グローバル採用ナビ

PICK UP

お役立ち情報

豊富なマーケット情報や、国内外の転職・採用に関するニュースなど、グローバル人材の採用を成功させるためのノウハウなどをご紹介いたします。

国際バカロレア(IB)とは?

記事更新日:2017年11月14日 英語教育の現場から

最近注目されている「国際バカロレア」。教育プログラムの一つですが、これに参加する学校が増加しています。この国際バカロレアとはどういったものなのでしょうか。

就労ビザ取得のためのチェックリストをダウンロードする

国際バカロレア(IB)の意味

 国際バカロレアとは、1968年に国際バカロレア機構が国際的な教育プログラムを目的として世界各地に認定校を設置しました。世界の複雑な問題を理解し、対処できる生徒を育成し、未来へ責任ある行動をとるための態度とスキルを身に付けさせるとともに、国際的に通用する大学入学資格(国際バカロレア資格)を与え、大学進学へのルートを確保することを目的としています。(※1)

 そもそも、バカロレアは、フランス語で「baccalauréat」と言います。フランスでは、バカロレアは中等教育修了レベルの国家資格または、その試験のことを指します。国際バカロレアは、スイスの財団法人が管理しており、フランスでは国家資格ですが、国際的に通用する大学の入学資格を得ることが、国際バカロレアとフランスのバカロレアの違いです。

(※1)参照元:国際バカロレアとは|文部科学省

国際バカロレア(IB)のプログラムを受ける利点

 平成29(2017)年6月1日時点で世界140以上の国・地域、4868校において実施。国際バカロレアの教育プログラムは、4段階に分かれています。

プライマリー・イヤーズ・プログラム(PYP)

 3歳〜12歳を対象とした精神と身体を発達させることを重視したプログラム

ミドル・イヤーズ・プログラム(MYP)

 11歳〜16歳を対象とした、これまでの学習と社会のつながりを学ばせるプログラム

ディプロマ・プログラム(DP)

 16歳〜19歳を対象とした、所定のプログラムを2年修了後、最終試験で所定の成績を納める、国際的に認定されている大学入学資格が取得可能。プログラムで使用される言語は、英語、フランス語又はスペイン語で実施。

キャリア関連プログラム(CP)

 16歳〜19歳を対象とした、生涯のキャリア形成に役立つスキルの取得を重視した、キャリア教育・職業教育に関連したプログラム。一部科目は英語、フランス語又はスペイン語で実施。

 提携している学校の中で一番プログラムとして取り入れているのは、ディプロマ・プログラムです。1969年に国際バカロレアとして初めて実施されたプログラムであり、唯一、大学入学資格を取得することが可能です。

日本でIBを受けられる学校は?

 日本で国際バカロレアのプログラムを受けることができるのは、全国で20校のみ。日本における認定校は、下記のとおりです。

市立札幌開成中等教育学校、仙台育英学園高等学校、茗渓学園高等学校、ぐんま国際アカデミー、昌平中学校、筑波大学附属坂戸高等学校、玉川学園中学部・高等部、東京学芸大学附属国際中等教育学校、東京都立国際高等学校、山梨学院大学附属高等学校、インターナショナルスクール・オブ・アジア軽井沢、法政大学女子高等学校、サニーサイドインターナショナルスクール、加藤学園暁秀高等学校・中学校、名古屋国際中学校・高等学校、立命館宇治中学校・高等学校、英数学館高等学校、AICJ中学・高等学校、リンデンホールスクール中高学部、沖縄尚学高等学校。(※3)

 これは、学校教育法第1条に規定されている学校に適応されており、その他には、第1条には適応されてはいないが、プログラムを受講できる学校は上記の20校を除き、全国に26校あります。

(※3)引用元:4.国際バカロレアの認定校|文部科学省

IBが注目されている理由

 現在、IBが注目されている理由は、多くの日本企業がグローバル人材に着目しているからです。グローバル人材は、グローバルな現場において活躍できる人材のことであり、人材採用又は育成においては日本はその他先進国と比べて、未開発な領域にいます。そこで、グローバル人材として発揮しやすい環境である国際バカロレア(IB)のプログラムに将来グローバル人材になり得る可能性を感じています。

 日本政府は、平成25(2013)年に成長戦略の一つとして「日本再興戦略-JAPAN is BACK-」を掲げ、その戦略に基づき、国際バカロレア認定校を2018年までに200校増やすことを目指しています。(※4) 一部、日本語で受講できる講義も増えてきていますが、グローバル人材に必要不可欠な語学力として、英語、フランス語、スペイン語で講義を受けることができます。

 カリキュラム内容は、言語と文学(母国語)、言語習得(外国語)、個人と社会、理科、 数学、芸術を6科目のうち3〜4科目を標準レベル(各150時間)、上級レベル(各250時間)を学習します。その他に、試験に必修要件とされている課題論文や「知識の本質」(最低100時間の学習)が備わっているか、無報酬での奉仕活動や創造的思考を伴う芸術活動を2年間履修します。(※5)

 いわば、大学に近いカリキュラム内容であり、2年間のうちに国際的な大学入学に必要とされる能力を身に付けることができます。

(※4)参照元:日本再復興戦略平成25年6月14日|首相官邸

(※5)参照元:国際バカロレアのプログラム|文部科学省

まとめ

 日本政府が、国際バカロレア認定校を2018年までに200校増やすことには、グローバル人材を早期に育成することで、即戦力の人材確保とコスト削減を実現することができるからでしょう。

【無料】就労ビザ取得のためのチェックリストがダウンロードできます!

就労ビザ取得のためのチェックリストダウンロードバナー

グローバル採用ナビ編集部では外国人の採用や今後雇い入れをご検討されている皆様にとって便利な「就労ビザ取得のためのチェックリスト」をご用意いたしました。また、在留資格認定申請書のファイル(EXCEL形式)もこちらよりダウンロード可能です。

こちらのチェックリストはこのような方におススメです!


  • 外国人採用を考えているがビザの申請が心配。
  • 高卒の外国人は就労ビザの申請できるの?
  • どのような外国人を採用すれば就労ビザが下りるの?
  • ビザ申請のために何を気を付ければいいの?
  • 過去に外国人のビザ申請をしたが不受理になってしまった…
  • 外国人材を活用して企業の業績アップを図りたい方。
  • 一目で分かるこんな就労ビザ取得のチェックリストが欲しかった!

  • 他社での事例やビザ申請の際に不受理にならないようにまずは押さえておきたい就労ビザ取得のためのポイントを5つにまとめた解説付きの資料です。

    就労ビザ取得のためのチェックリスト(無料)のダウウンロードはこちらから!