビザの申請が心配。
  2. 高卒の外国人は就労ビザの申請できるの?
  3. どのような外国人を採用すれば就労ビザが下りるの?
  4. ビザ申請のために何を気を付ければいいの?
  5. 過去に外国人のビザ申請をしたが不受理になってしまった…
  6. 外国人材を活用して企業の業績アップを図りたい方。
  7. 一目で分かるこんな就労ビザ取得のチェックリストが欲しかった!


他社での事例やビザ申請の際に不受理にならないようにまずは押さえておきたい就労ビザ取得のためのポイントを5つにまとめた解説付きの資料です。

就労ビザ取得のためのチェックリスト(無料)のダウンロードはこちらから!

就労ビザ取得のためのチェックリストをダウンロードする

優秀なグローバル人材確保の秘訣とは

真に優秀なグローバル人材とは?

昨今では、日本での労働力不足により、企業にとって優秀な人材の確保は年々厳しくなっています。このような実情のなかで、真に優秀なグローバル人材を確保するには、どのようにすればよいのでしょうか。また、企業にとって真に優秀なグローバル人材とはどのような人材なのでしょうか。企業によって、条件も異なり一概には言えませんが、ひとつだけ共通して言えることがあります。それは、貴社のグローバル化や今後の貴社の発展に対して、真に貢献できるような人材が優秀なグローバル人材であると言えるでしょう。

グローバル人材確保の秘密とは?

では、このような昨今の厳しい採用環境の中で、真に優秀なグローバル人材を確保するには、どのようにすればよいのでしょうか。ずばり、その秘訣とは、貴社で必要となる人材はどのような人材なのかを良く理解することです。そして更に、日本人や海外の人材を問わず、グローバルで活躍できる人材と貴社のマッチングを如何に上手くするか、と言うことになるでしょう。つまり、貴社の企業ニーズに合致した優秀なグローバル人材を、数多い応募者の中から如何に選別して採用すべきか、ということになります。そして、そのためには、やはりそれなりの秘訣があり、それをここでは「グローバル人材確保の秘訣」と呼びます。

優秀なグローバル人材確保の秘訣が注目される理由

グローバル人材確保の難しさの背景

既にふれましたように、昨今の人材確保は大変難しい状況にあります。よって、人材確保の秘訣無しに優秀な人材の確保は難しいと言えるでしょう。普通の人材の確保ですら難しい現状のなかで貴社のニーズに合致するような真に優秀なグローバル人材を確保することは、更に難しいと言っても過言ではないですよね。それゆえ、真のグローバル人材確保のコツ、秘訣と言った戦略をもっての人材確保が必要となってきます。では、次にその人材確保の秘訣の重要性について、解説しましょう。

真に優秀な人材確保のための秘訣の重要性

他の企業との差別化をはかり、貴社にとって真に優秀なグローバル人材を確保する為には、この人材確保のための戦略とも言える秘訣が重要となります。そして、この秘訣が大変重要な裏には、理由があります。すなわち、日本人、海外の人材問わず、真に貴社の企業ニーズにあった人材をこの秘訣を活かして確保することは当然必要です。しかし、ただ単にその人材が優秀で、これまで実績を上げてきたと言っても、その方の仕事のやり方が貴社の方針に合うかどうかも重要なポイントですよね。したがって、真の秘訣とは表面的なことではなく、奥深いものであり、それ故に重要なのです。例えば、グローバル人材という言葉ひとつとっても、英語や外国語が得意な人材と思われがちですが、外国語はあくまでもコミュニケーションの手段です。英語や中国語が得意な人材だからと言って、必ずしもその人材が優秀なグローバル人材とは限りませんよね。よって、このような観点に対しても留意したうえで、本当に貴社にとって優秀なグローバル人材を確保しないといけないでしょう。そして、このようなノウハウを体系的に纏めた秘訣が「真に優秀な人材確保の為の秘訣」であり、この秘訣の重要性でもあるのです。

優秀なグローバル人材確保の秘訣がもたらすもの

メリットその1:人材確保費用・工数が削減できる

人材確保の秘訣がもたらすメリットとしては大きく二つあります。一つ目は、この秘訣及び活用によって、貴社にとって真に必要となる優秀なグローバル人材の確保が容易にできるようになると言うことです。これは当然コスト的にも時間的にも大きなメリットとなるでしょう。通常、新しい人材の採用に於いては、その過程で多大な準備や工数が必要となるケースが多いですよね。したがって、人材確保の秘訣を良く理解し、これを活用することによって、貴社の人事部門や人材採用部門が新しい人材を確保をする際の工数や費用の削減につながります。更に、数多くの優秀な人材を確保しないといけない大会社ほど、この人材確保の為の時間やコストの大幅削減にも当然つながるでしょう。

メリットその2:企業ニーズに合致した人材が確保できる

次に、人材確保の秘訣の二つ目のメリットです。仮に、雇った人材が如何に優秀なグローバル人材であっても、もしその雇用が誤った戦略によるものであればどうなるでしょうか。それは、結果的に貴社に不利益をもたらすような人材となり、お互いに不幸になります。したがって、このような事態を避けるためにも、正しい人材の見極めの仕方やコツ、すなわちその秘訣を知って更にこれを活用することが重要なのです。そして、これによって真に貴社の企業ニーズに合致した優秀なグローバル人材を確保できるでしょう。そうすれば、単に人材の補充と言うだけでなく、その優秀な人材の活用により、貴社の将来に多大なメリットをもたらすことも可能となるのです。これは相当大きなメリットですよね。

優秀なグローバル人材確保の秘訣の主な種類

秘訣の分類その1:雇う側の確認事項

秘訣の先ず一つ目の分類としては、「雇う側として確認すべき事項」です。つまり、既にふれていますように、貴社がどのような部門や部署でその優秀なグローバル人材を確保しようとしているのか、が重要です。そして、その人材のスキルをどのように活用しようとしているのかのニーズを明確にする必要もあるでしょう。つまり、単にその人材の活用部門だけでなく採用側の人事部門のメンバーも、これらを明確に理解したうえで採用人材の選定を推進することが重要です。決して相手主導ではありませんよ。相手のペースにはまらずに、こちら側主導で採用を進めるということも重要なのです。

秘訣の分類その2:人材への確認事項

そして、二つ目の分類としては、「相手の人材に対して確認すべき事項」です。相手が日本人であろうが、海外の人材であろうが、確認すべき内容は当然同じ尺度で確認すべきなのです。そして、そのポイントのひとつとしては、環境適応力でしょう。つまり、その人材が貴社に適応できる能力があるかどうかです。グローバル人材確保において、このポイントは、かなり重要となります。これらの基本的に重要な二つの確認事項をもとに、更に優秀なグローバル人材確保の為の秘訣を、このあと具体的に解説してゆきましょう。

優秀なグローバル人材確保の秘訣の具体的な5項目解説

秘訣その1:貴社の人材ニーズの明確化

まず最初に1番目の秘訣である、「貴社の人材ニーズの明確化」ですが、これは優秀なグローバル人材を確保する上で一番重要な秘訣です。というのも、その人材の採用部門はもちろんのこと、人事、労務部門も、そのニーズを明確にし、かつ良く理解することが重要だからです。それによって初めて上記の「秘訣の分類その1」を着実に実行できるでしょう。また、この秘訣を実行するためには、人事部門は、採用後にその人材を活用する部門とも密接に連携して、採用計画を進める必要がありますね。

秘訣その2:その人材の得意技を見極める

2番目の秘訣である「その人材の得意技を見極める」ですが、これも優秀なグローバル人材を確保する上で重要な秘訣のひとつです。「得意技」とあえて言っていますのは、これは本人が感じている長所や得意なスキルではありません。企業側から見て、その人材が「秘訣その1」の貴社の人材ニーズに合った「得意技」を持っているかどうかです。つまり企業側から見ての真のグローバル対応スキルやニーズをもっているかを見極める、ということがポイントとなるでしょう。採用面接においては、多分に自分が得意なスキルをPRするケースが多いです。しかし、応募される方のPRする「得意技」が、必ずしも採用企業の求める「得意技」になるとは限りません。この点も重要ですね。

秘訣その3:外国人人材確保のポイント

次に3番目の「外国人人材確保のポイント」ですが、昨今、グローバルな人材というと日本人よりも海外の人材の方を確保しがちです。しかし、これには落とし穴があり、注意が必要なのです。例えば、英語が得意な帰国子女が必ずしもグローバルな人材として優秀かと言えば、必ずしもそうでないのと同じですね。従って、外国人の人材をグローバル人材として確保しようとしている場合には、単に、語学力だけでなく、上記の「秘訣その1」及び「秘訣その2」でもふれましたような内容を意識することが重要です。そして、更に、日本人、外国の人材問わず、公平にグローバルな人材を確保することも重要となるでしょう。これらが真に優秀なグローバル人材の確保にもつながるのです。英語や外国語はあくまでもコミュニケーションのツールですよね。日本人で仮にそんなに英語が得意でなくても、様々な海外での生活や業務ノウハウの経験をもった優秀なグローバル人材がいるのです。そのような人材こそ、貴社にとって真に優秀なグローバル人材となり得ることを忘れてはいけませんね。

秘訣その4:将来を見据えた人材の確保

4番目の「将来を見据えた人材の確保」ですが、これは貴社にとっての将来と、その人材にとっての将来のポテンシャル、と言った両面があります。つまり、ひとつは、「秘訣の分類その1」でもふれましたように、貴社の現状や将来のニーズを踏まえてのグローバル人材を確保することも確かに重要です。しかし、もう一つ忘れてはならないことがありますよね。それは今確保しようとしている人材が、たとえ今はさほど優秀でなくても、近い将来貴社にとって真に優秀なグローバル人材となりえるポテンシャルがあるかどうかを見極めることです。これは、ある意味大変重要な内容でしょう。そういった意味でも、真に優秀なグローバル人材を確保する為には、採用側の企業にとっても、かなりのスキルや秘訣が必要となるのです。

秘訣その5:グローバル人材の活用・育て方

最後に5番目の秘訣である「グローバル人材の活用、育て方」ですが、これは上記の「秘訣その4」の後半にも関連します。例え優秀なグローバル人材を確保できたとしても、貴社がその人材を活用出来なければ、宝の持ち腐れになってしまいますよね。つまり、企業側も、優秀なグローバル人材を確保しようとすれば、単に採用段階だけでなく、その後の活用、育成計画も明確にした上で、採用にあたらないといけないということです。そして、そのためには、やはり採用企業としての将来も見据えたグローバルな中期計画や戦略が、当然人材の採用面においても必要となるでしょう。

優秀なグローバル人材確保の秘訣活用の重要性まとめ

以上、「優秀なグローバル人材確保の秘訣」ということで解説させていただきました。優秀なグローバル人材の確保の秘訣とは何だったでしょうか。採用する人事部門として見落としがちな秘訣はいくつかありましたよね。例えば、採用段階のみでなく、採用以前の企業戦略や、その後の採用人材の活用の仕方がありました。これらも当然優秀な人材確保に大きく影響するということです。したがって、今回解説させていただきました人材確保の「秘訣その1」から「秘訣その5」を今一度良くご理解、ご活用ください。これにより、貴社の将来の更なる発展、グローバル化の担い手となるような真に優秀なグローバル人材が確保できるでしょう。

外国人・グローバル人材の採用をお考えの企業様へ

事例

「日本語+英語+さらに語学が堪能な社員の採用」「海外の展示会でプレゼンが出来る人材」「海外向けサービスのローカライズ出来る人材」「海外向けWebサイト構築・集客」など、日本語も堪能で優秀な人材へのお問い合わせが当社に相次いでいます。

他社の外国人採用成功事例はこちらからご覧ください。

【無料】就労ビザ取得のためのチェックリストがダウンロードできます!

就労ビザ取得のためのチェックリストダウンロードバナー

グローバル採用ナビ編集部では外国人の採用や今後雇い入れをご検討されている皆様にとって便利な「就労ビザ取得のためのチェックリスト」をご用意いたしました。また、在留資格認定申請書のファイル(EXCEL形式)もこちらよりダウンロード可能です。

こちらのチェックリストはこのような方におススメです!


  1. 外国人採用を考えているがビザの申請が心配。
  2. 高卒の外国人は就労ビザの申請できるの?
  3. どのような外国人を採用すれば就労ビザが下りるの?
  4. ビザ申請のために何を気を付ければいいの?
  5. 過去に外国人のビザ申請をしたが不受理になってしまった…
  6. 外国人材を活用して企業の業績アップを図りたい方。
  7. 一目で分かるこんな就労ビザ取得のチェックリストが欲しかった!


他社での事例やビザ申請の際に不受理にならないようにまずは押さえておきたい就労ビザ取得のためのポイントを5つにまとめた解説付きの資料です。

就労ビザ取得のためのチェックリスト(無料)のダウンロードはこちらから!

抽選で100名様にamazonギフト500円分が当たるアンケートキャンペーン実施中!

外国人採用に関するアンケートに答えて抽選で100名様にamazonギフト500円分プレゼント!

アンケートご回答の対象は日本国内の法人にお勤めの方(外資系の方も可)で採用に携わる業務を行っている方にお伺いいたします。このアンケートの結果は集計の後、グローバル採用ナビのコンテンツ、プレスリリースに利用させていただきます。会社名、お名前は公開いたしません。なお、抽選の結果は発送をもってかえさせていただきます。

ページトップへ戻る
ダウンロードはこちら
ダウンロードはこちら